スポンサーサイト
--/--/--/--:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
辰野の福寿草、沢底地区、日本最古の道祖神
2018/03/09/10:00(Fri)
福寿草を求めてやってきた辰野の沢底
散策を終えて、車の方へ戻ります。

0224沢底 - 1



おチビにコンデジを取られてしまって、もっぱらiPhoneで撮ってます^^;

0224沢底 - 1 (1)

車を停めた地区センター? 入村ふれあいセンター前の火の見櫓、懐かしいですね。

0224沢底 - 1 (19)

ここで、「→日本最古の道祖神」という看板を見つけましたので、もう少し歩いてみましょう

確かに、日本最古の道祖神と書かれています。

0224沢底 - 1 (2)

石仏がたくさん並んでいますが、どうやら右端の双体道祖神がそれのようです。

0224沢底 - 1 (3)

右に永正2年と彫られ、左には 入澤底中 と、はっきり読めます。

う〜〜ん、古さからいえば、その隣の摩滅して読めないもののほうが古くは見えるのですが・・・・

0224沢底 - 1 (20)


1502年のものがこんなにはっきり読めるのかな?と、チラと考えたら、同じように考える方の記事もネットではありました。以前から疑問を持たれてはいますが、腐食したので、以前と同じように彫ったのではとか、、諸説あるようです。


まあ、散歩者にとっては真贋なんてどうでもよく、この山あいの村で良いものを見せていただきました^^

0224沢底 - 1 (5)

さて、鳥居が上に見えると、お社があるのかな?と、どうしても登ってみたくなる習性というか・・・・


0224沢底 - 1 (7)

まっすぐには上れず、斜めの道を探します。

0224沢底 - 1 (8)

急な斜面で泣き言を言うおチビを励まして^^

0224沢底 - 1 (9)

ワンはどんどん先を行きたがります

0224沢底 - 1 (10)

ここで引き返すのは嫌だとワンは駄々をこねますが、この先はどうも何もなさそうだし危なそうなので引き返しましょう

0224沢底 - 1 (11)

こうしてみると、家も多く大きな集落ですね。

0224沢底 - 1 (13)

上りは楽でも下りは足元注意です。

0224沢底 - 1 (14)

福寿草を見たくて訪れましたが、こんな意外なおまけがあってうれしい散策路でした。

0224沢底 - 1 (16)


0224沢底 - 1 (17)


福寿草だけを考えるに、沢底の地区全体が盛り上げている「福寿草祭り」は、村おこしとか地区のイベントとしては、成功していて良い企画だとは思います。・・・・が、イチ旅人としては、板沢の素朴な雰囲気の中で咲く花が、なんとなく心に残りました。。。。ちょっと天邪鬼なひねくれ者の発想かな(^^;)


この辺り一帯がそうなのでしょうけど、2か所の福寿草の里を見せてもらってそれぞれが楽しい経験でした。
この記事のURL | おでかけ | CM(4) | ▲ top
<<車山高原スキー場 | メイン | 辰野の福寿草、沢底地区その2>>
コメント
- こんにちは -
この双体道祖神は一度行って見たいなと・・・
双体道祖神は江戸時代に入ってからというのか定説なので古すぎて諸説ありますね。
でも素敵な場所にありますね。
ここを登れれば宝登山は楽々です。
2018/03/10 09:26  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
都会に住む者は山あいの集落風景にはゆったり時間が流れているように感じますね。
火の見やぐら今は使用してないのでしょうね~
福寿草から日本最古の道祖神へと貴重な旅でしたね^^
2018/03/18 17:17  | URL | Jーママ #L6L1d2IA[ 編集] ▲ top
- オコジョさん、こんばんは -
すみません。
すっかりお返事が遅くなりました。

> この双体道祖神は一度行って見たいなと・・・

やはり、ご存知でしたか!
わたしたちは全く知らなかったのですが、まあ日本最古とうたってるのですから有名なんでしょうね〜〜

> ここを登れれば宝登山は楽々です。

それがとても無理そうなんです。
もともと痛めていた膝をワン散歩で強くひねってしまい、しばらく杖なしでは歩けないほどでした。
2階への昇り降りも辛くて、朝下りたら寝るまで上がらない状態で、パソコンまでたどり着けないぐらいでした。

今はようやく歩くことはできるのですが、階段の降りはまだ辛いです。宝登山も無理そうです(泣;)

2018/03/20 22:24  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- Jーママ さん、こんばんは -

> 都会に住む者は山あいの集落風景にはゆったり時間が流れているように感じますね。

春らしい日でして、のどかな集落の姿は懐かしいし、とても幸せな時間が過ごせました。

> 福寿草から日本最古の道祖神へと貴重な旅でしたね^^

そうなんです。まさかこんなところで日本最古の道祖神が現れるとは思ってもいなかったのです。
南信州と呼んでいいのかな? このあたりは何度か訪れているのですが、その度に驚くことがたくさんあって楽しい場所です。
2018/03/20 22:27  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。