ニュージーランドの旅23(テカポからクライストチャーチ経由で北島へ)
2015/03/31/16:45(Tue)
翌朝は、早朝出発です。
私がテカポ湖宿泊にこだわったので、クライストチャーチを見る時間が十分にないどころか、飛行機の出発時間(昼頃)までに着くか不安なぐらいです。

テカポ湖からクライストチャーチまでの道のりは、今までと違って割に平坦で、穏やかな牧場地帯が広がっています。

chIIMG_5999.jpg


西側?の山脈や氷河とはまるで違う、ホビット村のような穏やかな丘がつながるばかりの大地です。


chIIMG_6000.jpg

小動物(おそらくポッサム)の亡骸は点々としているのは相変わらずですが・・・
こちら側は、平和でやや単調なドライブです。

chIMG_5997.jpg

幹線道路なのか、町を通過することが多くなり、ここで、初汽車レールを発見!
電線がないから、ディーゼルでしょうか?
レールには草が生えているので、動いているのかどうかは??

chIIMG_6003.jpg

クライストチャーチ近くになって、ニュージーランドで初めて信号を見ました(笑;)
今までは、日本も導入しよかと検討を始めたラウンドアバウトばかりでした。右側優先で、わからないとクルクル回るのですが、慣れれば簡単です。ただ、広い場所が必要だから、日本ではできるかな?

chIIMG_6004.jpg

クライストチャーチの街中をゆっくり通り過ぎる余裕はあるはずだったのですが、相方が街から少し離れた飛行場に直接車をいれたので、私は少々不満でした。
それまで 朝ごはんも食べないで突っ走ったので、余計にご機嫌も良くないし〜〜〜

チャーチぐらいは見たかったので、不満たらたら〜〜〜相方は、ガスを入れてレンタカーを返すのだからというのですが、そんなのあっという間でした。

飛行場でただ待つなんて!!!

というわけで、とうとうクライストチャーチをすっ飛ばしてしまいました。最も、どこかで出会った個人ツァーの方は、クライストチャーチはまだ復興していなくて、余り見るところがなかったとは言ってましたが・・・それでもあんまりにもね〜〜^^;


というわけで、しばらくブー垂れていましたが、そのうちに、飛行場内に軽快な音楽が流れてきました。
ちゃんとしたクライストチャーチ・オーケストラの伴奏で、男性コーラスがクリスマスソングを歌ってたのです。TVカメラも入っていました。
最後には、ダンスになって、グランドスチュワーデスやらたくさん参加してノリノリで楽しかったです。
NZらしいクリスマスの「 お も て な し 」で しょうか♪^^♪


chIIMG_6007.jpg

南島に別れを告げて、可愛い飛行機で北島へ向かいます。

chIIMG_6009.jpg

北島に渡った途端に、翼の下に、素敵な山が見えてきました。

chIIMG_6011.jpg

(↓ 拡大します)  富士山のような単独峰です。

00chIIMG_0852.jpg

クック船長がエドモンド山と名付けた、現在はマオリ語と並記する「マウント・タラナキ オア マウント・エグモント」でしょうか?!
ちなみに、ラストサムライの撮影地とか・・・このあたりも雄大な自然が広がっているようです。

chIIMG_6012.jpg


こうしてみると、南島4泊では、まだまだ回りきれていないというのが実感です。
北島では、クリスマスにかけて3泊しましたが、これはオークランド近郊の知人宅に泊まってのホームステイ&ファーム体験ですので、いわゆる観光地には行ってません。いつか時間がとれたら、」少しずつ北島のこと、特に特殊なファームのことも記録しておきたいとは思っています。


庭の花もどんどん咲いて、クリスマスローズもそろそろ咲き終わりそうで、また記録が後回しになりそうです。

4月に入りますと、来週まで行事が続きます。時間許す範囲で花の記録だけでも残しておきたいのですが、さて、時間が取れるかな?


今日は良い天気で、午後2時間の予定でしたが3時間ほど庭仕事をしていました。
部屋に戻ってこの記事の下書きを清書してアップしようと準備していたら、たった今連絡が来て、用事を言いつけられました。。。送信ボタン押したら出かけます!コメ返は後ほど〜(ボヤキでした^^;)
この記事のURL | おでかけ NZ | CM(8) | ▲ top
<<クリスマスローズ(2015年のクリスマスローズ、その3) | メイン | ニュージーランドの旅22(テカポ湖にて星空ツァー)>>
コメント
- 四月になりました。 -
■われもこう様。
ニュージーランドの紀行文、毎回読んでいます。
コメントを置かないで失礼していますが。。。
さて、急速に春が訪れて参りました。
いかがお過ごしでしょうか。
私は、うかうかと日を過ごしておりますが、
季節の推移には振り回されます。
かねて編集中の新・歌集『無冠の馬』も出ます。
私も「春」のさなかに居る、と言えるのでしょうか。
では、また。
2015/04/01 04:21  | URL | sohya #-[ 編集]
-  -
こんにちは~
快晴に恵まれ何とも長閑な景観ですね。
雄大な自然が絵葉書のようです!
へぇ~~ラストサムライの撮影地でしたか...
庭に草が生えてきましたね~
気が付いたときマメに抜かないと大変なことに!


2015/04/01 13:34  | URL | Jーママ #L6L1d2IA[ 編集]
- sohya 様、こんにちは -

> ニュージーランドの紀行文、毎回読んでいます。

ありがとうございます。
北島は観光地ではなかったので、sohya様のほうがよほどお詳しいかとおもいます^^

> さて、急速に春が訪れて参りました。

本当に、桜の追っかけも間に合わないぐらいです。

> かねて編集中の新・歌集『無冠の馬』も出ます。

おめでとうございます。
まさに、春ですね^^ 素晴らしいです。
2015/04/01 16:34  | URL | われもこう #-[ 編集]
- Jーママ さん、こんにちは -

> 雄大な自然が絵葉書のようです!

ええ、どこを切り取っても絵葉書になるようで、NZは何度行っても楽しそうと思いました^^

> 庭に草が生えてきましたね~
> 気が付いたときマメに抜かないと大変なことに!


数日かけて草取りしましたが、もう最初に抜いたところからどんどん伸びています。
昨日は虫刺されたところが腫れ上がって今日は皮膚科へ飛んでいきました。

春は良いのか悪いのか〜〜これからは、草だけではなく虫との戦いも始まります^^;
2015/04/01 16:37  | URL | われもこう #-[ 編集]
- 雨のち草 -
 一雨ごとに 草丈が高くなりますね。
 今日は 雨の中 撮りやすいので ドクダミの根が どこまで伸びているか 丁寧に掘ってみました。30センチ以上ありますが やはり途中で 切れます。素晴らしいニュージーランド 行って見たいですが 色々な事件のおかげで 
及び腰です。 とりあえず 国内に目を向けています。
2015/04/06 09:59  | URL | 小紋 #-[ 編集]
- 小紋さん、こんにちは -

>  今日は 雨の中 撮りやすいので ドクダミの根が どこまで伸びているか 丁寧に掘ってみました。30センチ以上ありますが やはり途中で 切れます。

素晴らしい、実験ですね^^
草取りもしないとまた伸びているのですが、なにやかやで、また庭を見るだけの日々が続いています。
 
> 及び腰です。 とりあえず 国内に目を向けています。

そうですね〜〜何事もなかった今までの十年間に旅行できていれば良かったのですが・・・(泣;)
困ったご時世になりましたね。
2015/04/07 14:32  | URL | われもこう #-[ 編集]
- こんにちは -
ニュージーランド楽しませていただきました。
日本とはちかったのんびりとした風景が多かったですね。

ばたばたしていて久しぶりの訪問です。
庭のナズナがわがもの顔です。いつもは積んで、ナズナのお浸しにするのですが、花盛りで、ぺんぺん草になりかかっています。

義父が動けないので、いろいろな手続きがあってようやく今日で一段落・・・

こちらも桜が咲き出し、山にはカタクリなどの春の妖精の頃となりました。

われもこうさんも忙しくなりそうですね。
2015/04/14 13:02  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョさん、こんばんは -

> ばたばたしていて久しぶりの訪問です。

こちらも同様です。チラ見程度でご無沙汰しております。
4月に入ってから、行事やら用事やら花見やらで超絶に忙しくて^^;、ブログどころかPCにもなかなか近づけません。


> 庭のナズナがわがもの顔です。いつもは積んで、ナズナのお浸しにするのですが、花盛りで、ぺんぺん草になりかかっています。

義父がナズナを採って、綺麗に処理してから送ってくれたものですが・・・あのほろ苦い春が味わえなくなりました。寂しいことです。


> 義父が動けないので、いろいろな手続きがあってようやく今日で一段落・・・

事務的な後片付けがなかなか大変ですよね。お疲れさまです。
お義父様が助かって喜ばれることでしょう。

> われもこうさんも忙しくなりそうですね。

昨日、丸一日何も無い日が13日ぶりにありましたが・・・普段できない家事や仕事がはかどりました。そろそろ少しゆっくりしたいです。

こちらでは、花は、もうあれよあれよと咲き進んでしまい、草取りや害虫駆除が忙しくなりそうです。
2015/04/14 23:51  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |