南部アフリカの旅、その8、ナマクワランドへの休憩地
2017/10/31/11:00(Tue)
少しお休みしていましたが、気を取り直して9月の南部アフリカの画像をまた少し整理してみました。
すでに季節外れだけど、今やらないと、今年中には終わらない気がしてきましたので・・・・

南部アフリカの3日目
スプリングボックの宿を出て、バスで北上してナマクワ国立公園を目指します。

0901 - 1 (1)



バスの窓から・・・

0901 - 1

一時間以上走っていくと、オアシスというか町が見えてきましたので、こちらで休憩です。

0901 - 1 (2)

ホッとしますね^^

0901 - 1 (3)

ここのは、すべてが自然とは言い難いけど、お花の宝庫でした

マツバギクのような分厚い葉っぱ

0901 - 1 (4)

デージー類も・・・・

0901 - 1 (5)


0901 - 1 (16)

でも、どちらかと言うと花よりもアロエ系の植物の姿が異彩を放っています。

この木はアロエ・ディコトマ(別名:コカブーン、タカロカイ)の木。大型のアロエの一種で、先端部のトゲトゲの葉が特徴的で、成長すると高さ10メートルぐらいになることもあるという南アフリカを象徴する木のようです。

0901 - 1 (8)


ナミビアとの国境付近にあるナマカランドに住むサン族は、この木の枝で狩猟用の毒矢を収める矢筒を作るため、矢筒の木(quiver tree)とも呼ばれているそうです。

0901 - 1 (17)



0901 - 1 (19)


0901 - 1 (20)


0901 - 1 (21)


  0901 - 1 (12)


    0901 - 1 (6)

これは、壊れているけど、蟻塚・・・これからかなりの数を見ました^^

0901 - 1 (14)

ギラギラの太陽ですが・・・暑くはありません。
長袖を着ています。サングラスは必携ですね〜〜

0901 - 1 (9)


0901 - 1 (10)

キャンプをしてるらしい人たちもいました。

0901 - 1 (22)
この記事のURL | おでかけ 南部アフリカ | CM(4) | ▲ top
<<南部アフリカの旅、その9、ナマクワ国立公園の1 | メイン | 台風が来る前の台風襲来>>
コメント
- とげ -
とげとげの上部は かんたんに食べられないように 進化したのかしら。
ちょっと 怖い植物ですが めずらしいです。
いろいろな形が あるものですね。そこにしか いられない植物の 
必死さ 図太さも 感じます。
2017/11/02 12:31  | URL | 小紋 #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは~☆
真っ青な空が実にきれいですね。
1枚目は遠くに野生動物の群れでもいそうですね~
このアロエの大木はTVで見たような記憶があります。
へぇ~ 太陽ギラギラでも暑くないのですね^^
2017/11/02 19:19  | URL | J-ママ #L6L1d2IA[ 編集] ▲ top
- 小紋 さん、こんばんは -

> いろいろな形が あるものですね。そこにしか いられない植物の 
> 必死さ 図太さも 感じます。

そうですね〜〜こんな乾燥地帯で、これだけ大きくなるってのも凄いパワーだと思います。
これだけ大きくなるには時間もかかっていそうです。
2017/11/03 18:04  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- J-ママ さん、こんばんは -

> 1枚目は遠くに野生動物の群れでもいそうですね~

この後、沢山の動物を見ましたのよ^

> このアロエの大木はTVで見たような記憶があります。

南アフリカを象徴するような木らしいです。
あちらは春でしたので、とても温暖な気候で、夜は寒いくらいでした。
でも太陽はギラギラで空は真っ青^^
2017/11/03 18:07  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |