2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
東北の寺社と温泉巡り、その15、鶴の湯山の宿
2015/09/03(Thu) 11:30
鶴の湯本館の温泉を堪能した夜は、本館ではなく別館に泊まりました。
こんな木々に囲まれて、本館とはまた趣が異なって静寂です。

山IMG_4606



乳頭温泉 鶴の湯 別館の山の宿

山DSCF2287

雪国だからか、玄関は階段になります。

山DSCF2285

部屋にテレビはついていませんでした。宿のポリシーを感じます。

山IMG_4570

戻って直ぐに夕食です。

山IMG_4610

夕食は囲炉裏がしつらえてあるお食事処
もう炭がかんかんにおこっていて、いい雰囲気です。

山IMG_4614

最近は、部屋食よりこういう形式のほうが落ち着きますし、サービスされる側もする側も楽なようです。
ただ、ずっと正座していると膝が痛くなってしまう(太りすぎ?^^;)私にはちょっと・・・


山IMG_4611

小さな座り椅子に座ったら、お膳を3段にして上げてくれました^^

山IMG_4616

美味しい山菜料理を食べながら、囲炉裏で炙ったものをゆっくり食べる・・・現代では非日常でいいですね。
幼い頃に、祖父の家にはこうした囲炉裏があり、蜂の子を網で炙ったのを食べてごらんと勧められて〜〜、いまはもう夢のようです・・・

山IMG_4617


東北だから塩っぱいかな?と危惧していましたが、どのお料理も味付けはとても薄味で体にやさしいです。
これは、今回の旅行中のどのお宿もそうでした。

山宿IMG_4618

中でも秀逸なのがこちらの「山の芋鍋」、もう絶品でした^^

山IMG_4621

山形の芋鍋とは違い、山芋をすりつぶしてお団子にしたのを煮こんであるのですが・・・
いろいろなお野菜が、この芋のとろみに包まれて、思い出してもよだれが出そうなくらいです。

お湯も良かったのですが、このお鍋を食べるためにまた鶴の湯へ行きたい!と思うほど、私たちには美味しく感じられました。ふたり分でこの量ですから、たっぷりいただけます^^

山宿IMG_4623


7月初めですから、まだ明るい夕食です。

山IMG_4620

おうどんが少し・・・お腹いっぱいですが、つるっと食べられました。

IMG_4624.jpg

囲炉裏の前でのアイスもおつなもので、こちらも別腹ですからぺろり^^
もう旬ではないかな?と思ったサクランボがとても美味でした。

山IMG_4625



夕食が終わっても、まだ外はいくぶん明るい。
満腹こなしで、ワンと散歩に出ます。

山IMG_4630

水芭蕉生息地の木道がありました。

山IMG_4632

山あいですから、華やかな花はないですね。

山IMG_4633

遠くに見える山々・・・名前はわかりません

山IMG_4634


山IMG_4635


宿に戻って、別館のお風呂に入ります。

山IMG_4628


数歩外に出ての温泉棟。

山IMG_4647

男女別の内湯と、予約ではなく、空いていればいつでも入れる貸切風呂の露天があります。
ここも誰もいなくて、露天に入ることができました^^

山IMG_4640


秋田の温泉ポスターに、なまはげが入浴している図柄で使われたという露天風呂
やや熱めですが、森の側には遮るものが一切無く秘湯の雰囲気。これも素晴らしいかけ流しをたっぷり味わうことができました。

8月はほぼ満室のようでしたが、人気があるのがわかる、最高級の温泉です。

山IMG_4644

本館に車で行って入ることもできますが、その必要はないですね。
華美ではないけれど、他の人の気配をあまり感じずに過ごせる、静かな宿でした。


駐車スペースの植え込みに、この小さな花が一株だけ咲いていて・・・宿の方に名前を聞くのを忘れました。

こういう可憐なお迎えもうれしいです。

※追記 オコジョさんに教えていただきました。ウメガサソウ(梅笠草)だそうです。ありがとうございます。

山IMG_4607

前日泊の鉛温泉もとても良かったですが、鶴の湯さん、やはり最高ですね^^





* 今日は午前中に歯医者さんの予約
 父の命日だからお墓参りもして、・・・ 予約投稿をしておきます。
この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(4) | ▲ top
<< カリブラコア・レモンスライス | メイン | 東北の寺社と温泉巡り、その14、乳頭温泉鶴の湯>>
コメント
- こんばんは -
山の湯という感じがたっぷりですね。
料理美味しそうですね。酸ヶ湯とは比べ物になりませんね。
最後の花はウメガサソウ(梅笠草)ですね。
イチヤクソウの仲間です。  
2015/09/03 18:49  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
- オコジョさん、こんばんは -

> 料理美味しそうですね。酸ヶ湯とは比べ物になりませんね。

そうですか〜〜
たしかに、この山芋鍋は絶妙な食感と味で、美味しかったです。
朝ご飯も素朴な山菜と生たまご!これも良かったです。

酸ヶ湯にも行きたいのですが、お湯だけを楽しめば良いですね^^

> 最後の花はウメガサソウ(梅笠草)ですね。

ありがとうございます。
イチヤクソウはあちこち載っていますが、ウメガサソウは記述の少ない花ですね。
ここで出会えて良かったです。
いつもながら、教えていただきまして、ありがとうございます。
2015/09/03 23:33  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- 私は特に「天文」少年というのでもありませんが。。。 -
■われもこう様。
お早うございます。
コメント有難うございました。
私は特に「天文」少年というのでもありませんが、内向的な少年でしたから、独りで虫や星を眺めておりました。
老人になると空も星も見ませんが。。。。
では、また。
2015/09/04 04:06  | URL | sohya #-[ 編集] ▲ top
- sohya 様、こんにちは -

> 私は特に「天文」少年というのでもありませんが、内向的な少年でしたから、独りで虫や星を眺めておりました。

でも、お詳しいですよね〜〜

> 老人になると空も星も見ませんが。。。。

赤い月の歌もよろしいし、星もかなりお勉強されているご様子・・・感じ入ります。。
2015/09/04 17:36  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |