信州でお花見、その4(小川村)アルプス展望台
2019/05/24/12:15 (Fri)
小川村って、想像以上に広い地域でした。

鬼無里方面に向かっていたのですが、途中でアルプス展望台があり、立ち寄ってみました。

遠くに蓮華〜鉢の木

IMG_2414.jpg


鹿島槍〜目の前に五竜岳

IMG_2421.jpg

まだまだ冬山の趣です。

IMG_2427.jpg

右端の白馬までくっきりです。

IMG_2418.jpg


五竜岳の雪形である武田菱も初めてしっかり見ることができました^^

LRG_DSC00473.jpg


小さな祠があって、中を覗いてびっくり!
まだ新しい芸術作品?のようです。


LRG_DSC00476.jpg

説明板には「ずくだせ明王」と書かれています
「ずくだせ」とは、億劫がらずに自らを駆り立てようという方言だそうです、
1987年鬼無里村の造彫師の作品だそうです。他にも「ずくだせ観音」と「ずくだせ地蔵】も小川村内にあるようです。。

LRG_DSC00477.jpg

ユーモラスですが、手を合わせると「ずく」と「勇気」がもらえるらしいです。
この記事のURL | おでかけ (信州) | CM(4) | ▲ top
<<信州でお花見、その5(小川村)三重塔 | メイン | 信州でお花見、その3(小川村)二反田の桜>>
コメント
- こんにちは -
素敵な山々に出会えましたね。
神秘的ですよね。
昔登った山々、懐かしく・・・
「ずくだせ明王」楽しいですね。
一面六臂、いや馬の顔があるから二面六臂かな・・・
六臂の持ち物がユニークですね。どんなずくを出せばいいのかなと・・・

2019/05/25 18:04  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
雄大な北アルプスが見られましたね。
白馬岳は若かりしころの大昔相方と登りました。
近年は安曇野から眺めるだけですが...
祠を覗いてびっくりですね。
なんとまあユーモラスな!
いろいろな意味が含まれているのでしょうね~
2019/05/26 17:33  | URL | Jーママ #L6L1d2IA[ 編集] ▲ top
- オコジョ さん、こんばんは -

> 神秘的ですよね。
> 昔登った山々、懐かしく・・・

そうでしょうね〜〜相方もあの山とこの山には登ったと・・・楽しそうでした。
桜は安曇野で満足しましたので、最高の天気でこの山々と出会えたのは嬉しかったです。

> 「ずくだせ明王」楽しいですね。

そういえば、亡き義父がよく何かを批判するときに「ずくがない・・・」と言っていた気がします。
現代の仏像でしょうか・・楽しいですね^^
2019/05/27 21:48  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- Jーママ さん、こんばんは -

> 雄大な北アルプスが見られましたね。

これは気持ちよかったですね〜〜特に五竜の雪形がくっきり見えたのは嬉しかったです。

> 白馬岳は若かりしころの大昔相方と登りました。

さすが、山女(笑;) Jーママ さんのお元気の源はお若い頃の登山なのでしょうね。

> 祠を覗いてびっくりですね。
> なんとまあユーモラスな!

長野県民は、意外にユーモアのセンスがあるようです^^

そういえば、ナミアゲハだけでなくアオスジアゲハやヒカゲチョウが庭を飛び始めていて、庭に出る時間が楽しくなっているこの頃です。
2019/05/27 21:55  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |