夏の信州、その4、沓掛温泉 満山荘
2016/09/05/10:00(Mon)
「満山荘」という宿の名前にピンッ!ときた方は、温泉好きな方でしょうね^^

実は、満山荘は以前は奥山田温泉にありました。
私も何度か泊まりたくてトライしたのですが、自分が行きたい週末にうまく予約が取れた試しがなかったのです。
しかも、奥山田は遠いので、なかなか行く機会がありませんでした。

それがある時、廃業!と聞いて、えぇ~~?!  残念無念でした。


ところが、今年の7月に高峰温泉に宿泊した折に、なんと『満山荘』のパンフレットが置いてあったのです。
しかも、場所を沓掛温泉に変えていました。沓掛なら松本からも近いし去年泊まった田沢温泉とは目と鼻の先、ダメ元でお盆の時期の空室を聞いたら、なんと空いていたのです。 宣伝もほとんどしていないし・・・ということでした。

確かに、高地で眺望が良い奥山田と、沓掛では違うかもしれないけれど・・・この時期に8月に入ってから予約が取れるなんて、言うことなしではないですか^^

義姉も誘ったのですが、お盆直前で忙しいと断られ、コボちゃんと3人で泊まることになりました。

日本秘湯を守る会の宿、満山荘です。

沓掛 - 1




駐車場からの眺め
ほんの少し高台に入ると涼風が吹いて、緑の木陰もあるし、車内泊のワンも涼しく過ごせます。

沓掛 - 1 (1)

実は、この宿、以前は「おもとや」さんという宿でしたが、後継者がいないので廃業するというのを満山荘さんが買い取られて、手作り感もあるリニューアルをされたようです。

奥山田の旧満山荘は、菅平のホテルが買い取ってこれまたリニューアルして営業を始めたようです。
あちらは、温泉設備の改修費用がかかるのが問題だったようです。


ロビーの様子

沓掛 - 1 (2)

沓掛 - 1 (5)

今回泊まった部屋です。
建物は古いですが、トイレ洗面を新しくしてあり、調度品はすべて奥山田から持ってきたものだそうです。

沓掛 - 1 (3)

洋室はもちろん、和室もこのように最初から布団が敷いてあるのは、私たちにはありがたいことです。
長距離ドライブの後はお風呂に入ってから、ゴロンと横になりたくなりますものね。。
ですから、温泉を予約するときは、あれば洋室にすることが私は多いのです。
夕食時にお布団敷きますとか、朝に布団を上げに入って来られるより、ずっと気楽です。

部屋からの眺め

沓掛 - 1 (4)



さて、お食事ですが・・・かつての満山荘の人気の理由はこれですね^^
布団は敷きっぱなしですから、お食事処です。

まず前菜・・・この山里で?!おしゃれ〜〜という驚きがあります。

沓掛 - 1 (6)

右は生湯葉で、左奥の背の高い食器の中は牛乳豆腐に柚子味噌

沓掛 - 1 (7)

天ぷらは、食事中に一点ずつ運ばれて大皿に盛られます。

沓掛 - 1 (13)


万願寺やまこもたけなどの野菜ですが、常に揚げたてを供されるのは嬉しいですね。

沓掛 - 1 (8)  沓掛 - 1 (10)

これは、十六穀米スープだそうです。
普段、味わえないような食事ができるのは楽しいです。

沓掛 - 1 (9)

スパイシーな牛ヒレと夕顔のお吸い物
肉を陶板で焼いたりすき焼きだったりというありきたりでない!
どの料理もスパイスやソースをうまく使っているようです。


沓掛 - 1 (14)

これは、大岩魚のジェノバ風ソースと書かれていましたが・・・

沓掛 - 1 (15)

思わず分解してしまいました^^;
ジェノバソースの上に長芋が乗り、焼き椎茸が重なり、岩魚のフライにミニキャロット
普通の宿なら岩魚の塩焼きでしょうね。高価な品を使っていないけど手間暇を厭わない、丁寧な食事作りは感心してしまいます。

沓掛 - 1 (16)

シメは野沢菜茶漬け

沓掛 - 1 (17)

デザートはりんごのシャーベットにマンゴーヨーグルトソース

沓掛 - 1 (18)

次に何が出てくるのか、ワクワクしてしまうお食事でした。ごちそうさまです。
ただ、ご主人もおっしゃってましたが、食事の内容からターゲットは中高年ですから、小さい子ども向きでは無いです。
コボちゃんは、元々食が細い子なので、ご飯にふりかけだけで満足してしまいました^^

2代目のご主人が、自分のほぼ人生をすべてかけてきた宿を手放してきた話などもしながら、軽快にサービスしてくれます。
これを機に、3代目さんがUターンして、一緒に働き出したようで、それはまた喜ばしいことでしょう。家族だけで経営するのは大変でしょうが、それなりの規模とやり方次第なのでしょう。


お風呂は、ぬる湯と言われていましたが、私にはちょうどよい具合で、日替わりで男女入れ替わるのですが、1つには露天もあり、掛け流しのお湯に大満足です。



朝ご飯はバイキング方式ですが、野菜も多くて、美味しくいただきました。

沓掛 - 1 (19)



今のところは予約は取り放題です・・なんて、笑ってらしたのですが、コスパも良いから、すぐに予約困難な宿になりそうですね。
この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(2) | ▲ top
<<夏の信州、その5,大法寺とお盆 | メイン | 夏の信州、その3,石仏たち>>
コメント
- こんばんは -
「おもとや」さんは「満山荘」さんに変わっていたのですね。
「おもとや」さんは。もう半世紀も前に何度かお邪魔したことがあります。小倉の湯は最近に行っていますが・・・
泊りでなくて、日帰りで部屋を借りてのんびりという感じでした。
昔は何処にでもある湯治中心の湯という感じでした。
素朴な宿でしたが、その雰囲気は残っているようですね。

沓掛温泉そのものは、別所や田沢温泉と較べると、人気はないのですが、山の湯という感じがあっていいですね。

ただ、こうなってしまうと日帰り入浴は無理のようですね。
泊りに行くには、こちらからは近すぎます。
2016/09/05 18:06  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョさん、こんにちは -

> 「おもとや」さんは。もう半世紀も前に何度かお邪魔したことがあります。小倉の湯は最近に行っていますが・・・

ええ、オコジョさんの地元近くにお邪魔してました^^

> 素朴な宿でしたが、その雰囲気は残っているようですね。

庭の池など、面白い場所ですよね。
のんびりしているので、別所温泉より雰囲気もお湯も良かった気がします。

> 泊りに行くには、こちらからは近すぎます。

なるほど〜〜、松本からですと、ゆっくりして行きたい場所になりますけど・・・まあ、近いといえば近いです。
2016/09/06 13:23  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |