2017/04 ≪  2017/05 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/06
アネモネ・フウロソウ
2013/09/02(Mon)10:00
かなり前に咲いていたのですが^^; 庭の白いアネモネ

aneDSC_0655.jpg


この記事のURL | 花 あ~ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑のエキナセアなど・・
2013/08/02(Fri)10:00
*反っくり返って咲くいわゆるエキナセアはあまり好みではないけれど、この色なら庭で咲いてるとうれしい

0725_DSC3041.jpg


0725_DSC3040.jpg

この子は・・・調べればどこかに・・・名無しでいいや^^;

0725_DSC3031.jpg


7月末はけっこう雨降りが多くて、水やりに苦労しなかったけれど不在時にカンカン照りが続くと鉢花が心配です。
留守番に頼んではいますが、今ひとつ信用がならないので、お隣さんに頼んで出かけます^^;

母がいるときは一日以上留守することは希でしたが、そうもいかなくなったので、鉢植えをほとんど無くすよう努力中です。
この記事のURL | 花 あ~ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アリウム「アイボリークイーン」
2013/06/21(Fri)16:05
 アリウム「アイボリークイーン」

とはいっても、アリウムですから、要はネギです^^

葱坊主が顔を出してから・・・

ariDSCF3403.jpg
この記事のURL | 花 あ~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
フウリンオダマキかな? スズフリイカリソウでした
2013/05/21(Tue)17:00
イカリソウより少し遅れて,その隣で咲いていた花

たぶん、フウリンオダマキだったと思うのですが、はっぱがちょっとオダマキのそれと違う?!

スズフリイカリソウ(鈴振碇草)でした。

0415fuuIMG_6415.jpg

    (2013.04.15 庭の花)

この記事のURL | 花 あ~ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緋赤色の「アネモネ吹き詰め咲き」が咲きました
2013/03/23(Sat)10:25
緋赤色のアネモネです。

aneDSC01013.jpg

クリスマスローズでいういわゆるアネモネ咲きとでも言うのでしょうか
クレマチスで言うならば、緋赤万重咲きですね^^

このアネモネでは吹き詰め咲きと呼ぶようです。

この記事のURL | 花 あ~ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オキザリス
2013/01/07(Mon)12:30
週末の土曜日曜日はもの凄く冷えた東京です。
土曜日などは、真昼でも水鉢に張った氷が溶けませんでした。

そんな中で咲いていたオキザリスの花
純白に赤い縁のある「パーシーカラー」

hanaDSCF0650.jpg

オキザリスの花言葉は
「輝く心」「喜び」「母親の優しさ」で、ちょっと良い感じ^^

この記事のURL | 花 あ~ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
くれない
2012/08/06(Mon)17:20
* くれない、呉れない、暮れない、繰れない、、、いえいえ、「紅」

少し前(6月だからだいぶ前・・・) に咲いていたヤマアジサイの「紅」

紅1

』どころか『白』じゃないか!


この記事のURL | 花 あ~ | CM(14) | TB(0) | ▲ top
朝顔?
2011/11/12(Sat)17:54
11月も12日なのに、この朝顔まだ咲いています

0911朝顔絞り2

この記事のURL | 花 あ~ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今年の朝顔
2011/09/15(Thu)16:02
十五夜さんが過ぎたというのに、この暑さったら、真夏です^^;
朝顔さんも、いまごろになって元気が出てきました

090305
この記事のURL | 花 あ~ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2011/08/26(Fri)17:17
アカマンマ=イヌタデのように見えますか?

       080804

          (2011.08.03 庭の花)

じつは、藍です。 アイ、タデアイ(蓼藍)はタデ科ですから、たしかにそっくりです。
でも、葉っぱが少し広い。この葉を乾燥させたものから藍染めの原料ができるらしいです。


080803

藍(アイ)という名に惹かれて、鉢に苗を植えたのが間違いの元(笑;)

毎年、花壇のあちこちから抜くのにヒーコラ言ってます。やはり繁殖力は強いです。でも、一鉢だけは残しています。
タデ科の花の可愛さは、嫌いではないのです。 強すぎるのが怖いだけ。。

今に、草取りができなくなるようなことがあれば、夏の庭は間違いなく蓼に占拠されることでしょう。

この記事のURL | 花 あ~ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ