久しぶりの懐古園
2019/04/04/11:30 (Thu)
高峰高原の帰り道、久しぶりに懐古園を訪れます。

LRG_DSC00242.jpg


藤村の「 小諸なる古城のほとり雲白く遊子(ゆうし)悲しむ・・・」
千曲川旅情の歌を思い出そうとするのですが、後が出てこない。子どもたちに至っては習っていない!というのです・・・忘れただけ?ホントかな?
昔は教科書にあって暗唱したものですが、もう頭が動かないです。。。

LRG_DSC00246.jpg

東京では桜の開花が近かったのですが、流石に信州はまだまだ春の始まり

LRG_DSC00245.jpg

梅が咲いて、福寿草が終わりかけの頃でした。

LRG_DSC00249.jpg


LRG_DSC00243.jpg

LRG_DSC00248.jpg

LRG_DSC00253.jpg

寒々とした日で、日曜日というのに散歩をする人もまばらです。

LRG_DSC00254.jpg

谷が深いですね〜〜お堀の跡でしょうか?

LRG_DSC00255.jpg


谷の向こう側には可愛い動物園がありました。ここは初めて歩きます。

ポニーの蹄の手入れが始まって、終わった後には撮影会もしてもらえます。
孫がビビりながらも楽しんでいました。

IMG_0779.jpg

実は、懐古園散歩の前に、目の前のお蕎麦をいただいてました。
前に来たときは、すごく古くて薄暗いお店でしたから見違えました。何年ぶりだったんでしょうねぇ

IMG_0773.jpg

こちらは普通盛りのお蕎麦、これでも多めですよね。
チビはそば好きなので、それでもほとんど食べきりました^^

IMG_0770.jpg

くるみダレでいただきます。

IMG_0766 (1)

男性陣は中盛りです。 佐久の草笛に初めて行ったときに大盛りを頼んだら、『1キロありますが食べられますか?』と言われて仰天したことを思い出します。

こちらは本店ということですが、楽しみにしていた鯉のうま煮はこちらのメニューにはありませんでした。

IMG_0767.jpg


こちらのマンホールは浅間山に懐古園

IMG_0772.jpg
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
<<大橋ピアノ、その後・・・ | メイン | 高峰高原へ>>
コメント
- こんばんは -
いらっしゃいませ・・・
こちらは桜はまだなので、この風景とあまり変わっていません。
桜が咲くのはもう一週間くらいかかりそう得です。
こもろに住んでいますが、草笛の本店は入ったことがありません。
混んでいますので・・・
といっても、妻がここの主人が講師で教えたそば打ちの会に前に入っていましたので、色々なイベントで何度も草笛の蕎麦は食べていますが・・・
2年前に改築してきれいになりましたね。
小諸の蕎麦屋はどこには行っても美味しいですから、空いている店を探します。
草笛は多いですよね。
佐久の草笛で、大盛りを頼んで、目を回している都会人を見たことがあります。
今は小盛が出来たようですね。
・・・
2019/04/05 21:41  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
- オコジョさん、こんばんは -
こんばんは 

> こちらは桜はまだなので、この風景とあまり変わっていません。

そうなんですね〜〜東京は桜が満開となりました。
今日の午後から花散らしの風が吹いて、花吹雪の中を通り抜けてきました。

> こもろに住んでいますが、草笛の本店は入ったことがありません。
> 混んでいますので・・・

あらあら〜〜このときはお昼過ぎていたせいか、待つことなくすんなり入れました。
懐古園に初めて行きたい家族がいたので、お店を探すのは面倒ですし、空いていたのでこちらにしました^^
草笛と言っても、それぞれの店で多少違うようです。

> 2年前に改築してきれいになりましたね。

やはりね〜〜もう雰囲気がぜんぜん違っていて、実は前のお店のほうが情緒はあったような気もしますが・・・時代でしょうね。
もう少しあの雰囲気を残して、設備だけを新しくしても良いのにと・・・

> 佐久の草笛で、大盛りを頼んで、目を回している都会人を見たことがあります。

佐久よりは少なめな気もしますが・・・やはり大盛りです。

2019/04/05 23:40  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |