スポンサーサイト
--/--/--/--:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
辰野にて、横川渓谷の蛇石
2017/10/16/11:00(Mon)
さて、翌日はどこに行こうか・・・駒ヶ根にはビール会社や養命酒や寒天パパの工場見学もあるのですが、このお天気ならやはり歩きましょうということになりました。

美食しましたから、カロリーも使わなくてはね〜〜
かやぶきの館の横を流れる横川沿いに遊歩道があり、ここから終点の三級の滝までは17キロあるそうです。

その前にキャンプ地にもなっている場所があり、そこまでは車で行かれるというので、とりあえず出かけます。


ここがそのキャンプ地ですが、深い森に囲まれた渓流で、すごく気持ちが良いところです。。。

入り口にはトチノキの大木がありました。浦の沢のトチノキと言うそうです。
樹高40m、幹周り4.5mの堂々とした大樹です。

横川 - 1 (6)




(↓クリックすると拡大します)
横川 - 1 (8)


横川 - 1 (9)


そこまでは、どこにでもある渓谷という感じですが、驚いたのは横川の蛇石(じゃいし)でした。

これがまあビックリ!!  信州育ちの相方すら知らなかったのですが、昭和15年には国の天然記念物に指定されているそうです。

本当に蛇がのたうち回っているように見えるんです。

横川 - 1


横川 - 1 (2)




横川 - 1 (12)


横川 - 1 (13)

近寄ると、こんな感じです。

横川 - 1 (5)


もっと不思議なのが、この中央に見える白線です。
川を通って、向こうの岩まで続いているんです。

横川 - 1 (3)


この異様な岩の説明は下に書いてあり、クリックすると拡大します。
黒色粘板岩と閃緑岩とか、そこに石英脈が貫入してなんちゃらとか・・・説明がされています。
世界でも稀な現象ということで、天然記念物なのだそうです。

横川 - 1 (7)

近くには「赤大竜王」と書かれた石碑もあり、古くから特別な存在だったようです。


少し外れると静かな渓流です

横川 - 1 (10)


横川 - 1 (11)


もう一つ説明板があり、見難かったのですが、その説明によるとこの辺りはフォッサマグナの端っこであり、中央構造線の断層活動もあり、辰野町の河川は全て奈良井川と同じ方向に向かって流れているそうです。この方向性は、九州まで続くもので、辰野町は位置的には東日本なのに、地質学的には西南日本に位置しているとも言えるそうです。

まあ地質学はあまりよくわからないのですが、分杭峠が近いことからもわかるように、糸魚川静岡構造線と中央構造線が交わるような場所がこの場所だということなんでしょうね。(以前の記事)

そいえば、以前、訪れたのですが、「日本の中心」(以前の記事)と呼ばれる場所も、このすぐ近くです。


この記事のURL | おでかけ | CM(4) | ▲ top
<<辰野にて、横川渓谷トレッキングで 熊の糞? 怖〜〜い | メイン | 辰野にて、松茸>>
コメント
-  -
地質学的には有名ですね。信州地質図鑑という本に乗っていて一度見てみたいと・・・
ここは一度見てみたいところですが、辰野は他にみどころが少ないと、何しろお間奥のようで、公共交通では行きにくいのでまだ果たしていません。
渓谷も素適なようですね。
2017/10/16 12:02  | URL | オコジョ #-[ 編集] ▲ top
- オコジョ さん、こちらにもありがとう -


> 地質学的には有名ですね。信州地質図鑑という本に乗っていて一度見てみたいと・・・

そうなんですか!! 有名なんですね^^
見るのも聞くのも初めてでしたので、とても驚きました。場所柄でしょうか、マイナーですよね^^;

> ここは一度見てみたいところですが、辰野は他にみどころが少ないと、何しろお間奥のようで、公共交通では行きにくいのでまだ果たしていません。

そうですね〜〜車でないとなかなかいかれない場所かもしれません。
ホタルや春の福寿草なども有名らしいのですが、長野の方には珍しいものでもないですよね(^^)
枝垂れ栗や日本の中心などもありますが、交通は不便でしょうね。

> 渓谷も素適なようですね。

素敵というか・・・やはりかなりマイナーな雰囲気でして、面白いことに出会いましたよ(笑;)
明日、アップするよう予約してあります。
2017/10/16 23:37  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- フォッサ・マグナ -
おはようございます。
蛇石を薄闇の中で初めて見た人は腰を抜かしたかも?!
見事な造形ですが、一番最初に広瀬隆さんがよくお話になっているフォッサ・マグナ、中央構造線が頭に浮かびました。
この蛇が動くようなことになると、多分、日本列島の背骨が動く大事件になりますね。。。静かにしていて欲しいところですが、政情を見ていると、そうしてもいられないような蛇の気持ちでしょうね。
2017/10/16 23:54  | URL | yokoblueplanet #-[ 編集] ▲ top
- yokoblueplanet さん、おはようございます -

> 蛇石を薄闇の中で初めて見た人は腰を抜かしたかも?!

いやぁ〜驚きますね。こんなものを自然が作り出したってすごいと思います。

> 見事な造形ですが、一番最初に広瀬隆さんがよくお話になっているフォッサ・マグナ、中央構造線が頭に浮かびました。

相方のような信州人は構造線のど真ん中で育ちますので、関心が強いです。

分杭峠、大鹿村から静岡に抜ける、まさにフォッサ・マグナ地域をドライブしたことがありますが、山間部の崩壊などは凄まじい破壊力を感じます。
常に圧力が加わっているんだろうなと、感じますよ。蛇沢とか悪沢とか・・・土砂災害も厳しいところがあります。


> この蛇が動くようなことになると、多分、日本列島の背骨が動く大事件になりますね。。。静かにしていて欲しいところです

まあ、平和というか、嵐の前の静けさなのかわかりませんが、どこもかしこもねじれていて・・・週末選挙の結果はどうなるんでしょうね〜〜^^;
2017/10/17 09:31  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。