早春の北信州へ、その1真田屋敷
2016/04/16/10:00(Sat)
3月半ばに、温泉が第一目的、第二目的は〇〇で長野県の北のほうへ出かけてきました。
宿だけ決めて、あとは行き当たりばったりなのはいつものことです。
北信州と呼んで良いのかどうかよくわからないのですが、一応宿はその範囲のようです。

今年の3月(2016年)は、当初は暖かくて、桜の便りも早いという予報でしたが・・・
3月半ばはとても寒くなりました。去ったはずの冬将軍の再来です。

そんなわけで、2月の終わりに見たときは黒かった妙義山が、今回は白いです。

0313 - 1



おそらく山頂は雪が降っているのでしょうね。

0313 - 1 (2)

浅間山も2月に見た時より断然白いっ

0313 - 1 (3)

中野まで高速で行くつもりでしたが、急ぐ旅ではないので、小諸で下りることにしました。
最近は、この高速道路の橋が信州らしい風景の一つになっています^^;
前回をこの上を通ったのですが、今回は下道です。

0313 - 1 (4)


途中で、看板を見つけて、急きょ横道に入ることにしました。
別に、ここを目的にはしていませんでしたが、すぐ近くを通るなら寄り道OKです^^

真田氏歴史館です。

0313 - 1 (5)

とはいえ、表を見ただけで中には入らず・・・^^;

0313 - 1 (6)

それより、御屋敷公園の方が面白そうです。
土塁が築かれています。真田氏が上田城を築城する以前の、真田在住時代の居館跡だそうです。

0313 - 1 (7)

六文銭!!
この館は、中世豪族の居館の形態が、ほぼ完全な形で保存されており、後世の大真田氏に発展した貴重な遺跡として、昭和42年長野県史跡に指定されました。
中央よりに祀られている皇大神宮は、真田昌幸が上田城に移る際、屋敷の荒廃することをおそれて、勧請したものと伝えられています。

0313 - 1 (8)

居住地跡を神社にしてしまったのですね〜〜昌幸の深慮のおかげで今に残っているわけですから、さすがです。

0313 - 1 (9)


(↓クリックすると拡大します)

0313 - 1 (32)


この松は立派です。 御北の松で、真田家二代の信綱の正室が亡き信綱を偲んで植えたと伝えられ、植え継がれてこの樹は樹齢200年越えだそうです。

ここにいらした地元の方によると、手入れが大変で、お金もかかるとのこと・・・

0313 - 1 (11)

御手水石(みたらしいし)
寛永6年(1629)か寶永6年(1709)かはっきりしないそうですが、水鉢正面の模様から本田家(信之の正室小松姫の生家)から贈られたと伝わっているそうです。

0313 - 1 (12)


0313 - 1 (33)


0313 - 1 (13)

とても寒い日でしたが、地元の方達がボランティアで、案内やお茶を振る舞ってくださっていました。
1年前からやり始めたそうですが、今年に入ってから急に観光客が増えたそうです。こうした地元の地道な努力は素晴らしいですね。この日はとても寒くてお客も少なかったです。外でじっとしていると冷え込みます。
大河の放映が終われば、忘れられちゃわないかな?

0313 - 1 (14)


前日の雪が木の上で凍っていて、それが時々落ちてくるのです、氷の礫の攻撃を頭に受けましたが・・・毛糸の帽子が受け止めてくれました。それでも痛かったので、かぶっていなかったら大変でしたょ〜〜

0313 - 1 (16)

向こうに見える(多分奥の)山の中ほどの平らなところが〇〇城址と教えてもらいましたが、名前は忘れちゃいましたね^^;

0313 - 1 (17)

大手門跡  石垣が残っています

0313 - 1 (18)

横の杉の木も大樹です

0313 - 1 (19)

こちらにも土塁

0313 - 1 (20)

堺雅人さんや草刈さんの顔がちらつきましたが、小規模の城址で、当時の豪族の暮らしが少し見えてきた気がします。
この記事のURL | おでかけ | CM(6) | ▲ top
<<甚大な被害 | メイン | 活動期?!>>
コメント
- 信州 -
私も先日行きましたが、信州は車が楽ですね。
この山も碓氷峠から眺めましたが、近くへは行かず。
真田城も松坂に有るのですね。松坂駅は廃止になっていました。
信州の地方は何か懐かしくてまた行きたいです。
2016/04/17 04:59  | URL | あやめ #-[ 編集]
- あやめさん、おはようございます -
> 私も先日行きましたが、信州は車が楽ですね。

そうですか。。。車でしか行ったことがないので菅、バスもいろいろ使えるようではあります。
でも、家族の人数分の車・・・というところが多いです。

> この山も碓氷峠から眺めましたが、近くへは行かず。

この山は、登るには難所でしょう。一般人には眺めて面白い山ですね^^

> 信州の地方は何か懐かしくてまた行きたいです。

ええ、信州は広いんですよ〜〜地震はあるかもしれないけれど^^;
良いところたくさんあります。夏の高原も数日滞在すると面白いと思います^^
2016/04/18 09:58  | URL | われもこう #-[ 編集]
- こんばんは -
真田に寄ったのですね。
ここは上田市ですから東信、つまり東信濃です。
境を接する坂城町や長野市松代は北信濃になります。真田から地蔵峠を越えれば松代で北信濃と東信濃の境目ですね。大きい意味では北信濃でもそう間違いはないようですね。
>向こうに見える(多分奥の)山の中ほどの平らなところが〇〇城址と教えてもらいましたが、名前は忘れちゃいましたね
〇〇城址は松尾古城ですね。真田氏の城とも言われますが、詳しいことは判らないというのが本当のところのようです。この地域を支配した海野・滋野一族の古城であることはほぼ間違いがないことでしょう。真田氏も海野・滋野一族ですから、その可能性があります。
その手前の平らな山が、真田本城です。真田幸隆の本城ということです。車で城の入口まで行けます。松尾古城は標高差200mの山歩きとなります。一度行ってみたいとは思っていますが、果たしていません。真田丸ブームが忘れ去られたら行ってみたいと・・・

熊本大変ですね。
一日も早く、復興に向かってほしいと祈ることしかできません。
2016/04/18 18:17  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョさん、こんばんは -

> ここは上田市ですから東信、つまり東信濃です。

ええ、寄り道ですので〜〜この日の目的地は上林温泉でした。
中野から行けば楽ですが、物好きなので菅平を超えて行きました^^;

> 〇〇城址は松尾古城ですね。真田氏の城とも言われますが、詳しいことは判らないというのが本当のところのようです。
> その手前の平らな山が、真田本城です。真田幸隆の本城ということです。車で城の入口まで行けます。

そうですね、行かれるとは聞きましたが、お昼にはもっと北へ行きたかったので、パスしました^^
真田丸は好きで見ていますので、近くへの立ち寄りはしましたが、山の城址まで見ておきたいとまでは思わなかったのです。

> 熊本大変ですね。

ぐらっと一回では終わりそうもなく、心配が募りますね。
2016/04/18 23:32  | URL | われもこう #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/19 20:51  | | #[ 編集]
- 鍵コメさん、こんにちは -
あら〜〜二日違いでしたね!!
それはそれは、同じ日ならすれ違ってたかも(笑)

あそこでは丸見えでしたでしょうにね?!!
2016/04/20 11:01  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |