南部アフリカの旅、その9、ナマクワ国立公園の1
2017/11/03/18:47(Fri)
ようやく、この旅の第一のハイライト、ナマクワ国立公園に到着です。

0901pm - 1 (9)

車で回れる道もあるらしいのです。もちろん、ここは下りて歩きます^^

0901pm - 1 (8)


0901pm - 1 (1)

受付と言うか入り口にはユーカリの大木が何本も立って日陰を作っています。

0901pm - 1

ここからの遠望は一面の荒野に蟻塚がボコボコ・・・・

0901pm - 1 (11)


『“サキュレント・カルー”(カルーの多肉植物)とも称されるナマクワランドは、雨量の少ない半砂漠地帯。春の訪れとともに辺り一面を覆い尽くす花々は、咲くタイミングや面積が多少異なりますが、毎年8月から10月初旬までのほんの数週間にだけ美しい表情を魅せてくれるのです。』・‥・と、観光局のサイトには書かれているのですが、残念ながら、私達が訪れたときには、そのお花畑を見ることは出来ませんでした。あまりに雨が少なかったようです。


お花を楽しみにしていた割には、乾燥しきっていてちょっと残念なナマクワ公園でしたが・・・また別の楽しみもありました^^

0901pm - 1 (12)


『ナマクワランドには花だけでなく多様な球植物相が生息。約3.500種のうちの1,000 以上が、世界でここにしか生息していない固有種とされています。』とも書かれておりました。


ここでは、広大な敷地の一部だけですが、1〜2時間のトレッキングと言うか歩く時間が用意されていて、花はそれなりでしたが、生き物も多くて、楽しい散策となりました。

さて、画像がたくさんありすぎて、どこから手を付けようかと迷ううぐらいです。


ナマクワ国立公園だけでも、いくつかに分けてアップすることにしましょう





** ずっと雨の日が続いていて、庭に手がつけられない日々にストレスが溜まっていたこの頃です。
  雨ではない日に限って、外出の予定があったり・・・

  今日は、ようやくの晴天の連休。誰にも何にも邪魔されずに一日庭仕事に励んで、暗くなってようやく室内に入りました。

  南アフリカの写真も整理しておく予定が、なかなか進んでいなくて、少しずつ画像を整理するしかないようです。


この記事のURL | おでかけ 南部アフリカ | CM(0) | ▲ top
<<南部アフリカの旅、その10、ナマクワ国立公園のハタオリドリ | メイン | 南部アフリカの旅、その8、ナマクワランドへの休憩地>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |