香港の迷い方、その16、《マカオの街歩き》
2007/04/27/12:00(Fri)
マカオの街はカラフルですが、足元も同じです。道路の至る所にモザイクがはめられています。
m2195

セナド広場は低い場所にあり、どの方角へ行くにも坂を登っていきます。
狭い道を登っていき、曲がり角を曲がると別世界が待っている・・そんな佇まいです。 路上観察にもってこいの街でした^^
マカオ街


この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
香港の迷い方、その15,《マカオの教会探訪》
2007/04/26/18:00(Thu)
西洋の街のようなセナド広場を中心にして歩ける範囲に、教会などいろいろな建物があり、それを見て回るのですが、坂道だらけです。私たちはもちろんスニーカーですが、ヒールでは歩きにくいでしょう。
m2194


観光本を見れば載っていることばかりですが、ここは、私の備忘録として載せておきます。

この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
香港の迷い方、その14,《マカオの昼食は・・》
2007/04/26/12:30(Thu)
オージーのM氏から美味しいと勧められたレストランは、どうやらお隣のコアロン島のようなので、広場に面しているポルトガル料理のお店にしました。

しかし、野菜が食べたいと頼んだ野菜炒めを見て失敗に気付きました。
m2166


この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
香港の迷い方、その13,《マカオ世界遺産を巡る》
2007/04/26/12:00(Thu)
マカオの街は2005年に世界文化遺産に指定されています。私たちも、世界遺産を巡ることにしました。

世界遺産に制定されてから、ペイントし直されたり、修理もしているようなので、どの観光地もとても綺麗です。ただ、観光よりはカジノの収入が9割とか・・、お金持ちは皆カジノ関連の人達だとガイドさんは言ってました。

次に行ったのは媽閣廟(A-Ma Temple)  マカオという地名の由来といわれている、女神,アマをまつってある寺院です。 アマガオがマカオと西洋人には聞こえたらしいです。
m2107

香港の寺院もそうですが、渦巻き状になった線香がとても印象的です。線香が燃えている間は、供養ができるらしく、10日間の小さいものから2ヵ月も絶えない大きなものまであります。
m2108

この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
香港の迷い方、その12、《マカオへ》
2007/04/25/16:00(Wed)
さてと、のんびりしていたら、香港旅行もひと月前のことで、記憶が薄れつつあるのに気付いたので、GW前になんとか片付けたいな~~・・
ということで、2日目はマカオに足を伸ばしました。

きちんと予定を立てていなかったのですが、2日目は夫たちは中国本土へ行く日です。フェリー乗り場が宿泊していたホテルの真下なので、朝食後に送りがてらフェリー乗り場へ行って、そのままマカオ行きのフェリーに乗ることにしました。

つい簡単に考えて10分後のフェリーにしようかと思っていましたが、思いとどめて次の便にしておいて良かったです。さもないと出国手続きだけで時間切れになるところでした。
安易に考えてましたが、このフェリー乗り場の広いこと! 自分の乗り場にたどり着くまで少々不安になるほどでした。さすがに香港。数十年前までは、港で栄えていたはずでした。
m2102


90分ほどで着きますが、入国審査も一応あってものすごい行列です。ほとんどが中国本土からの観光客です。ひところの日本のように、赤や黄色のお揃いのバッグや帽子を被っている団体さんご一行様です。 その多さに、本土の景気の良さが伺えます。
この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
香港の迷い方、その11、《賑やかな夕食》
2007/04/18/16:00(Wed)
さぁ、これは何でしょうか?
夕食054

答えは、↓でした。
夕食075

ビールを陶器の茶碗で飲むのもビックリですが、ビール会社の黄色や赤のド派手ジャケットを着たオネエサンが、口を付けた端からビールを注いで回るのには、もっと驚きました。

中心地からやや外れた、本当に庶民的なお店ですが、丸いテーブルがずらりと並んで、まあ賑やかなこと! 

地元の人ばかり、仕事帰りにワイワイ飲みながら食事をしている場に、5人のオージー+5人の日本人ということで、かなり奇異な目で見られていましたので、周りを撮るのは残念なから遠慮しました。 北角にある「東宝小館」という店です。観光客のいない、ごく普通の香港人の夕食を体験させて頂いたなと感謝しています。

まず、一般的な揚げ鶏ですが、美味しくかぶりつきました(^▽^) 
夕食059


この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
香港の迷い方、その10、《スターフェリーの夜景》
2007/04/12/12:00(Thu)
夜、オージーのM氏とホテルで待ち合わせたら、私たち家族に配慮したらしく、知り合いの経営するオーストラリア料理から中国料理に変えたという。「でも、もの凄く庶民的なところだからビックリしないでね」と何度も言う。私たちはごく普通の中国人のいる庶民的なお店は大歓迎です。

それから、彼は大股で私たちを先導していく。行き先は九龍島尖沙咀(チムサーチョイ)の先端にあるスターフェリー乗り場。 尖沙咀と香港島の中環(セントラル)を結ぶ有名なフェリーで、100年もここを往復しているそうです。

昼間、私たちは地下鉄(海底トンネル)で中環(セントラル)まで移動しましたが、フェリーも楽しい。
03201150

しかも、夜のこの時間帯から9時頃までは、各ビルのイルミネーションは一段と華やかになり、あちこちでレーザー光線も発せられて、素晴らしい景観です。
0320114


ガイドブックにも夜に乗るよう書いてあったので、お勧め観光コースのようです。
1階と2階席があり、2階の方が高いですが、それでも数十円の単位ですから、是非2階がよいです。九龍側からなら左側に座るのがベターです。
夜景なんか、東京や横浜だって綺麗ョと思っていましたが、毎晩、このお値段で夜景ショーが見られるなんて、やはり香港の夜景は格段でした。

この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
香港の迷い方、その9、《マンゴープリン》
2007/04/10/16:50(Tue)
ホテルへ帰り着く前に、少々おやつなどを・・・
朝のうちに「糖朝」の看板はしっかり確認済みです。

ところが、重厚なお店に入ろうとしたら、手招きされて数メートル先の新しいお店に入るよう言われた。

なんか、ファミレス風でしかも内装はまっ金ピカで、、、あっちの店の方が雰囲気が良かったのに、どうしてこっちにさせられたのか・・としばし、文句をブツブツ・・・
0320107

ま、マンゴープリンは美味しかったから、良いのですが・・翌日お店を見たら、どうやら、新店のほうにお引っ越しのようでした。 観光客が増えて構えを大きくしたのでしょう。 
このハート形、羽田空港の「糖朝」で食べたマンゴープリンとまったく同じ形でした。トレードマークなのですね。
0320045

娘が頼んだ、レモンコーラ、どこが違うのかって、コカコーラにレモンの薄切りが3枚入りでした。 3枚か・・

ちなみに、この「糖朝」、日本では高島屋系列のデパートで見かけますが、「鼎泰豐」と同じく高島屋が日本に紹介して両方とも日本では高島屋の子会社の系列下にあることが今回わかりました。 高島屋のおかげで日本でも店舗展開して、香港の本店も大きくなっていくのでしょう。
この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
香港の迷い方、その8、《ピークトラムなど乗り物》
2007/04/09/14:00(Mon)
ビクトリアピークの帰りはしっかりピークトラム(ケーブルカー)に乗って下りました。 上がって来たトラムに、気分を悪くした若くて体格の良い男性がいたので、おそるおそる乗りましたが・・・
20b385

かなり傾斜がキツイのですが、緑も多くて怖さはまるで感じません。 途中に、何カ所か住んでいる人達のための停車場があるので、生活感もあります。
20b388

見下ろしていたビルを見上げるようになると、終点です。
20b038



ピークトラムから下りたら、今度は2階建てバスに乗って、中環(セントラル)へ戻ります。  ここのバスは2階がオープンで、とても気持ち良く、もう少し乗っていたいぐらいでした。ただ、香港はバスや特にタクシーの運転はけっこう荒いです。
032093

この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
香港の迷い方、その7、《ビクトリアピーク》
2007/04/07/20:00(Sat)
一日目、二人ともそれぞれ、最初の旅の目的を果たしました、お腹も満足したところで~~次は~~~予定していなかったけれど、地図を見たら、観光地のビクトリアピークが近そうなので決定です。 

ケーブルカーの駅まで行くつもりでタクシーに乗ったら、まるで英語が通じない。・・・なんとかガイドブックにあるビクトリアピークという広東語を指さしたら~~~~駅ではなくて、ピークそのものに連れて行ってくれました(ガーーン;)

しかも、寂しげなビルの地下に停車してこの上にあがれ!と指してくれたそのビルの屋上にあがってみれば、なんともショボイ港の風景が見える・・・これがかの100万$の夜景とうたわれる香港の全貌かい?!

そんなぁーーと辺りを見渡すと、お隣にヘンテコなタワーがあって、上に人が大勢いる・・アソコじゃないか!と下りて上って再挑戦。

見えました!

032065

少し、もやがかかっていますが、唸ることができる景色です。

ここで、よく観光地にある名所観光写真を撮ってもらいました。周りの人を追い払って、十枚以上撮ってくれて選んだ一枚ですが、かなり自然な笑顔でいい感じの写真をとなり、結局これがほぼ唯一の香港土産となりました。

下の展望台はお寺の造りで古き中国の情緒があります。
032078

この記事のURL | おでかけ 香港 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ