2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
石老山顕鏡寺、軽い登り^^
2015/11/09(Mon) 10:15
ヤビツ峠から丹沢ホームあたりの川で遊んだ後、相模湖から中央道に回って帰宅するはずでしたが・・・

ふと、道路脇の「石老山」という看板が目についてしまって、いつものごとくのお立ち寄りです(^^)

TVで紹介されたのを見ていたこともあり、まずは相模湖病院の駐車場に車を停めさせていただきます。
日曜のお昼前ですから、患者さんには影響がないはずです。

石 - 1 (2)



この子には、新しものがり屋のとうさんがゴープロを装着(^^)

石 - 1 (1)

さて、登り始めはこんな感じです。

石 - 1 (3)

いきなり、こんな道になるのですが、前夜に雨が降っていて、階段はところどころ滝になっていました^^;

石 - 1 (4)

とにかく、登りはじめたとたんに、大岩・奇岩がゴロンゴロンしているんです

石 - 1 (5)

大きさ、わかりますね

石 - 1 (6)

この岩だらけの道は、石老山顕鏡寺の表参道だそうです。

石 - 1 (7)

大変というよりは、ここまでくると、楽しいという感じになります。
フーフー言ってはいるんですけどね〜〜

石 - 1 (8)


石 - 1 (9)

濡れているから、慎重に歩かないと滑ります。

石 - 1 (10)

石 - 1 (11)

度肝を抜かれるような大岩ばかり!

石 - 1 (12)

湿気が多いからか、シュウカイドウの花やホトトギスが咲いていました。

石 - 1 (13)

岩には皆、名前が付いていたのですが・・・時間が経っているので、少しあやふやです。
多分、これは「駒立岩」
一番有名な巨岩で、一千年の昔に、京都の三條殿の若君と八條殿の姫君が住居となる岩窟を探す時にこの岩で休憩したといういわれがあるそうです。
高さ11m、横幅17mだそうです。

石 - 1 (14)

大きい岩が「男岩」で、直立した小さい岩が「力試岩」

石 - 1 (15)


やっと、顕鏡寺についたようです。この階段が最後の登りです。40〜50分ぐらいでしたかしら?
真正面に見える大きな杉の木が、「蛇木杉」です。

石 - 1 (16)

名前の由来は、この根っこですね。カメラに収まりきれない長さです。

石 - 1 (17)

すごい迫力です

岩 - 1 (1)

上に見えるのは鐘楼で、六地蔵も見えています。お地蔵の方まで蛇の根っこが伸びています。

石 - 1 (18)


石 - 1 (19)

こちらが、山門
境内に入ると、眼下の眺めも良いのです。


石 - 1 (20)

この顕鏡寺さんを後で調べたら、かの「柳原白蓮」さんの菩提寺だそうです。例の「花子とアン」の蓮子さまですね。


ここは岩屋、ここも歴史のある伝説があるようです。

岩 - 1



さて、石老山の山頂はこの鐘楼の上を少し登るだけらしいのですが、ぬかるんで足元が悪い時に、これ以上の登山はしたくないのでここで 戻りました。ここは一周して4時間ほどのハイキングコースの一角にあたります。

石 - 1 (21)



岩 - 1 (3)


さて、行きはヨイヨイ、帰りは〜〜この石ゴロゴロ水ビチャビチャの道を降りるのか!?は恐怖でしたが〜〜なんと、なだらかな車が通れる道があったんです(笑;)
まあ、お寺ですから当たり前でしょうね^^

岩 - 1 (5)

帰りは、ぶらぶらとゆっくり歩いて、駐車場まで戻りました。でも、この石ゴロ参道を通らなければご利益が減りそうな気がしますね^^

岩 - 1 (7)


時間はかからないけれど、股関節を目一杯伸ばすようなこの道を一週間に2回ぐらい歩くと、かなり健康に良さそうな気がしました。短いし楽しいので、近くの人ならばとても良い散歩道?です。

この記事のURL | おでかけ | CM(6) | ▲ top
<<Mac OS X バージョンアップしてみたら・・・(コウム) | メイン | ヤビツ峠越え>>
コメント
- こんばんは -
こういう参道好きです。
雰囲がありますね。
昔は良い道だったのでしょうね。
今は登山コース・・・・
下るのは大変ですね。
良い道があってよかったですね。
2015/11/10 21:25  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
- 白蓮 -
なかなか雰囲気のあるところですね。
車での旅は羨ましいです。
最近は歩くのが苦手で困ります。
2015/11/11 11:56  | URL | あやめ #-[ 編集] ▲ top
- オコジョさん、こんばんは -

> 昔は良い道だったのでしょうね。
> 今は登山コース・・・・

けっこう足腰に来る参道です^^
回りはそんな雰囲気ではなく、ここだけ岩だらけ!なので驚きました。

> 下るのは大変ですね。

水気が多いから、この道で降りたらビショビショ覚悟でしたから、平坦な道があって助かりました。
でも、山頂まではあと少しでしたが、無理しませんでした。
2015/11/11 22:01  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- あやめさん、こんばんは -

> 車での旅は羨ましいです。

そうですね。相方が運転好きなのでたすかるというか、すごいところに連れて行かれるというか・・・

> 最近は歩くのが苦手で困ります。

電動ウォーカーでせっせと歩いて足腰鍛えてください。
私の行ってるジムでは、ウォーカーのスピードを極端に落として(1.3ぐらい?)ゆっくり歩いたり、2.0ぐらいにして「なんば歩き」というのでしょうか、手と足同じ方を出して歩いたりすると、脳と体に良いと言われて実践しています。倒れないよう手すりを使ったり気をつけて、たまに試してみてください。
2015/11/11 22:08  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- 大石 -
地球の成り立ちを勉強する機会があって 気の遠くなるような時を経て 
大石や 鬼の洗濯岩が できたんですって。このでかい石も地球生成の
ときのものでしょうか? とにかく大きいですね。
2015/11/15 18:21  | URL | 小紋 #-[ 編集] ▲ top
- 小紋さん、こんばんは -
> 地球の成り立ちを勉強する機会があって 気の遠くなるような時を経て 

聞くところによりますと、第三紀の礫岩とあるのですが・・・・
第三紀とは、現生生物に近い生物の化石が出る時代とあるのですが、何百万年も前?よくわかりません。
気が遠くなるぐらい前にできた地層なんでしょうね〜

相模湖に面していて、山は700mぐらいですから、初心者ハイキングルートなんですが、変化があって面白いです。
お寺も平安時代にはあったというから、こんな山奥に!不思議な感じです。
2015/11/15 22:23  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |