2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
東北の寺社と温泉巡り、その4、中尊寺 金色堂
2015/08/18(Tue) 12:00
いよいよ金色堂です。讃衡蔵と金色堂は拝観料がかかるので、讃衡蔵で拝観券を購入します。

見えているのは覆堂です。昭和40年度の改修ですから、私は、高校生の時に同じ覆堂を見ているはずですが、もっと古びていたと思っていたのです。階段を登った先にあることは覚えていましたが、古い木段だったという記憶・・・^^;私の記憶なんて、こんなモノなのでしょうね〜〜^^;

金色IMG_4418





東北の寺と温泉巡り、その3DSCF2074


東北の寺と温泉巡り、その3DSCF2075

もちろん室内は撮影禁止ですので、内部が懐かしい方はHP こちらを御覧下さい。

今回は、単眼鏡を持って来るべきだったかなと一度は反省しました。・・・でも、全体像を頭に入れて、静かに眼を閉じて往時の「皆金色」と光輝く姿を想像するのも乙なものかも知れません。890年もの時代を経て、なお凛として建つ堂に思いを馳せます。足元の須弥檀の中の4代の藤原公たちは、思い描いていた極楽浄土に導かれているのでしょうか。

私自身は、ここ70年、戦乱のない日本で平和に生きてこられたことと、10代の時に見た金色堂の同じ姿を、40年以上経った今、元気で再び見ることができたことに感謝して、金色堂を後にしました。


金色DSCF2079




東北の寺と温泉巡り、その3DSCF2077

芭蕉の句碑、「五月雨の 降り残してや 光堂」


中尊寺DSC_0045

宮沢賢治の 詩碑もありました。

金色DSCF2073

金色堂を出て直ぐのところに、経蔵があります。
今の宝物殿である讃衡蔵ができるまで、大切な経典が保存されていたところです。
こういう古びたお堂の記憶があるのですが、高校生の時の私には、この建物の印象が強かったのかも知れません。


金色DSCF2081


天満宮と書かれています。
道真公の14世孫が勅命で奥州平泉に下向した際云々・・・・と、小さなお堂ですし、足元も危うそうなので上っては見ませんでした。

天満DSCF2082

高台に位置していて、木の根っ子に圧倒されます。

天満DSCF2083


そして、旧覆堂
鎌倉幕府によって金色堂に覆い屋根がかけられた後、増改築を経て、室町時代中期にこのような形となり、以来昭和38年の新覆堂建築までの長年、金色堂を守り続けてきたお堂です。芭蕉が見たのはもちろんこちら^^

金色DSCF2085




西谷坊と書かれている宿坊をのぞき見て・・・

金色DSCF2090

金色堂の拝観を終えます。
外では、坊やが待っています^^  お守り役交代で次は相方が拝観しに行きます^^

金色IMG_4431



この記事のURL | おでかけ(東北) | CM(4) | ▲ top
<<東北の寺社と温泉巡り、その5、中尊寺 弁財天〜白山神社 | メイン | 東北の寺社と温泉巡り、その3、中尊寺 峰薬師堂から讃衡蔵>>
コメント
-  -
こんばんは。
何を隠そうまだ中尊寺には行ったことがありません。
でも、平泉って世界遺産ですよね。
こんなに人が少ないんですね。
ノーボディの写真が撮れるとは思ってもみませんでした。
2015/08/18 12:38  | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] ▲ top
- 君平さん、こんにちは -

> 何を隠そうまだ中尊寺には行ったことがありません。

そういえば、東北は飛ばして、北海道が多いですものね^^

> でも、平泉って世界遺産ですよね。
> こんなに人が少ないんですね。

この日は平日ですし、7月初めだからか修学旅行生も見かけませんでした。
たまに団体さんがいましたが、あまり人は居なかったですね。

タイミングかも知れないけれど、今回の旅行は宿を取るのはほとんど苦労しなかったので、やはり行く人が少ないのでしょうね〜〜

2015/08/19 11:05  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- 金色堂 -
私のいった時は中に入ったところから行列でしたね。
一回に入る人数゜ウを制限して、這い出てくださいと言う感じ・・・
このくらいだと、ゆっくり見られていいですね。
夏は敬遠されるのかもしれませんね。

中は凄いですね、本当に金ぴかで・・・
圧倒されましたが、私には派手すぎるような・・・
貧乏人は困ったものです。
2015/08/19 16:57  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
- オコジョさん、また、こんにちは -
> 私のいった時は中に入ったところから行列でしたね。

そうだったんですか!
とても空いていて、ゆっくり眺めることができました。私はラッキーだったんですね^^

> 中は凄いですね、本当に金ぴかで・・・

そうですね。
でも、年月が多少光を抑えていましたが、往時はどれほどかと!
こんな山奥でこれほどの文化が栄えることには鳥肌がたつ思いがしました。
2015/08/20 11:27  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |