2017/04 ≪  2017/05 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/06
冬の福島その1、会津の飯盛山とさざえ堂
2016/03/21(Mon)10:00
昨年の10月の初めに磐越に旅してる最中に帯状疱疹となり、最後の会津鶴ヶ城は、体調の悪い中での見学でした。

良い思い出はなかったのですが、4ヶ月も経ちますと体も回復してきたので、前回行かれなかった旅の続きをしようかな〜〜ということになりました。

ほぼ1ヶ月前の旅の記録なので、記憶がややおぼろげになっています^;

0220 - 1




さて、2月の半ばに東北道を北上して、再び会津の地を踏みます。この日も前夜から頭痛に悩まされ、バファリンも効かなくて、会津とは相性が悪いのかも!などと嘆きながら、昼にとうとうロキソニンを服用して会津に到着する頃に、ようやくお薬が効いてきました。旅行前に慌ててあれこれ片付けたり準備をするので、いつも行く前に疲れてしまうようです。


まずは、白虎隊自刃の地として知られる飯盛山へ向かいます。体調がイマイチでしたので、エスカレーター(があるのです)で登ります(笑;)

この桜は、太夫桜とか
高さ13m、13m、周囲5.5mのエドヒガンザクラで、石部桜と共に会津の2大老樹ということで、天然記念物だそうです。
桜の季節は美しいことでしょう

0220 - 1 (2)


白虎隊のお墓にそぐわない西洋式のポールに、まず度肝を抜かれます。
白虎隊士の精神に深い感銘を受けたローマ市から、昭和3年に寄贈された寄贈された碑だそうです。

0220 - 1 (4)

この円柱はベスビオス火山の噴火で埋没したポンペイの廃墟から発掘した古代宮殿の柱だとか・・・

「武士道の精神に捧ぐ」と刻まれた文は、大戦後の占領軍の命令で削られたというのは、ちょっと寛容でなさすぎて残念ですね。

0220 - 1 (28)

さて、お墓参り後に楽しみにしていたのは、さざえ堂です。
展望台から眺めるというか見下ろしてみます。

0220 - 1 (9)


前に内部をTVで見たので、これは見たかったのです。
体験してみて、やはりとても興味深く面白かったです。

0220 - 1 (10)


不思議な形です。正式名称は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」。
寛政8年(1796)福島県会津若松市の飯盛山に建立された、高さ16.5m、六角三層のお堂です。

0220 - 1 (11)


これは、隣にある別のお堂、宇賀神堂です。白虎隊十九隊士の霊像が安置されています。

0220 - 1 (13)

さて、いよいよさざえ堂

0220 - 1 (12)

正面に入って、左側のかいだんというかスロープを上ります。

0220 - 1 (29)


0220 - 1 (14)

真ん中がどうなっているのか、不思議な建物です。

0220 - 1 (15)

この辺りが一番上です。

0220 - 1 (16)

天井   天井まで中心柱があるわけでもないのです。

0220 - 1 (17)

そのまま下っていきます。

0220 - 1 (18)

先ほど上った向こう側が見えます。

0220 - 1 (19)

この二重らせんのスロープで、上りと下りは別の通路で交わることもなく、とても独創的な建造物です。
平成8年に国の重要文化財に指定されたそうです。


下には、厳島神社の鳥居や表参道と流れが見えています。

0220 - 1 (21)


下から見上げるとこんな感じです。

0220 - 1 (22)

この水流は洞窟から流れ出ていています。戸ノ口堰洞穴といい、猪苗代湖から会津地方へ水を引くために作られた堰だそうです。
ちなみに、白虎隊は、この堰洞穴を利用し洞窟を抜けて飯盛山に着いたあとで、鶴ヶ城の炎上を見たそうです。

0220 - 1 (23)


厳島神社
永徳年間(1381~83)に建立されたと伝えられる歴史のある神社だそうです。

0220 - 1 (24)


0220 - 1 (25)


この後は、旧滝沢本陣跡をチラ見します。
戊辰戦争の折には本営となり、白虎隊士が出陣した場所だそうです。


0220 - 1 (27)

失わなくて済んだかもしれない若い命を思うと、いつの時代でも複雑な感情が湧きます。




* この旅の間、私と相方のカメラ、それにiPhoneで撮っていますので、それぞれで色調などがかなり違っていますが、あしからず・・・・


*連休ですので、予約投稿して出かけています。。
この記事のURL | おでかけ(東北) | CM(4) | ▲ top
コメント
- 私は「予約投稿」を多用しています。 -
■われもこう様。
予約投稿との由ですが、私は「予約投稿」を多用しています。
私のブログは「文芸」を主としていますので、「季節」を合わせればいいので、予約しやすいのです。
ところで「帯状疱疹」が根治していないのではありませんか。
無理をなさらないように。
では、また。
2016/03/22 05:35  | URL | sohya #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
最近、帯状疱疹という言葉をよく聞きます。
薬はあるけど、治療のタイミングを間違うと
完治しないと言われて、少しビビッています。
普通の発疹と区別が難しいのが発見が遅れる
原因になりますよね。
2016/03/22 12:56  | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] ▲ top
- sohya 様、こんばんは -
> 予約投稿との由ですが、私は「予約投稿」を多用しています。
> 私のブログは「文芸」を主としていますので、「季節」を合わせればいいので、予約しやすいのです。


そうなんですね〜〜毎日更新なさるので、本当にすごいお力だと感服します。
あれだけの文章となると、ちょこっと書くわけにはいかず、やはりそれなりにぎんみや推敲もされて時間もかかることでしょう。
sohya 様は知力だけでなく体力も素晴らしいです^^

私などは、ちょこっと下書きしている記事はあるのですが、予約投稿できるものまではなかなかで、すぐにタネ切れになり、慌てて書いてしまいます。


> ところで「帯状疱疹」が根治していないのではありませんか。

根治というとどうなんでしょうね〜〜もう治療はしていないのですが、痒みやうづくような痛みはあります。
これは、神経を痛めたために残る痛みだそうで。病気として治っていないわけではないとか・・・面倒なものです。

薄紙を剥ぐように、体力や気力は戻ってきていますが、以前よりセーブしているつもりです・・・かな?
遊びすぎかも・・・^^;

2016/03/22 18:05  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- 君平さん、こんばんは -

> 最近、帯状疱疹という言葉をよく聞きます。
> 薬はあるけど、治療のタイミングを間違うと
> 完治しないと言われて、少しビビッています。

確かに、薬が早ければ早いほど、すぐによくなるようです。

> 普通の発疹と区別が難しいのが発見が遅れる 原因になりますよね。

痛みが全然違うから、すぐにわかるのですが、、私のように旅行中だったりすると遅れる原因になります^^
発疹は痛みの後から来るんです・・出た時は遅いぐらい(^^;)
2016/03/22 20:12  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |