2015年大晦日、その2,三嶋大社
2016/01/08/17:00(Fri)
三嶋スカイウォークの次は、大晦日の三嶋大社です。

ちょうど一年前の2015年の正月は修善寺で過ごしましたので、その帰りに寄ってみようかと思ったら、ものすごい渋滞の列に巻き込まれた挙げ句に駐車ができなくて初詣を断念せざるを得なかったという苦い思い出があります。まあ、有名どころへの初詣は軽率には出かけられませんね。

151231三島 - 1 (15)

大晦日の真夜中から混み始めて、翌日は昨年と同じように猛烈に混むのでしょうが、一日前ですからまだまだ余裕です。


総門

151231三島 - 1 (14)

社務所も立派です。

151231三島 - 1 (13)


お札などは準備中ですが,まだ売り出されてはいません。

151231三島 - 1 (12)

舞殿 由緒ある彫刻などがあるのですが・・・この日はお参りだけ。。

151231三島 - 1 (11)

本殿が見えてきました

151231三島 - 1 (10)


こちらの彫刻も素晴らしいものだそうで、本殿は重要文化財だそうですが、この日はじっくり拝見はしないでお参りだけです。
お正月には大鳥居からここまで1〜2時間はかかるのでしょうね?

151231三島 - 1 (9)

古くから三嶋にあり、奈良・平安時代の古書にも記述が残るそうですが、なんといっても源頼朝が深く崇敬したことによって、伊豆の国一宮の名声が高まったのでしょう。


この木はキンモクセイですが、学名は薄黄木犀(うすきもくせい)
樹齢1200年と推定され、昭和9年には国の天然記念物に指定されています。
頼朝や北条政子もこの花と香りを愛でたのでしょうね。

9月上旬より中旬にかけ、黄金色の花を全枝につけ、再び9月下旬より10月上旬にかけて満開になるという、不思議な咲き方をするそうです。

151231三島 - 1 (8)

社務所の横のこちらも大樹です。

151231三島 - 1 (16)

これは、芸能殿、演武やお神楽などが披露されるのでしょうか?

151231三島 - 1 (17)


三嶋大社にきたのは初めてではないのですが、この神鹿園は今まで気づかなかったかな?
大正時代にならから譲り受けたそうですから、ずっといたんですね^^

151231三島 - 1 (18)

春日大社への支払いは,ほとんどが三嶋や静岡浜松などの呉服商からの寄付でまかなわれたそうです。
鹿のエサも売られていましたが、今は金網越しだけです。

151231三島 - 1 (19)


駐車場へ戻る途中に、祓所神社がありました。

名前からすると、12月31日ちょうどこの大晦日に大祓が行われるのではないかと思われますが、まだ静かで何も用意はされていませんでした。

両脇は湧き水でしょうか? 柿田川のような清流ではなかったですが・・・

151231三島 - 1 (31)


151231三島 - 1 (30)

この浮き上がった木の根元は凄い迫力です。

151231三島 - 1 (29)





この記事のURL | おでかけ | CM(0) | ▲ top
<<2015年大晦日、その3,三島でランチ | メイン | 2015年の大晦日、その1,三島スカイウォーク>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |