東北の寺社と温泉巡り、その19、立石寺その3
2015/09/10/11:30(Thu)
さて、いよいよ山寺で眺望が良いところへ向かいます。
こちらのお堂は、下から見上げた百丈岩の上に建立されています。

山寺IMG_4711




開山堂と五大堂の説明 (↓クリックすると拡大します)

00山寺DSCF2355



こちらが開山堂、開山と伝えられる慈覚大師の像が祀られているそうです。

山寺IMG_4686


そして、隣にある、岩の縁にぎりぎり建つ朱塗りの目立つ堂が納経堂
慶長7年(1599)の建立だそうです。

山寺DSC_0170


山寺IMG_4688


開山堂と納経堂の隙間から垣間見える眼下の景色
百丈岩の上に建てられているのですから、この下は絶壁ですね。

山寺IMG_4690


お参りしてきた各お堂の向こう側の岩肌に見えるのは、修業の場や岩壁に張り付いているような胎内堂

通行止めになっていて、一般人は行かれません


山寺DSC_0168

その昔、こんなに足場の悪いところに材木を運びあげて建立するって、凄いことですね。

山寺DSC_0169


山寺DSC_0166


開山堂の右横にある石段を更に上にあがります。
大きく張り出している舞台のようなのが五大堂

山寺IMG_4702

五大明王を祀る道場だそうです。右には小さな祠も・・・この先は通行止め。

山寺IMG_4700


修行の道場なのでしょうが、私たちにとっては、とても素晴らしい景観の展望台(^^;)
この日も(今回の旅行中はずっと)好天に恵まれて、青空のもと遠くを見渡すのは気持ちの良いことです。
自分の足で登ってきたのでなおさら爽快です。


山寺IMG_4694

さすがに絶景です。
車を停めた門前町も、さきほど食事しながら山寺を見ていた芭蕉記念館もあります。
こうして眺めると、けっこう高く登ったのだと実感できます。

山寺IMG_4696

かねてから行きたいと願っていた山寺参詣がようやくできたという満足感で、五大堂を後にします。

先ほど上ってきた中性院のあたりを見下ろし、向こう側の胎内堂や修行の岩場をもう一度眺めます。

山寺IMG_4704

(↓クリックすると拡大します)

00山寺IMG_4705



登る途中で見た大杉が下の方に見えます

山寺IMG_4708


さあ、後はとんとんと下へ降りるのですが、下り終わる頃になって膝に来ました〜〜登るのより下るほうが足への負担が大きい気がします。


この山寺、1070段の階段がどんなに厳しいかと最初は思ったのですが、意外にも楽でした。
その理由は、ひとつには次々に見どころが現れ、見学しながら休み休み登れるということ。
もうひとつは、階段の幅と段差の高さがとても歩きやすく作られていたからだと思います。ここのはとても絶妙な階段です。


私が以前に一番辛いと感じたのは、身延山久遠寺の階段でした。段数は、287段と少ない気がしますが、一直線に上がっていく上に一段の高さがとても高いので、一段ずつヨッコラショと足を上げなくてはならなかったのです。しかも、勾配がキツクて、下を見るのが怖いほどで、手すりに掴まってようよう登っていきました。しかも、あちらで、私よりあきらかにかなりおねえさまと見受けられる方がヒョイヒョイと軽々と登っているのを見たときは、自分の体力の無さに愕然としたのも覚えています。もっとも、そのおねえさまが、ヒーヒー言いながら登る息子さん(私と同年輩ぐらい?)を待ちながら遅いね〜〜と・・・(笑;)


山寺DSC_0171

登り口まで戻ってきました^^

本当は、根本中堂とは反対側の本坊を通り抜ける出口があったようですが・・・・せっかちな相方とワンがどんどん先に行ってしまうので、登ってきた道の方へ戻ってしまいました^^;

おかげで、神楽岩を見損ないました。
なにか見そこねて残念に思うときは、またここへ来る理由が見つかったと思えばいいのかも知れません(^^)

山寺IMG_4717


2時過ぎに登り始めて、もう4時過ぎました。
この日の足の疲れを癒す温泉♨までは、あと少し・・・・先を急ぎます(^^)














この記事のURL | おでかけ(東北) | CM(2) | ▲ top
<<よく降りました。。 | メイン | 東北の寺社と温泉巡り、その18、立石寺その2>>
コメント
- こんにちは -
五大堂からの展望は素敵ですね。晴れていてよかったですね。
ここから見ると凄い所にお寺を作ったものだと・・・
私の時は雲が多くて、山がこれほどに見えませんでした。
その後の山形市内見物は土砂降りの雨と雷・・・
軒先で30分以上雨宿りさせられました。
どうも、心がけが違うようです。
2015/09/11 12:10  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョさん、こんにちは -

> ここから見ると凄い所にお寺を作ったものだと・・・

登る途中は展望がないので、ここまでとは思いませんが、五大堂から見ると、本当に高く登ったなぁと感じます。

> その後の山形市内見物は土砂降りの雨と雷・・・
> 軒先で30分以上雨宿りさせられました。

それは残念でしたね〜〜私は7月初めなので、梅雨を覚悟してましたが、・・・今年はとても暑くて、雨がふらなかったです。

遠くの旅行は前もって計画するので、お天道様のご機嫌次第です。
昨日今日のような雨降りでは、旅行どころではなくなってしまい、大変ですね。

以前出かけた山奥などは、雨が降れば崩れそう!というところをいくつか見ています。
タイミング次第ですが、怖いですね。
2015/09/11 17:28  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |