早春の榛名神社、その1、参道
2016/05/02/15:00(Mon)
北信州からいきなり群馬側に回って榛名湖へ着いた3月15日。
そのまま榛名神社へ回ります。 
ここは初めてでしたが、予想外に自然と一体化したスケールの大きな神社で驚きました。


0315榛名 - 1



隋神門、 元来は仁王門だそうですが、神仏分離で隋神門に・・・

0315榛名 - 1 (2)

この橋を超えると、右手の川があり、左右には崖が迫っていて自然のパワーをおのずから感じます。

0315榛名 - 1 (3)

川向こうの崖の中腹にある鞍掛岩。 不思議な造形です^^

0315榛名 - 1 (9)

参道がしばらく続きます。 700mぐらい? ところどころ凍ってます^^;
前日に降ったばかりの雪が残っていて、足元はしっかりしたハイキングシューズでも不安な状態です^^;

0315榛名 - 1 (5)

対岸は荒々しい雰囲気

0315榛名 - 1 (6)

かなり大きな杉!

0315榛名 - 1 (7)

杉の向こうに大岩出現!
この辺りから、大岩などのすごい自然がたくさん見えるようになります。

0403桜 - 1 (6)

夕日岳と朝日岳 があるそうですが、どっちがどっちかな

0403桜 - 1 (7)

その先に三重塔

0403桜 - 1 (8)


0403桜 - 1 (9)


0403桜 - 1 (2)


0315神 - 1

三重塔のすぐ横に大岩が迫っています。

0403桜 - 1 (28)


0315神 - 1 (1)


ひさしの道の中ほどに小さな祠  賽神社

0403桜 - 1 (15)

小さな橋の向こうの岩も怖いです


0403桜 - 1 (1)


0403桜 - 1 (16)

左手の大岩もすごい迫力!!

0403桜 - 1 (12)


この岩には切り込みと扉?があり、東面堂というようです。おそらく千手観音を安置していたところのようです。


0403桜 - 1 (18)

上の写真の左上にちょこっと見えるのが。こちら↓  石仏かな?

0403桜 - 1 (17)

榛名神社は今でこそ(明治維新より)神社ですが、古くから神仏習合が定着していたそうで、9世紀ごろの僧坊の遺跡も残るそうです。

(586年)に祭祀の場が創建されたと伝えられ、南北朝頃からは上野寛永寺に属していたそうです。
近世は、東叡山輪王寺宮兼帯所となり、榛名山巌殿寺・満行宮と称していた。明治の神仏分離により仏教色が廃され、元の榛名神社の社号に復したとのことです。


0403桜 - 1 (3)


左手の大岩の下にあるのは、万年泉
雨乞祈願の御神水を丈筒に受けて毀損するのが慣わしだったそうです。

0315神 - 1 (4)


階段を上がると、ようやく手水所が見えますが・・・

0315神 - 1 (5)

今度は右手に氷柱?


0315神 - 1 (3)


どうやら、この上から落ちてくる滝?が凍りついているようです。
自然の造形力に脱帽です。

0403桜 - 1 (19)


なんとも難しい名前ですが、 暦抒楓(れきじょふう) 瓶子(みすず)瀧

0315神 - 1 (6)


0403桜 - 1 (5)

この滝には圧倒されます。


ここまでが参道で、これからいよいよ境内です^^。
続きはまた・・・


この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
<<早春の榛名神社、その2、境内 | メイン | キセキレイ>>
コメント
-  -
凍った滝はすごみがありますね。
私が訪れたのは11月はじめでしたが、冬の榛名神社は迫力がありますね。紅葉の時期でしたが、冬もいいですね。歩くのは大変そうですが・・・
榛名講で知られた上州の名社、参道を歩くだけでも迫力がありますね。見どころ沢山ですよね。
懐かしく拝見させていた焚きました。
2016/05/02 15:38  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョ さん、こんにちは -

> 私が訪れたのは11月はじめでしたが、冬の榛名神社は迫力がありますね。紅葉の時期でしたが、冬もいいですね。歩くのは大変そうですが・・・

紅葉シーズンは綺麗でしょうね〜〜
初めて行ったので、壮大な景色に驚きました。

3月半ば、おそらく最後の雪でしたね。歩くのは少し神経を使いましたが、なかなかの壮観でした。
2016/05/03 10:35  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |