スポンサーサイト
--/--/--/--:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
南部アフリカの旅、その6、オキエプ近郊の花
2017/10/03/17:33(Tue)
スプリングボックの宿に荷物を下ろしてから、再びバスに乗って花を探しに行きます。

OKIEPと書かれた町(スプリングボックよりさらに北)を通り過ぎて〜〜

nama - 1

着いたのはこんな場所でした。広大な乾燥地帯の原野

nama - 1 (1)




南部アフリカの花に対するスタンスは、原則的に一切手をかけないそうです。
国立公園などの立ち入りなどは規制するのでしょうが、他では特別に保護することはなく、自然のままにまかせてあるそうです。
だから、水不足ですとこのように花が地面を這うように咲くだけです・・・華やかな時は茎が立ち上がってそれは見事なんですけどね〜〜

ここには風車井戸?がありました。

nama - 1 (7)


80年代の映画『バグダッド・カフェ』のコーリング・ユーが聞こえて来そうな景色
いい映画でしたね〜〜音楽しか頭に残ってははいないのですが。

nama - 1 (12)

井戸の足元だけは、潤っているようですが、あとは乾燥しきっています。
本来なら、こんな状態で広がっているはず??らしいのですが・・・

nama - 1 (6)

今年はかなり厳しいのかな〜〜?

nama - 1 (2)


nama - 1 (5)


nama - 1 (10)


風車ばかり撮ってみたりして・・・(笑;)

nama - 1 (13)


nama - 1 (14)


nama - 1 (15)

地面すれすれにへばりつくように咲いている花たちの中には興味深い花もあって、少しは楽しむことができました^^

nama - 1 (16)


nama - 1 (8)

花があまり多くはなかったためか、このあと、再びスプリングボックの街に戻ることになりました。
ガイドさんが本屋さんまで連れていってくれて、絵葉書などを買う時間を設けてもらいました。

nama - 1 (9)

ここでフラワーマップだけにしようかと悩みましたが、自分へのお土産として植物図鑑を買い求めました。
重いしかさばるのですが、写真が充実していて紙質も良いものでした。この図鑑が350ランド、1ランド8円強ぐらいですから2800〜3000円ぐらいかな? この旅の中では一番?高い買い物になりました。

nama - 1 (18)


自分が撮った花と図鑑の花を今は見比べているのですが・・・難しいですね〜〜^^;
でも、行った場所の花の図鑑は眺めてるだけで楽しいです。
この記事のURL | おでかけ 南部アフリカ | CM(4) | ▲ top
<<南部アフリカの旅、その7、スプリングボックの宿 | メイン | 信州の赤蕎麦>>
コメント
- よその花 -
 風土も珍しく 咲いた花も珍しい
 黄色の花が いやというほど 咲いていますね。
 そこの気候に合わせて咲く花 面白いです。
 家を出て よそに行くのは 非日常で楽しい
 まして地球の左側 行ってみたくなります。
 
2017/10/03 22:24  | URL | 小紋 #-[ 編集] ▲ top
-  -
花図鑑、私も大好きです。
行った所の花図鑑は特別でしょうね。
2017/10/05 14:24  | URL | ぷりんちゃん #-[ 編集] ▲ top
- 小紋さん、こんにちは -

>  そこの気候に合わせて咲く花 面白いです。

まるで予想していなかった風土で、興味深かったです。

>  家を出て よそに行くのは 非日常で楽しい

そうですね〜〜まさに非日常! 日本では経験できない環境は楽しいです。
小紋さんも、いつか行って見てください。
2017/10/06 17:51  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- ぷりんちゃん さん、こんにちは -

> 行った所の花図鑑は特別でしょうね。

重いしかさばるし、悩みましたが、相方が持ってくれるというので思い切って買い込みました。
食べ物や絵葉書などとは違って、見ごたえのある思い出になります。
2017/10/06 17:52  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。