2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
辰野にて、横川渓谷トレッキングで 熊の糞? 怖〜〜い
2017/10/17(Tue)11:00
さて、この蛇石のキャンプ場から先に林道はあるのですが、ゲートがあって車はここから通れません。
右端に人が通れる入り口が空いています。

ここから三級の滝までは3.7キロと書いてあります。往復すると約8キロはちょっとチビ連れでは厳しいかな〜〜まあ行けるところまで行ってみようとということになりました。

高らかに熊鈴を鳴らしながら二人連れがちょうど出てきました。 キャンプ場の手前にある駐車場には軽トラが何台も止まっていました。松茸の旬なので、キノコ狩りの人たちです。最も全て留山ですから、許可がある人しか松茸狩りには入れないはずですね。


横川トレ - 1



そういえば、キャンプ場にも「この辺りはどこにでも熊がいます」と書かれた注意書きが貼られていました。
お子さん二人連れてキャンプしている家族もいましたので、大丈夫かな?とは思いましたが・・・・熊鈴は持ってきてないので、大きな声で話しながら歩くことにしましょう。ただ、沢沿いですから、熊鈴もあまり効果がないかもしれませんね。

ルート図です。(⬇️クリックすると拡大します)
ほぼ中央に蛇石、浦沢のトチノキとあり、そこから上を目指します。

横川トレ - 1


少し歩くと、鉱山跡に出ました。マンガン鉱山だったそうです。

横川トレ - 1 (1)

石が積み上げられている奥にトンネルが見えました。坑道でしょうか

横川トレ - 1 (2)



さて、 鉱山のすぐそばで、こんな落し物を見つけました!!
大きな塊で、アケビを食べたらしく、紫色でタネがプツプツ残っています。

横川トレ - 1 (40)


道路のど真ん中なんですね〜〜干からびてなくて柔らかく(この画像は帰りがけので、行くときはもう少し柔らかめ^^;)、まださほど時間が経ってはいなさそうです。

誰のって、これはどう考えても多分熊さんのものではないか??!!

イノシシのフンは、粒状なのと用心深いから道の真ん中で用をたすわけはないのです。
こんな道の真ん中で用足しができるってのは、やはり頂点にいる動物しかないでしょう。あとでネットで調べて見ましたが、果物のたねなどがそのまま残っていることや色形から、やはり熊と考えるのが妥当なきがします。


おチビの顔に緊張が走りましたが、犬がいるから、熊の方からは近寄ってはこないでしょう。
二人ぐらいだと不安ですが、犬と5人連れですから、向こうが避けるはず・・・かな?
危ないのはカーブなどの曲がり角での出会い頭ですね。

横川トレ - 1 (4)


ということで、これから先はおチビが棒でガードレールを叩きながら歩くことになりました^^;
これは、ケモノ道ですね〜〜


横川トレ - 1 (6)

「山の神」という標識があります。

横川トレ - 1 (7)

見上げると、小さなお社がありました。でも、急峻で、簡単には登れませんね〜〜

横川トレ - 1 (8)

赤松という標識発見!  まさか、こんなところに松茸はないよね〜〜??
よく見ると、足跡がありましたから、こんな場所ですから、みんな見て通ってるはずですね^^;

横川トレ - 1 (15)


今度は動物の足跡・・・前が二つに割れてひずめがありますから、これはイノシシちゃんのようです。
これも新しくて、おそらく今朝のものでしょう。

横川トレ - 1 (16)

この木はに、注意書きがありました。「熊が折った枝があるので、落下に注意!」
もうそれらしき枝は見えなかったのですが、おそらくクマ棚があったのではないでしょうか?。
これだけ、熊がいる痕跡を見せられて、おチビの顔がさらに引きつります。。


横川トレ - 1 (17)


横川渓谷は下に見えて、とても爽やかなのですが、残念なことに谷が深いのです。
渓谷歩きにしては、もう少し渓谷が近くないと、やや単調ですね〜〜それに、最初に会ったキノコ狩りあの人たち以外に歩く人もいなく、それも良いのですが、野生動物の領域に入りこんだ感がやけに強いトレッキングになりました。

横川トレ - 1 (23)

この辺りで、おチビが転んで膝をすりむきました。いつもなら、傷にはとても強い子なのですが、熊が怖いのと棒で叩きながら歩いていたので疲れたのと両方で、めったにない「抱っこ」となりました。

横川トレ - 1 (24)

おそらく、紅葉シーズンはまた綺麗なんだと思います。

横川トレ - 1 (25)


やっと、黒沢橋に出ました。


横川トレ - 1 (27)

このすぐ先に三級の滝があるのかと思ったら、まだ0.9キロあるそうです。往復で2キロ弱は結構な距離です。
しかも、今まではほとんど平坦あるいはだらだら登りでしたのに、ここからはちゃんとした登りのようです。

交代しても、20kgの子を抱っこやおんぶで900mの登りは厳しいので、ここでUターンすることにしました。
ここで、昨夜の夕飯に出たおやきの残りとおやつを食べて戻ります。
それでも約3キロは歩いてきたわけで、往復で約6キロになります。

横川トレ - 1 (28)

渓流も細く激しくなり、夏はとても涼しくて快適そうです。(熊さんと出会わなければね〜〜)

歩き始めのショックをだいぶ引きずりましたが、戻り始めますと、おチビの抱っこも解消されて、元気に歩くようになりました^^

この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
コメント
- クマ -
こんばんは。
クマも用心深いのでびっくりさせられなければ、攻撃してくることはあまり無いと思いますが、、、鉢合わせが一番怖いですね。
おチビちゃんもクマの怖さを想像して足が動かなくなってしまったのでしょう〜小さい子と一緒のお出かけは、忘れてしまった発見|物の見方などを思い出させられて楽しいですね!
2017/10/17 12:21  | URL | yokoblueplanet #-[ 編集] ▲ top
- yokoblueplanet さん、こんにちは -

> クマも用心深いのでびっくりさせられなければ、攻撃してくることはあまり無いと思いますが、、、鉢合わせが一番怖いですね。

そうですね〜〜カーブには特に気をつけないとね。
音を出しても、渓流沿いですと、流れの音が強いと消されてしまうようです。良い音の出る熊鈴が欲しくなりました。
おチビには良い経験でした^^
2017/10/22 15:30  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。