2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
GW前半は群馬で、その9、伊香保温泉
2016/05/20(Fri)10:00
4月30日

中之条を二日にかけてウロウロした後で渋川方面に向かい、到着したのは榛名山の中腹にある伊香保温泉です。
昔、親たちが元気な頃には、団体旅行・宴会などでしょっちゅう出かけていたようで、名前をよくきいた有名温泉地ですが、私たちは初体験です。
3月に榛名湖と榛名神社へ行って良かったから、一度は訪れてみようかな〜〜という気になりました。

00伊香保 - 1 (28)

十二ガ岳、中ノ岳、小野子山の1200m級の連山が目の前で迎えてくれています。
右端には2578mの日光白根山もチラと見えていました。




部屋から眺めると、左手遠くに谷川連峰が白く光っていました。こちらは、2000m級です。


伊香保 - 1 (25)


荷を置いてから、ワン散歩を兼ねて、伊香保を歩いてみましょうか。

伊香保 - 1 (5)

石段があるとは聞いていましたが、百聞は一見にしかず・・・
こんなに長い石段が旅館群の真ん中に伸びているとは思いませんでした・・・
全部で365段あるようです。

伊香保 - 1 (4)


石段の一番上には神社があるというので、上ってみます。

伊香保 - 1 (8)

伊香保神社です。参拝に並ぶほど人が多いです。

伊香保 - 1 (9)

この神社の先に源泉があるというので、すぐそこかと思って歩き出しますが・・・意外に遠くて20〜30分近く歩いたでしょうか?
湯元通りというらしいです。

伊香保 - 1 (10)

源泉の一つはガラスドームに覆われて、湧き出ているところが見らるようになっています。

伊香保 - 1 (13)

源泉のすぐ横に、露天風呂がありましたが、今夜は宿泊ですので立ち寄りはしませんでした。

伊香保 - 1 (11)


ベルツ博士の胸像がありました。
明治初期に、ドイツから招かれて医学を教えていましたが、草津を始め温泉や飲泉療法も勧めて、日本温泉医学の父と呼ばれているそうです。

伊香保 - 1 (12)


手前に飲泉所があります。
正直、かなり金臭くて、美味しい温泉水とはいえませんが、効き目はありそうな〜〜(笑;)

伊香保 - 1 (14)

ここの温泉は湧き出るときは透明だそうですが、鉄分が多くて空気に触れると茶色くなるそうです。
源泉が45度とは、ちょうど良い湯加減です。

伊香保 - 1 (15)

川床まで茶色く染まっています。

00伊香保 - 1


宿に戻るために、来た道を戻りましょう
橋の向こう側に駐車場がありますから、車でここまで上がれるようです。

伊香保 - 1 (16)


神社には戻らずに坂道を下って、見当をつけたあたりで中心街に戻りますと・・薬師堂に出ました。

伊香保 - 1 (18)

脇に石仏が幾つか置かれているのですが、そのうちの一つには、「明治15年に 子安観音を大隈重信氏の母井子刀自が寄贈」と書かれていました。(左手の大きいの)

明治時代のこの地の繁栄ぶりが伺えます。

伊香保 - 1 (17)


さて、石段に戻ってきました。

伊香保 - 1 (20)

夕方になると、さぁ〜と人波が引いていきます。

伊香保 - 1 (19)

昔の繁栄ぶりがうかがえる写真などもあります(拡大します)

伊香保 - 1 (21)


温泉の発見自体は、1900年前とか1300年前とか言われ、万葉集にも名が残っているそうです。
現在の温泉街が作られたのは、なんと戦国時代で、長篠の戦いで負傷した武田兵の療養場所として武田勝頼が当時上州を支配していた真田昌幸に命じ、整備されて、石段もこのときにできた!とか・・・

伊香保 - 1 (22)


今でも、この石段の下に源泉が流されています。
茶色の湯は、「黄金の湯」と称されているそうです。

伊香保 - 1 (23)


石段の途中には射的やお土産物屋さんが並んで賑わってはいます。

伊香保 - 1 (3)


伊香保 - 1 (1)

しかし、横道は、ちょっと寂しい
昼間の石段には、あれほど人が来るから、あまり気にならないのでしょうか?

伊香保 - 1 (24)

途中のお店に射的以外に目新しい面白そうなところがなく、おしゃれなカフェなんかあればいいのに、レトロだけで売っても古い感は否めないのですが・・・

お店によっては「冷やかしは禁止」のような、買わないなら入るなと受け取れる張り紙のお店もあって、それでは足を踏み入れることなんてできないですね〜〜それなりの事情もあるのでしょうけど、ちょっといただけない気がしました。

伊香保 - 1 (7)


せっかくの脇道にもう少し面白いお店を持って来れば活性化するのでは?とも思いますが、どうかな〜〜


石段街でさえ、廃墟になっている旅館があり、これはどこの温泉地にも言えますが、建て替えて生き返るまでは少し時間が必要なようです。




さて、今夜は老舗旅館、千明仁泉亭に宿泊します。
石段街のすぐ横ですが、中は閑静です。

伊香保 - 1 (26)

部屋からは、山々がよく見えます。
徳富蘆花の「不如帰」が置いてあり、この本にこの宿の名前が出てくるのですね^^
蘆花の定宿だったそうです。その頃は、もう少し下の、ハワイ王国大使別邸の近くだったそうです。

00伊香保 - 1 (17)

↓拡大します。 見える山の名前が書かれていて嬉しいですね

00伊香保 - 1 (1)


黄金の湯の露天風呂を堪能できました。

伊香保 - 1 (27)



00伊香保 - 1 (23) 00伊香保 - 1 (22)  


00伊香保 - 1 (24)   


00伊香保 - 1 (25)  00伊香保 - 1 (26)  00伊香保 - 1 (27)




翌朝は、静かな石段を眺めてから、ワンと早朝散歩です。

00伊香保 - 1 (2)

リキュウバイの季節です。

00伊香保 - 1 (4)

緑のありそうなところを歩くのですが・・・上り下りがえらい〜〜〜


00伊香保 - 1 (5)


00伊香保 - 1 (6)


温泉街は奥行きがあって、石段からかなり遠いところまであります。
確かに、石段の横は駐車場を持てる旅館は限られているようです。
遠い場所ほど規模的に団体客を受け入れられるような旅館が多いのかな? でも、こんなにたくさんの宿に供給できるぐらいお湯が豊富なんですね?!

00伊香保 - 1 (9)


斜面の途中にあるってことは、どこへ行くにも階段か坂道〜〜

00伊香保 - 1 (10)

温泉街らしいマンホールの蓋

00伊香保 - 1 (7)

これも可愛いい

00伊香保 - 1 (12)


00伊香保 - 1 (14)


贅沢にも、部屋で朝風呂浴びて〜〜

00伊香保 - 1 (18)


お腹を減らしてから、朝ごはん^^


00伊香保 - 1 (19)


00伊香保 - 1 (20)


GW前半終了日ですので、チェックアウトしたら、ささっと帰宅しましたので、珍しく渋滞には巻き込まれませんでした^^

伊香保 - 1 (6)




* GW前半の2泊3日の群馬の旅を、まあ長々と記録しました<(_ _)>

 いつも、あちこち行きたくて、ついロングドライブになるのですが、今回は群馬県内の近いところに絞ったので、割にゆっくり自然と遊び、温泉三昧の3日間を過ごすことができました。


 5月中になんとかGWのことをアップし終えようと、写真もたまりすぎたので削除したいと、少々焦って、だらだらと書いてしまいましたが、なんとか片付きました(やれやれ・・・^^;)

 GW後半以後のことはもう無しにするか、6月に入ってからか・・・

この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(2) | ▲ top
コメント
- 伊香保温泉 -
伊香保温泉は有名ですね。多分行ってないわね。
今、新潟へ行きたいと思っているところ。群馬と
近いようです。父親の出身地なので。
2016/05/21 07:18  | URL | あやめ #-[ 編集] ▲ top
- あやめ さん、こんにちは -

出かけていたので、お返事が遅くなりました <(_ _)>

> 今、新潟へ行きたいと思っているところ。

1か所しか行ったことはないのですが、新潟もいいところですね〜〜
ただ焼山が今は少々問題ありですから糸魚川方面はお気をつけください。
2016/05/31 17:46  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |