霧ヶ峰高原(秋の八島が原湿原)
2008/10/28/06:30(Tue)
競技大会2日目の日曜日、19日はエドの出場がお昼頃になるであろうという予想です。

9時にチェツクアウトした後、霧ヶ峰の競技会場へ行く前に八島が原湿原(八島湿原)へ回り、湿原の周囲を散歩してきました。

背後には青空が広がっていますが、正面は霧ヶ峰の名の通り、霧で霞んでいます。
広い湿原の周囲に木道が通り、あちこちに池があります。ヒシクイのような小さな鴨が見えましたが、望遠レンズを持って来なくて、撮れませんでした。

   八島1


もうかなり前、存命していた義母と幼い子どもたちと一緒に、夏の八島湿原を巡り、マツムシソウなどの花たちを愛でながら歩いたことを想い出しながら歩きました。
この季節では一面が枯れ野原のようではありますが、木々の実が実り、小さな芽がしっかり拳を固め、水面の下では来年の春に備えて、着々と生命をつなげる行為が行われていることを感じます。


   八島2


夏の盛りを想像させられる花後の姿も愛おしいです

  八島3

一周するとかなりの時間になるので、もうひとつの池のあたりまで歩いてからまた戻りました。

下手な写真ですが、沢山パチクリしてきましたので、10月後半の八島湿原のアルバムです


とっても気持ちの良い青空の下、まだ早い時間なので、バスなども到着していなくて、
ゆったり散策できて、命の洗濯ができました。


以下は説明文抜きですが、秋の湿原の雰囲気のおすそ分けです

 八島4


                   八島5


八島6 八島13




八島7 八島8


八島9 八島10


八島11 八島12




     八島14

        八島15


※ 予約投稿です   
  PCを開ける暇が無さそうなので、勝手ながら、コメント欄を閉じさせていただきます。

 
この記事のURL | おでかけ | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/779-ecf2ac67

| メイン |