クロアチア・スロベニアの旅日記、27、ドブロブニク・フリータイム
2016/09/12/10:00(Mon)
フランシスコ修道院の観光を終えると、ランチまでは短い時間ですが、フリータイムです。

観光中に見かけた路地裏散歩がしたくなります。

ここは珊瑚のお店のようです。
中国人客が喜びそうですが・・・じつは、ここクロアチアには中国人客がまだほとんど来て居ません。
ビザが必要だからだそうです。ある意味「今でしょ」とも言える環境です。

代わりに多いのはおとなりの韓国人ツァー客です。後は、超大型クルーザーが着けばアメリカ人でしょうか・・・

ドブ2 - 1 (40)



いい雰囲気です。

ドブ2 - 1 (38)

ここはアイスクリーム屋さん。ガイドさんのお勧めというので、ここでちょこっと^^

ドブ2 - 1 (39)

   ドブ海 - 1 (16)

この後は、さらに路地を上に上がってみます。

ドブ2 - 1 (41)

今度は横道を通ってみましょう

ドブ2 - 1 (42)


お魚のポスター、魚料理が豊富なようです。

ドブ2 - 1 (43)

階段ばかりで、暮らしにくいのかもしれませんが、情緒はあります。

ドブ2 - 1 (44)


ドブ2 - 1 (45)


ドブ2 - 1 (46)

このお店、なんとメニューが外に張り出してあって!!日本語でした^^;
一番のお得意客は日本人なのかも(笑;)
(↓拡大します)
修道院 - 1 (2)


探していたお店を見つけました!
ガイド本に載っている刺繍屋さんです。 昔、少しだけ刺繍を噛じったので、民芸品の刺繍には興味があります。

ドブ2 - 1 (48)

中に入るとオーナーは作者の旦那さまだそうで、日本語を上手に操って、「日本で有名なのは奥さんで、私はマスオさんです」と、だから、値下げ交渉もダメだそうです(笑;)
でも、欲しい色柄を探しだしてくれたり親切です。

ドブ2 - 1 (49)

待ち合わせ時間が迫っていて店内を撮る暇はなかったのですが、おみやげはコースター
とても丁寧な仕上がりで、裏がきれいなんです。青空市場で売られている商品とは、裏の美しさを見ると違いがわかります。

↓は、猫の手と言う柄だそうですが、猫の手ねぇ?

刺繍 - 1   刺繍 - 1 (2)


こちらの左は表で、右は裏です。 拡大できますが、こんな小さな品でも裏の始末が丁寧です。

刺繍 - 1 (1)   刺繍 - 1 (3)




さて、旧港前の賑やかなレストラン街のテラス席でランチです。

修道院 - 1 (1)

暑い日差しの中でのテラス席でしたが・・・おとなりの国のツァー客たちが私たちの席の後ろに日を避けて入り込んで大声でおしゃべりしてたり〜〜ちょっとマナーがと思いました。・・お店の方から追い出されてはいましたが・・・(´Д`)ハァ…
私たちも、集団でいる時は気をつけなくてはと思いましたね。

ドブ海 - 1 (14)


今日、歩いたドブロブニクの街並みです。
ピンクの通りが大きくて、往復すればほとんどの観光ができますが、やはり路地裏が面白いですね^^
(↓拡大します)

ドブ海 - 1 (15)







観光最終日、ドブロブニクも昼食を終えると、後はフリータイムです。
しかし、ガイドさんがボートで海からドブロブニクを見るオプションツァーを勧めたら、なんと全員がそれに参加することに!

というわけで、海に出発です。

グラスボートですから、海の中も見えるのですが・・小魚が見えるぐらいだったかな〜〜

ドブ海 - 1


ドブ海 - 1 (1)


ドブ海 - 1 (2)

朝、歩いた城壁のまさに外側^^

ドブ海 - 1 (3)


ドブ海 - 1 (4)


ドブ海 - 1 (5)



ドブロブニクのすごそばにあるロクルム島が近づきました。
この島への船便もあるのですが・・・実はここヌーディストビーチなんです。
初めてなので興味津々で見てしまいますが・・・「安心できないんです。履いてないから・・・」
というわけで、見てるほうが恥ずかしくなるぐらい、皆さんあけっぴろげで、他の写真は公開できません^^:

ドブ海 - 1 (7)


ぐるっと回って、ドブロブニクの岸が見えてきます。カヌーは少し怖いけど、楽しそう^^

ドブ海 - 1 (8)

城壁も!

ドブ海 - 1 (9)

こんなアクティビティもできるようです。

ドブ海 - 1 (11)

5月というのに、浜辺には海水浴客がびっしり!
真夏はヨーロッパやロシアの人々のバカンス先として人気ですから、すごい人出でしょうね〜〜

ドブ海 - 1 (12)

旧港に到着です。

ドブ海 - 1 (13)


この後は、夕食までフリータイムですが、もう観光しない人はホテルと夕食のレストランまでバスで送迎してくれるというので、私たちは5時半おきで歩きまわって疲れたので、もうホテルに戻って少し休むことにしました。

ピレ門外のバス乗り場まで少し時間がありフリーでそぞろ歩きます。


午前中にミサがあって入れなかった聖堂の中に入って見学したり・・・

ドブ2 - 1 (50)


ドブ2 - 1 (51)


もう一軒、自分用におみやげを買いたかったアクセサリー屋さんに寄ったら、13時から16時まではお休み時間でクローズ!
ガイドさんに話したら、そういうお店はおそらく本物しか売らないきちんとした店でしょうと・・・ちょっと?と言うお店もあるので買い物は気をつけてということでした。そりゃ日本のガイドブックに載るだけのことはありますね〜〜もちろん高級品ではなくて記念に銀ボタン程度を考えていたのですが、残念でした。

ドブ2 - 1 (53)


跳ね橋を渡って、ピレ門を出ます。

ドブ2 - 1 (60)

ドブロブニクも見納めです。

ドブ2 - 1 (62)

要塞のある港を眺めて、今回の旅を終えます。

ドブ2 - 1 (63)


ドブ2 - 1 (64)


ドブ2 - 1 (65)

今回は、初めてのヨーロッパ(とはいっても中心ではないですね・・)
そして、初めてのツァー参加でした。ツァーはたしかに安心感があるし、とても知識も豊富なガイドさんにいろいろ助けられました。それに、いろんな参加者の方々に刺激をいただきました。感謝でいっぱいです。
こういう国境を越えたり長距離移動の場合はツァーが良いのでしょうね〜〜


でも、次(があれば、)はなんとか個人旅行がいいかなぁ〜〜とも思う私です。もう少しポイントを絞ればね。
どうしてもお食事がね・・・好きなときに好きに食べたい気がします。
なんでも初めがあるのですから、何事も学習ですね。

まったくの余談ですが(^^;)、夕食のレストランでは台湾のツァー客が店内に居ました。その方たちが食事中ほとんど会話をせず、まるでお通夜のような雰囲気なのに、これまたびっくりでした。今までどこで会っても賑やかな中国人と思っていましたが、一括りにしてはいけないんですね〜〜これも学習でした。勝手な余談でした^^;



修道院 - 1 (3)



実に長々と、5月のスロベニア・クロアチア・少しだけボスニアヘルツェゴヴィナという旅の記録というか、日記を6月から9月に掛けて少しづつ延々と続けました。

拙い記憶用写真と文章を読んでくださった方に、深く感謝します。

この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(4) | ▲ top
<<鮎釣りと温泉、その1、南会津・古町温泉赤岩荘 | メイン | クロアチア・スロベニアの旅日記、26、ドブロブニクの旧市街>>
コメント
- 大人気の街 -
こんにちは。
お天気も良く,素敵な時間になっていますね!
この辺、アメリカ人の間では大人気の観光地なんですよ。
あの戦争の時は、破壊された橋やタワーがニュース映像で流れたりして,日常生活の混乱も含めて,ヤキモキしてました。
お猿さんがいないので、行くのはまだ先の事ですが、弾痕は残っていても,観光客が戻れる状況にある様子は観ているだけでも嬉しいですね。
2016/09/13 15:56  | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
- クロアチア・スロベニア -
中世の騎士があるていても良いような場所もありますね。

日本とは違った世界・・・
楽しませていただきました。
東ヨーロッパ・・・

失われた古い時代が残っているような気がします。
良い旅をしましたね。
2016/09/13 21:34  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- yokoblueplanet さん、こんにちは -

> お天気も良く,素敵な時間になっていますね!

5月はお天気に恵まれました^^
青い空と碧い海! これだけで良いと言う方が多いようですね^^

> あの戦争の時は、破壊された橋やタワーがニュース映像で流れたりして,日常生活の混乱も含めて,ヤキモキしてました。

単純に、プリトヴィツなどの自然遺産が見られれば十分とこのツァーに出かけたのですが、思いがけずに戦争の傷跡などに触れて、これもまた深く感じ入りました。

まだ傷は残っていますが、人間の再生能力も素晴らしいな〜〜とも思えました。
特に、南の青空は気分が楽天的になりますね^^
2016/09/14 11:08  | URL | われもこう #-[ 編集]
- オコジョ さん、こちらにもありがとう -
何人かの友人たちから、行って良かったと聞きまして、ぜひにと出かけてきました。

特別な自然景観を見たくて、お城には余り興味がなかったのですが、人間の歴史を考えるのもまた違う意味で楽しかったです。
他の人にも進められる旅先でした。

長々と記録してきましたが、記録する中で思い出したり調べたり(本来なら最初に調べるものかも?)するのも頭を使うのだと、自分勝手に納得しています(滝汗;)


ツァーというのは、夫婦共に生まれて初めてでして、旅慣れた仲間に聞くと、ツァーの中ではコース取りもガイドさんもかなり良い方だったそうですが・・・やはり集合時間が決められたり、食事が決まっているのは自分たちにはあまり合わないかと・・・何事も経験ですね^^

安全なところなら個人旅行のほうがハプニングは有っても良いものかなぁと〜〜寄り道がしたいですものね(笑)
2016/09/14 11:24  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |