ニュージーランドの旅21(プカキ湖〜)
2015/03/28/10:00(Sat)
次の宿泊地は近いので、お昼になってから出発です。
トルコブルーの水をたたえたプカキ湖をぐるっと回っていきます。

そろそろマウントクックも見納めになるかと思うと、無性に寂しいです。

ipぷかIMG_0827





ぷかDSCF4990

(↓ 拡大します) この青い花はルピナスではないですね。

00ipぷかIMG_0821

           (↓ 拡大します)

          00ぷかDSCF4992

マウントクックではルピナス(と日本では言われますが、英名ではルーピン)との共演が見られると聞いてましたが、これが初めてかな?
当地では、ルピナスは外来種ということで、国立公園内のはかなり採っているらしいです。
綺麗だから良い!というのは、やはりよそ者のいうことで、この国本来の種が負けて無くなるのは大変なことでしょう。

ぷかIMG_5950


プカキ湖の先端?に着きました。 人がたくさん集まる道の駅風の場所です。
スモークサーモンなどを売る店などもあり、お腹はすいていましたが、混んでいたのでパスしました。

プカキ湖越しの真正面に見えるマウントクック・・・・・素敵な場所でした。


プカキDSCF5006


さて、次なる目的地は、テカポ湖ですが、いったん道は湖をはなれて乾燥地帯のような牧場のようなところを進んだのですが・・・ナビさんが別の道を指しています??!!

そこで、Uターンして、再びプカキ湖の反対側の湖岸をいく道を選んだのです。


ホビットの冒険やロード・オブ・ザ・リングを思わせる場所を眺めて行き着いたところは、なんと運河でした!!

しかも、この運河では鮭の養殖をしているらしいのです。南島、特にこの地帯でサーモンが有名というのは、このせいだったのですね。

かなり大きいサーモンだかトラウトだかがいる様子でした。

運河IMG_5953

逃げた鮭を釣るのか、釣り人が少しいます^^
土手には花も咲いていて、とてもゆったりとはしていたのです。

運河IMG_5952


(↓ 拡大します)
00運河IMG_5957

ところが・・・・・通行止めです。
なんと、人と自転車なら行かれるらしいのですが、とんだナビさんでした(^^;)

でも、普通の観光では見られないところが見られたからまあいいか(^^)となりました。
また、元きた道に逆戻りです。

運河IMG_5959

その前に、右手の土手の上に上ってみましたら、この運河とプカキ湖の位置関係がよくわかりました。
ここでまたマウントクックとも再会できました^^
 (↓ 拡大してみてください)

00ぷかDSCF5014


戻ってから調べてみましたら、この運河はこの湖をテカポ湖やルアタニファ湖とつないでいるそうです。
水力発電などに関わっているらしいです。


この後は、テカポ湖へ向かいますが、途中にこんなルピナスだらけの場所がありました。


るぴDSCF5015



るぴDSCF5018


今日の行程は、運河への寄り道は含まれていませんが、こんな感じです。 

    (↓ 拡大します)

   スクリーンショット



* お花見に出かけていますので、予約投稿しておきます。
 NZの旅の記録は、3月中に終わらせようと思っていましたが、無理そうです^^;
この記事のURL | おでかけ NZ | CM(0) | ▲ top
<<ニュージーランドの旅22(テカポ湖にて星空ツァー) | メイン | ニュージーランドの旅20(ボール・シェルター・ハット・ルート)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |