「マムシグサ」か「ムサシアブミ」の実
2008/01/15/15:00(Tue)
君平さんのブログに、武蔵鐙の赤い実が載っていたので、ハッと思って公園近くのお宅の庭を覗いてみました。
高い塀の上にあるので、手を伸ばして撮ってみると・・・確かに赤い実があります。
雌雄異株のはずですから、雌株だったようです^^

よそのお宅の花で高い場所を覗くだけですし、そもそもマムシグサ(蝮草)かムサシアブミ(武蔵鐙)なのかイマイチ解りません。
まあ、サトイモ科 テンナンショウ属なことだけは確かです(笑;)
テンナンショウ0113

  (2008.01.13  散歩道にて)

去年の春に、この実が付く前の花をこちらで撮ってありました
マムシグサ?070114

  (2007.04.14  散歩道にて)

あとちょうど3ヵ月後、桜の咲く季節に、この地味な花もまたひっそりと咲いてくれる筈です

*追記 みもさんに言われて、ハッと気付きました。花は春ですから、この実はすでに秋に実っていたものでしょう。上も欠けているように、赤いまま冬を越しているのだと思います。
よほど、美味しくないのか、もしかすると毒があるのでしょう


花ブログとして独立させていた「とんぼのめがね」は維持できないので、当分休止にします。
そのかわり、こちらにお花関連の記事を載せますので、今後ともよろしくお願いします。
この記事のURL | 花 ま~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
この時期に実がなるんですか.マムシ草の有る植物園に行った事が有りますが,実がなっているか確かめに行こうかな、、、
2008/01/15 21:09  | URL | mimosandayo #-[ 編集] ▲ top
- みもさん様へ -
こんばんは
そう言われてみてみると・・・花は春から初夏に咲きますので、実は秋にみのるのです。この実は、上が白く欠けていますから、秋になった実がそのまま冬を越しているのだと思います。

たぶん鳥は食べない(毒がある?)実だったと思うのです・・うろ覚えで確かではありません。
2008/01/15 22:58  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
さすがは、われもこうさん、他人のブログを見て、あれはあそこって思い出されて、なおかつ見に行かれるなんて、やっぱり凄いです。
私もどちらの花なのかまったく区別がつきませんが、茶色系の植物からこんな鮮やか赤の、それもこんな不思議な形で出てくるなんて本当に神秘です。
花のブログを休止されたようですが、何だか、私が良くない例をわれもこうさんにお見せしてしまったのが原因かと思うと、申し訳ないです。
2008/01/16 11:09  | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] ▲ top
- 君平さまへ -
君平さんのお花には、いつも刺激を受けていますョ^^

特に、散歩道にある花なら、こちらでも咲いているかな~~と見に行きます。
知らない花、見たこともない花も、教えていただいたらすぐに見に行きたいところですが。。出かけるのはなかなか・・・

花ブログ、どうも時間の使い方が下手なのか、更新できないんですよ。 本当は、スッキリ花だけにしておきたいのですが、雑記がさらに雑多になりますが、こちらで更新することにします。 
2008/01/16 12:14  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
-  -
われもこうさん おばんです。

初コメですが、よろしくお願いいたします。

ヒメカイウ・・・水芭蕉に良く似た花ですが、こちらもこんな実をつけますね。
生息地は湿地です。

でもマムシグサとは、よくいったものです。笑)
2008/01/20 23:00  | URL | ひげ #-[ 編集] ▲ top
- ひげ様へ -
おはようございます
コメントありがとうございます^^

釧路のような自然はまるでない東京暮らしですが、小さな自然を楽しんでいます。

水芭蕉もサトイモ科のお仲間ですから、実も似ているのですね・・マムしの本物にはお会いしたことがありませんが、この花の縞が似ているらしいですね。

釧路の水辺を楽しみに拝見させていただきますので、よろしくお願いします。
2008/01/21 06:50  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/431-a83e41f0

| メイン |