夏の信州、その3,石仏たち
2016/09/04/10:00(Sun)
お蕎麦屋さんに、「望月の石仏たち」というガイドマップがおいてありました。
前記事の根神社の石仏以外にもありそうなので、少しだけ探し歩くことにします。

夏の午後の日差しがいっぱい・・・少々暑すぎ^^;

石仏 - 1


畑の端っこに

佐久 - 1 (14)

新町の馬頭観音と書かれていました。

佐久 - 1 (15)


マンホールのふたに馬の図柄
すぐ近く、道筋が一本異なるところに春日温泉という地域があり、そこは馬事公苑もあり、高原牧場に馬もいるらしくて、望月では馬が重要なことがこの絵柄でわかります。

佐久 - 1 (5)


旧道らしいところに出て、しばらく歩くと・・・

佐久 - 1 (19)


佐久 - 1 (20)


佐久 - 1 (21)


佐久 - 1 (24)

それぞれ、地域で大切にされている様子が伺えました。
もう少し見たかったのですが、なにしろ日陰一つなく暑すぎ! 車まで戻ります。

佐久 - 1 (23)

のどかで豊かさが感じられる地域です。

佐久 - 1 (26)

車で、元来た道を戻ろうとしたのですが・・・この先の道路がどこまで続くか知りたい運転手さんがいて・・・しばらく道なりに進みます。

すると、あちこちにまた石仏が・・・

佐久 - 1 (31)

まさに、道祖神

佐久 - 1 (16)

芭蕉の句碑だったかな?

佐久 - 1 (17)

可愛いお地蔵さま

佐久 - 1 (18)


佐久 - 1 (33)

入新町の双体自然石 道祖神という看板がついています

佐久 - 1 (34)


かなり摩耗していますが、寄り添っている姿が見られます

佐久 - 1 (35)


さて、集落がおわり、この先はヤブのようにも見えて、戻ろうかと思うころ

道路端に蝶が何羽も飛んでいるのが見えました。
水たまりに来ているようなのですが・・・こんな時に限ってiPhoneしかない
しかも、車に轢かれたのか死骸も多いのですw

佐久 - 1 (38)


車を停めると、また石仏が・・・

佐久 - 1 (36)

百番観音石仏群というところに来合わせたみたいです。

蜂も飛んでいるし、細い山道を上るのを渋るおチビをなだめながら登ってみますと・・・

佐久 - 1 (39)


百番の文字が読めます

石仏 - 1 (2)

ここはすごいですね〜〜

佐久 - 1 (40)

この右手に簡素なお堂がありました。
チビの手を引いているので、全体像は撮れなかったのですが、片隅にはヘビの抜け殻があるような・・・^^;

石仏 - 1 (3)

このお堂から眺めると、先ほど通り抜けた田畑や集落が見渡せます。

佐久 - 1 (41)

この格子戸の先に、何やら祀られている様子です。

佐久 - 1 (42)


お堂の先にも道があります。
ふくよかな石仏

佐久 - 1 (43)


佐久 - 1 (44)


草は刈られていて、それなりに手入れはされているようですが・・・
この先はさすがに足場が悪くて、チビのコボちゃんがどうしても歩きたくなくなり、ここで引き返します。

佐久 - 1 (45)

下へ降りてきてから、看板を読みますと、1629年にこの地に新田を開発した人が開基したものだそうです。
あの格子戸の先には木造の馬頭観音立像が安置されいたそうです。佐久の馬主たちが馬の供養と安全祈願で百体の観音像を寄進したと書かれていました。

(↓拡大します)
石仏 - 1 (4)

この看板の前にある道沿いに、小さな小川が流れているのですが、見たこともないぐらい大きく勇壮なヤンマが縄張りを誇示しているのか行ったり来たり・・・素晴らしい場所でした。



さて、この道、まだ続くのですが、戻るにも転回する場所がなく、もう少し進みますと・・・

これはまた!

岩壁に水が滴る場所に、赤みがないのでミヤマカラスアゲハかと思いますが、光沢のあるアゲハが群れをなしているのです。

佐久 - 1 (49)

(↓拡大します)こんな時に限ってカメラがないなんて!!(ーー;)

佐久 - 1 (48)


居た!という証拠写真だけですね〜〜
こんな奥なのに、すぐ近くに畑があり、人の姿が見えたので、相方がこの先の道がどこに通じるかを聞いてきます。


しばらく戻ってこないのです・・・なんか、話こんでいて、ようやく戻った時には大きなカボチャを手に(^^)
田舎の人って優しくていいですね〜〜

この先は養蜂場があるだけらしく、一応戻ったほうが良さそうです。


蝶は、この辺りではクロと呼んでいるそうですが、道にもたくさんいて、車に轢かれることも多いとか・・いくらでもいるよ〜〜とのことでした。



こんな素敵な風景が見られるから、やはり「ちょっと寄り道」は癖になってやめられないですね^^
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
<<夏の信州、その4、沓掛温泉 満山荘 | メイン | 夏の信州、その2,お蕎麦と根神社>>
コメント
- 望月の -
石仏はなんどか訪ね歩いていますが。百番観音石仏群はまだ行っていません。双体道祖神が好きなので、そちらが多いのと、ここは山深く、歩いて行くのが大変なので後回しになっています。一度行ってみたいところです。
春日温泉や布施の湯は何度も行っていますが。
ミヤマカラスアゲハですね。関東はミヤマカラスアゲハが中心ですが、こちらミヤマカラスアゲハばかりでミヤマカラスアゲハは貴重です。
2016/09/05 18:22  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョさん、またこんにちは -
> 双体道祖神が好きなので、そちらが多いのと、ここは山深く、歩いて行くのが大変なので後回しになっています。一度行ってみたいところです。

確かに、道もどん詰まりで、先進んで大丈夫かな?と言う場所でした。
望月宿は通りすぎただけですが、ゆっくり歩くと楽しそうでsね、ただ、この日は暑すぎました。

> 春日温泉や布施の湯は何度も行っていますが。

お馬さんに会いに行くのも良さそうですね〜〜
ミヤマカラスアゲハがあんなにたくさんいるとは!驚きました。
ミネラル分が豊富なのでしょうね?!
2016/09/06 13:26  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |