カナダの紅葉 2016 その5、アルゴンキン公園① Arowhon Pines 
2016/10/28/10:00(Fri)
2016.10.03

今回、カナダの東側の紅葉ツァーなどを調べているうちに、ローレンシャン高原やケベックなどのいわゆるメープル街道以外に「アルゴンキン州立公園」に行くツァーがたま〜〜にあるのを見つけました。どんなところか調べてみたら、ひと目で惚れ込んで、どうせなら絶対にここへ行きたい!と思うようになりましたので、ここが今回の旅の主目的地です。

いよいよ憧れのアルゴンキン州立公園に到着です。‥・と言っても、この公園は熊本県とほぼ同じ広さだそうです!
とても回りきれませんが、とりあえず2泊はできることになりました。

公園 - 1





宿泊先はArowhon Pines (こちら
アルゴンキンに泊まるなら、口コミランキング一位ですが、ネットで検索しても空室がなく諦めていましたが、ネイチャーガイドのSさんのご紹介で無事に泊まることができました。

一言で言うと、他の場所に行かなくても、ここで一週間過ごせたら最高!と思える場所でした。

昼近くにロッジに着いて、駐車場にある電話で到着を伝えてしばらく待つと、バギーがやってきて荷物を持っていってくれます。

公園 - 1 (5)


公園 - 1 (6)


そして、私たちは受付へ‥・と言っても、レストランと同じ場所です。
ここでランチが食べられるか?と聞くと、OKですが、オープンまで待つように言われます。


昼食後にチェックインして部屋に案内してもらいますが、まずは鐘がなりましたからランチ^^
窓辺の席で、湖を眺めながらの食事です。

公園 - 1 (2)

サラダやパンの後に・・魚介のグリルを頼んでみました。

公園 - 1 (3)

デザートも本格的 👍

公園 - 1 (4)

口コミにも書いてありましたが、周りの環境もだけど、このロッジのお食事はとても美味しいです^^
ツァーだったクロアチアはもちろん、このあとのアチコチで食事した中でも最高クラスです。この公園内では、他に食べるところがありませんから、ここの食事が美味しくなければ悲惨ですが・・・もう大満足でした。
宿泊料は高めですが、ここでの三食を考えれば、文句はありません。

ついでながら、公園内は携帯は圏外でした。wifiも繋がりません。
有線電話ならあるので、PCも有線でつながるのでしょうが、2泊3日ぐらいは俗世から隔離状態も大いに結構だと思います。

湖に面しているので、カヌーやカヤックは自由に使えます。

公園 - 1 (14)

この棟は卓球や読書などのゲームコーナー

公園 - 1 (9)

テニスコートもあり、サウナもあるようです。 

公園 - 1 (10)


公園 - 1 (11)

別荘のようなコテージ

公園 - 1 (12)


公園 - 1 (13)

夏なら泳げるみたいですね

公園 - 1 (16)

この先のコテージの一室が私たちの部屋

公園 - 1 (15)

湖に面したテラスと暖炉のある部屋は共同で、その左右に何室か・・・シエアする形です。

公園 - 1 (19)


ギリギリの予約でしたから、私たちの部屋自体は眺めが特別良いわけでもなく、浴室もとてもコンパクトでしたが、適度に温まっていて、寝るだけでしたから過ごしやすかったです。。

   公園 - 1 (22)


           公園 - 1 (21)


公園 - 1 (18)



ちなみに、来年の予約をどうそ!と書かれていました。
予約したい衝動に駆られましたね・・・いつかまたきっと!



この日の行程です。
(↓ クリックすると拡大します)

1005 - 1 (8)
この記事のURL | おでかけ カナダ | CM(2) | ▲ top
<<旅サラダ、「アルゴンキン州立公園」 | メイン | カナダの紅葉 2016 その4、ラグド滝>>
コメント
- 予約 -
素敵な旅 素敵な宿・・・素敵だらけですね。
来年の予約 わかります 何回も行く価値のある所は
嬉しいですね。お食事も GOOdで 最高ですね!
毎年行けたらいいですね。
2016/10/30 11:08  | URL | 小紋 #-[ 編集]
- 小紋さん、おはようございます -

> 来年の予約 わかります 何回も行く価値のある所は
> 嬉しいですね。お食事も GOOdで 最高ですね!

毎年いけたら良いのですが・・・遠いです^^;
これが日本だったら、毎年行きます!と絶対に言います。

せめてもう一度ぐらい時期を変えて行くのもいいなぁ〜〜夢がまた増えちゃいました^^
2016/10/31 09:44  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |