2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
長野にて、その3、駒ヶ根「苔清庵(たいせいあん)」
2008/08/20(Wed) 14:55
93才、つい1ヶ月前まで車を運転していた義父(自損事故を起こして廃車で免許返納)と一緒に駒ヶ根まで行ってきました。

若いころに父子一緒に鮎釣りをしていた場所の近くに吊り橋をみつけました。怖くて舌がチョロリと出ちゃうかな?光流くん    大丈夫ョ、放り投げたりしないから(汗;)
     駒ヶ根0802

上流は合流地点でゆったりとした流れ
     駒ヶ根0803

橋の下流は渓谷のよう・・・・泳いでいる人も釣り人も見あたらず、少し残念そうな父

     駒ヶ根0805

後から、少し下流で腰まで浸かって釣りをしている人たちが数人いました。
さすがに、ここ2~3年は鮎釣りはきつい父です。

「そんな持ち方されたら、怖いョー(;´Д`A ```~」
        駒ヶ根0804

ここは、駒ヶ岳観光の拠点です。20年ほど前に千畳敷カールまで行ったことが有り、それ以来です。私は、当時3~4才の娘と千畳敷で遊んでいましたが、相方は幼稚園小学生の3人の子ども甥っ子を連れて頂上まで・・・若いころは、何度でも行かれると思っていても、結局一生に一回ぐらいのことになるものです。若い人達には、できるときにどんどん挑戦してもらいたいです。


さて、93才を連れてますので駒ヶ岳が目的ではなく、お昼に美味しいお蕎麦を食べるために高速に乗ってきたのです。
駒ヶ根の「苔清庵(たいせいあん)」相方お勧めのお店です。

     駒081411

並んでしばし待たされている間、長野県人の典型頑固オヤジの義父は「こんなところまできて、旨いことなんかないだろう つまらんことして」とブツブツ・・

12時少し回っただけなのに、二八も更級も売り切れで、田舎と10割だけでしたが・・・
     駒ヶ根0806

「うん、まあまあだなぁ」とは、辛口の父にしては上々の誉め言葉です  (^_-)
     駒ヶ根0807


さすがに、地ビールやウィスキー工場もすぐそばにある水の良さと、芸術的な細い麺がとても喉ごしよかったです。天ぷらで見慣れない葉っぱを食べて、何ですか?と聞いたら、葛の葉だそうです。癖もなく、まあ食べられことはわかりました。いざというときは・・^^


お待たせ~~~光流!
     駒081406


駒ヶ根ではソースかつ丼なるものが名物になっているらしく、行列のできているお店を何軒も見かけました。次回はそれも食べたいヮ
この記事のURL | 蕎麦が好き | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<長野にて、その4、駒ヶ根の花 | メイン | 長野にて、その2、花たち>>
コメント
- 光流君 -
放り投げられなくて ほっとしました
気い使ってるようなきがしたからです

犬語がわかるのです^^
2008/08/20 15:48  | URL | tonko #R9LW2n2Q[ 編集] ▲ top
- お蕎麦 -
「私はあなたのそばがいい」なんて古い言葉を、私は知りません(嘘ばっかり)

じっと待っていた光流くん、いい笑顔ですね。
2008/08/20 16:28  | URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集] ▲ top
- tonkoさまへ -
おはようございます

光流はビビりやの甘えん坊さんです(笑)
2008/08/21 09:57  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- 阿修羅王さまへ -
おはようございます

けっこう信州人だからお蕎麦にはこだわるのですが、久しぶりに美味しいお蕎麦でした。

柴犬のいいところは、忍耐強いところでしょうか。甘えん坊ですが、我慢できなくて吠えて呼んだりはしないで、じっと待ってくれます。
2008/08/21 10:00  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/728-9b0a7418

| メイン |