2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
クロアチア・スロベニアの旅日記、23、モスタルへ
2016/09/08(Thu) 10:00
翌朝、スプリットを出発してモスタルへ向かいます。
モスタルは、ボスニア・ヘルツェゴヴィナですので、途中クロアチアとの国境越えがあります。
ここは、スロベニア〜クロアチア〜ボスニア・ヘルツェゴヴィナ〜クロアチアと国境を超えるのと、長距離ドライブになるので、やはり最初はツァーが無難な旅のようです。

スロベニアからクロアチアに入るのとは、違う緊張感があります。
添乗員さんも少し神経質になっていて、決してカメラを出さないように指示されるし、どのくらいの時間がかかるかなど、その時の状況や係員次第のようです。

夏の海水浴シーズンになると、この国境越えがさらに大変になるそうで、時間が読めなくなって添乗員さん泣かせのようです。そういう意味では、ベストは夏と言われていても、ツァーは夏を外す理由の1つなのでしょう、もちろんバケーションで高くなるのも理由でしょうけど。

最初に通る予定の検問所が行ったら封鎖されてて、回り道・・・なんていう小さなトラブルはありましたが(どこにも案内は書かれていない!)、まずまず無事に通り抜けます。

さて、モスタル・・・今までの市街観光とは一味違っています。

いつもどおり、バス発着所から旧市街まで歩きます。

かなり新しい教会の横にあるバス発着所です。
隣には、旧ユーゴ時代のものと思われる集合住宅

モスタル - 1



街の雰囲気が・・・

モスタル - 1 (1)

ここも、いわゆる観光地なのですが、あの紛争の影響がいまだに残っているのです。

モスタル - 1 (2)

寂れた空き地にいる子ども・・おそらくジプシーというか・・・

モスタル - 1 (9)

壊れたままの建物、よく見ると銃弾や砲弾の跡があります。

モスタル - 1 (3)

橋の上にも、赤ん坊連れの物乞いの姿も・・・
ガイドさんからは「組織的な集団なので、決してお金を渡してはいけません」と注意されます。今までの街にもいなかったわけではありませんが・・・

モスタル - 1 (4)

さて、モスタルの街が見えてきまし。

モスタル - 1 (5)

モスタルはローマ以前から生活している民族がいて、それからローマ、ザクルミア公国、ボスニア王国、聖サヴァ公国、などと変遷し、15世紀から19世紀半ばまでオスマントルコの支配下に入るのです。
その後はキリスト教の影響が強くなり、第一次大戦後まではオーストリア・ハンガリー帝国、そして、 ユーゴスラビア王国を経てユーゴスラビア社会主義共和国の工業と観光の都市となっていくのです。

そして、例のボスニア・ヘルツェゴビナが独立宣言すると、1992年から1993年の18ヶ月間ユーゴスラビア人民軍に包囲され歴史的建物が破壊されたのです。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結の1995年以降、復興しているとは言われていますが・・・まだまだでしょうね。

だいたい、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が長引いたのは、とりわけ資源もなく豊かではないから、他の欧州の国々が紛争和解の努力をしないで放おっておいたからだという説もあります。

モスタル - 1 (6)


モスタル - 1 (7)


かなりエスニックな雰囲気

モスタル - 1 (8)


もうお昼ですので、旧市街観光の前にランチです。

レストランのテラスからは、対岸の景色や、世界遺産のスタリ・モスト(詳細は後で・・)などが見えます。

モスタル - 1 (10)


モスタル - 1 (11)


モスタル - 1 (12)


昼食後から観光出発前に、わたしが大失敗をやらかしました。

レストランから出て、相方が周りの風景を撮っていたら、オバサンに捕まって何やら話しています。
後で聞くと、「日本人かと聞かれ、自分の息子が日本の大学で教授をしていると・・スマホの写真を見せられていたそうです」

そのオバサンと相方の様子を私が上から撮っていると、

モスタル - 1 (13)

手前の女の子が自分を撮ってとポーズしているのです。

モスタル - 1 (14)

下の人たちの娘なのかと思ったら・・・この後に片手を差し出して「○ユーロ」と言われました(ーー;)

ヒェ~やられた! と、仕方なく財布を出したのですが、クーナ(クロアチアのコイン)しか入っていなくて・・1クーナだけ(15円ぐらい?)
チッと舌打ちされました。

ガイドさんには、基本的に子どもが一人で居たら物乞いと注意されていたのですが、家族でいると思い込んだ私が悪かったのですがね・・・・

平日の昼間ですから、子どもがウロウロしていることすら不思議だったのですね。教育の機会もないのかしらと・・・後味が悪かったのですが、ある意味、強烈な印象が残りました、


その時、相方が撮っていた橋、スタリ・モスト

モスタル - 1 (16)


モスタル - 1 (17)

モスタル観光はまた次に・・・



* この前の台風で被害が出たばかりなのに、また台風が来るようです。
  実は、今日からまた釣りと温泉に出かける予定なのですが、釣りは諦めるとしても、道路が通行できるかが心配です。
  クロアチアをいい加減に終わらせたいので、ここ数日は時間を見つけては写真の整理と予約投稿記事を慌てて作成中でして、訪問をサボリ中で失礼しております。
この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(2) | ▲ top
<<クロアチア・スロベニアの旅日記、24、モスタル旧市街 | メイン | クロアチア・スロベニアの旅日記、22、スプリット・フリータイム>>
コメント
- きをつけていても -
あらっと 思うことはありますね。
臆病なので 写真は これと決めたアングル以外は あまり
とりませんので いつも写真がないのです。複雑な歴史で 
覚えるのも難しいですが 世界史を復習する気分です。
2016/09/08 21:06  | URL | 小紋 #-[ 編集] ▲ top
- 小紋さん、こんにちは -

> 臆病なので 写真は これと決めたアングル以外は あまり
> とりませんので いつも写真がないのです。

しっかり、目で見て頭で覚えていれば写真はいらないかと・・・
私は、すぐ忘れてしまうんですw
自分の思い出の記録用にたくさん撮ってしまいます。

世界史をふりかえるのも大切だと感じました。
2016/09/11 13:56  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |