鮎釣りと温泉、その4、南会津・前沢集落
2016/09/18/10:00(Sun)
広大な蕎麦畑を後は、道を下って前沢集落を訪れます。茅葺屋根の曲家です。

南会津では曲家をちらほら見かけましたが、ここはまとまって残っているようです。
伝統的建造物群保存地区ということのようです。

駐車場で入場料を払って地区に入ります。
ただ、家々に普通に暮らしているので、内部を見学できるのは一軒だけです。
きちんと曲家として残っているのは9軒ぐらいだったかな?


前沢 - 1 (4)




前沢 - 1


前沢 - 1 (1)


前沢 - 1 (3)



こちらが見学できる資料館です

前沢 - 1 (7)

明治40年の大火で部落全体が焼失した後、同時に建設されたので、統一された家並みになったようです。


前沢 - 1 (8)



前沢 - 1 (9)


前沢 - 1 (10)

すぐ横に「前沢の大杉」があったそうです。
『根回り約11m、目通り幹周り約8m、高さ約30mあり、山津波によって根元が埋没したと言う伝えがあり根周りはさらに大きく、樹齢800年に及ぶと推定されておりました。 平成4年の雹と突風により倒壊した。』
と書かれています。

前沢 - 1 (11)

穏やかな里山のようですが、山津波・大火・突風・雹ですか・・・
大変な暮らしなのだなぁと思いますね。

この大木が残っていれば、もう少し観光面でも活発になったかも・・・?  残念ですね。

前沢 - 1 (12)


湧き水・・・水が良いというのは素敵です。

前沢 - 1 (13)

また、雨がポツポツ・・・

前沢 - 1 (14)


普通に暮らしているようです。

前沢 - 1 (15)

なんと、鹿の角がああ・・・・

前沢 - 1 (16)

菖蒲の葉でしょうね?
“軒菖蒲”(ノキショウブ)と言う季語と関係有るのかしら?

ネットで調べると、「男の子の成長を祝う日に邪気を払い、火災を防ぐための風習」と書かれていますね。


前沢 - 1 (17)


大内宿と同様に、道の両脇にこうした用水が流れていて、家々に用水の溜まる場所があるのですが、ここのほうがその貯水池が大きい?

夏ですから、スイカがあちこちで冷やされていました。 その昔は、よく見た風景です。

前沢 - 1 (18)

野菜の無人販売がありましたが、大内宿のような商売気はなさそうです。

前沢 - 1 (20)


これこれ!
この集落に限らず、見ない会津の家でよく見かけたのです。雪囲いでしょうね。
かなりの積雪がありそうです。  玄関もほとんどの家が二重になっていました。

前沢 - 1 (21)

一番高台に神社があります。

前沢 - 1 (22)


前沢 - 1 (23)

散策路が示されていて、ここからは、畑と言うかおそらく菖蒲田を巡って最初の地点に戻るような順路です。

前沢 - 1 (24)

湿地にはツリフネソウの群落

前沢 - 1 (25)


前沢 - 1 (26)


前沢 - 1 (27)


最初の水車小屋へ戻りました。

前沢 - 1 (28)


前沢 - 1 (29)


前沢 - 1 (30)



この集落全体を見渡せる展望台もできたそうですが・・・雨の中で足元も悪いので、そちらはパスしました。
どのくらいの距離とか時間とか地図が書かれていれば良かったのですが、まだそこまでの準備はされていないようです。


入り口受付と駐車場前に、曲家で食べられるお蕎麦屋さんがある以外には観光施設やお土産物屋さんもなく、なかなか落ち着いた良い雰囲気です。

現在も実際に住んでいることと保存と観光をうまく両立するのは難しいのかとも思います。


地理的なこともありますし、同じ福島県でも大内宿のようにするほどの規模でもなく、やや中途半端な保存と観光・・・住んでいる方には痛し痒しの部分も有るのではないかと・・・勝手な想像しています。
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
<<鮎釣りと温泉、その4、南会津・檜枝岐温泉 | メイン | 鮎釣りと温泉、その3、南会津・蕎麦畑>>
コメント
- 穏やかに -
くらしているような感じですね。
昔のものも残されて 大事にしているような。
昨日までの雨もやんでいます 海に出たのでしょうか。
2016/09/19 07:45  | URL | 小紋 #-[ 編集]
- 小紋さん、こんばんは -

> 昔のものも残されて 大事にしているような。

古いもの大事にと言うことと、新しいものを便利にということがうまく両立していればよいのですが、特に若い人には暮らしは難しいのかも・・・なんて考えてしまいます。

> 昨日までの雨もやんでいます 海に出たのでしょうか。

雨、今頃はいかがでしょうか?
台風はまっすぐ向かって来るようですので、大雨になって被害が出ないといいですね〜〜
2016/09/19 19:47  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |