2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
クロアチア・スロベニアの旅日記、25、ドブロブニクの城壁巡り
2016/09/10(Sat)10:00
スロベニア・クロアチア・少しだけボスニアのツァーもいよいよ大詰め
最終日はドブロブニクの観光です。宮崎監督のアニメ『紅の豚』の舞台として有名なアドリア海に面する港町です。

前夜にドブロブニクに着き、大手旅行会社ゆえの優遇か、城壁は8時開門ですが、7時に特別入場させてもらえます。

跳ね橋の有るピレ門
ドブロブニクの守護神「聖ヴラホ」像が出迎えてくれます。

ドブ2 - 1




ドブ2 - 1 (1)

入場口は日本の城と同じように広場と曲がり角で簡単には侵入できないようです。

ドブ2 - 1 (2)

朝早い旧市街に到着

ドブ - 1 (2)


フランシスコ修道院横の門から入場します。

ドブ - 1 (1)

入口の前に会った噴水が下に・・
結構高さが有るということは、けっこう階段を登るということです。
オノフリオの大噴水が右下にちらりと見えていますが、修復中で、下からは見ることができませんでした。

ドブ - 1 (5)


ドブロブニクはクロアチア最南端の街です。
旧市街を取り巻く全長2キロの城壁は遊歩道となっていて、これから反時計回りに歩きます。
(↓ 拡大します)

ドブ - 1 (84)


ドブ - 1 (6)


ドブ - 1 (7)


ドブ - 1 (8)


ドブ - 1 (9)


ドブ - 1 (10)


ドブ - 1 (14)


ドブ - 1 (16)


ドブ - 1 (18)

高校かな?

ドブ - 1 (25)

海からの外敵を監視していたのでしょう

ドブ - 1 (26)


ドブ - 1 (27)



ドブ - 1 (30)


ドブ - 1 (31)


ドブ - 1 (32)


ドブ - 1 (35)

その昔、交易船が入港すると、乗組員は、見える辺りにあった港の外にある隔離棟に入れられたそうです。
疫病が入り込まないように、病原菌の潜伏期間は市街に入れないという工夫がされていたそうです。

ドブ - 1 (37)

日が高くなるに連れ、遮るものがない場所なので、暑くなってきます。
早朝だったことで、日差しがさほど強くなかったことと、8時までは他の人が居なかったので、とてもゆったりと回る事ができました^^

ドブ - 1 (38)


ドブ - 1 (39)


ドブ - 1 (42)


ドブ - 1 (43)


ドブ - 1 (44)


ドブ - 1 (45)


ドブ - 1 (48)

また登るの?  アップダウンが結構あります^^;

ドブ - 1 (50)

(↓ 拡大します)

ドブ - 1 (52)


ドブ - 1 (53)


ドブ - 1 (54)


ドブ - 1 (56)

(↓ 拡大します)

ドブ - 1 (59)


ドブ - 1 (60)


ドブ - 1 (62)


ドブ - 1 (63)


ドブ - 1 (65)

統一された瓦の色のようですが、よくよく見ると微妙に色が違っています。
これは、紛争により壊れた瓦を修復しているからだそうです。どこをどう変えたか・・・地図が残っています。
(↓ 拡大します)

ドブ - 1 (83)




さて、ここでようやく城壁を一周しました。
似たような画像が続きましたが、自分の記録を兼ねているので、失礼しました。。




ここで、城壁から下りて、旧市街地の外に出ます。

ドブ - 1 (66)


ドブ - 1 (67)
ドブ - 1 (68)

先ほど歩いた城壁の外側です。


ドブ - 1 (69)


スルジ山の展望台へロープウエィで上るのです。
朝でしたので、一台待つだけで乗れました。この日のガイドさん、前日はここで一時間待ちだったそうです^^;
大きなクルーズ船が港に来ると、市街地も城壁もロープウェイもどこもかしこも大混雑になるそうで、ガイドさんたちはどんなクルーズ船が着いているかを戦々恐々として見ているようです。

ドブ - 1 (70)


観光ポスターとか絵葉書によくある絵柄です。

ドブ - 1 (71)


(↓ 拡大します)

ドブ - 1 (72)

後方は乾燥地帯のようです。

ドブ - 1 (75)


ドブ - 1 (77)


ドブ - 1 (78)


次第に下界に霧がかかるようになり、見えなくなる前でラッキーでした^^
(↓ 拡大します)

ドブ - 1 (82)
この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |