辰野の福寿草、沢底地区その2
2018/03/08/10:00(Thu)
鎮大神社を出てしばらく走ると、若い人が交通整理をしている場所にでました。
人も多くて賑やかそうで、このあたりが「福寿草祭り」で間違いなさそうです。

本来ならそのへんで車を駐車して歩くらしいのですが、もう祭りは終わりだから、もっと先へ行って良いですよ〜〜と言ってもらえました。
数カ所見どころがあるらしいです。

地区センターらしい場所?前の広場のようなところに停めますと、やはり『お祭り』は終わりのようで、みなさん片付け仕事中です。
とりあえず、散策路を聞いて歩いてみることにします。


民家の間の道を上がっていきます。道路に→や、☓が白線で書かれていて、通路がよくわかります。

0224わご - 1 (21)



ロープで柵もされていて、とても良く整備されています。

0224わご - 1 (8)


0224わご - 1 (10)

確かに、板沢地区よりはたくさん咲いています。

0224わご - 1 (11)

高度が違うのでしょうね。。

0224わご - 1 (3)

花をよく見ると、↑↓で、花弁の数が違ってますね〜〜
キンポウゲ科の花ではよくある気がします。

0224わご - 1 (12)


0224わご - 1 (13)


0224わご - 1 (18)

福寿草とオオイヌノフグリが一緒に咲いていました

0224わご - 1 (16)

やはり、こういった斜面でよく咲くようです。

0224わご - 1 (19)

ロープや階段も付けられて、通路も整備されていて、少し広い軒先などではお餅つきや飲み物なども売られていた様子です。駐車スペースも決められていたり、地区全体のイベントとして、整備して盛り上げている様子が伺えました。


お店自体はどこも片付けられていて残念でしたが、子どもたちも大勢遊んでいて、犬が来た〜〜可愛い〜〜大きくて怖い〜〜など、とても賑やかでした^^

片付けてる方に伺ったところ、以前より花数が減っていると残念そうです。昔は辺り一面真っ黄色になったものだとか・・・・ただ、もう少し時期があとになると、次は田の畦道などで咲き始めるそうです。

帰宅後に検索してみますと、自然に任せるだけではなく一株運動とか・・植え付ける運動もされているようですが、土が難しいようです。 植物ですから、その時の気候にも寄るのでしょうね。


辰野はなんといっても松茸の一大産地で、春は福寿草で初夏はホタル!と、以前から聞いておりました。昨年は超不作の松茸を食べに行きましたが(ーー;)、これで福寿草も見られて、しだれ栗はかなり前に見に来たし、後はホタルかな・・・・自然がとても豊かということなんでしょうね。


こちらのマンホールの図案では福寿草と蛍だけかな?(笑;)

 0224わご - 1 (5)

この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
<<辰野の福寿草、沢底地区、日本最古の道祖神 | メイン | 辰野の福寿草、沢底地区その1>>
コメント
-  -
こんにちは。
おぉ 群生地に辿り着きましたね。
こうして山に自生している姿はすてきですね~ 植物園たは大違い。
そういえば福寿草も種類があって花弁に隙間があるほうは何というのか度忘れしましたが。
マンホールも福寿草とホタル!こちらは桜ですね。
昔々全国の図案を集めていた知人がいまして私も旅先では雑巾で拭いてコンデジ撮影したものです。
2018/03/08 17:42  | URL | Jーママ #L6L1d2IA[ 編集] ▲ top
- Jーママ さん、こちらにもありがとう -
> そういえば福寿草も種類があって花弁に隙間があるほうは何というのか度忘れしましたが。

種類が違うんですか?!
あらあら、同じ種類でダブルとかシングルなのかな〜〜なんて、気楽に思ってました。

> 昔々全国の図案を集めていた知人がいまして私も旅先では雑巾で拭いてコンデジ撮影したものです。

面白い図案があると撮っているのですが・・・・え〜〜雑巾で拭いて!!私はまったくそうしたことに頓着しないので、汚くてすみません。
相方なんて、汚水とか書いてあるのを撮るなんて・・・と、申します(汗;)
2018/03/08 22:29  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |