2017/04 ≪  2017/05 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/06
ニュージーランドの旅19(タスマン・ヴァレーのブルーレイク)
2015/03/26(Thu)16:45
NZの旅にまた戻りましょう

タスマン・ヴァレー・ウォーキング・トラックには大きく分けて3つのルートがあります。

1つ目は、タスマン氷河末端湖とタスマン側源流が見渡せる場所に行く、概ね平坦なコースで往復1時間ほど。
2つ目が、ブルー湖とタスマン氷河ビューの、緩やかな上りのコースで、これは1時間弱。
3つ目が、ボール・シェルター・ハット・ルートという、他の2つとは出発点から分かれる避難小屋までの片道3〜4時間の歩きにくいガレ場のコースです。

私たちは、2つ目のブルー湖と氷河ビューのコースを選びましたが、元来た道をそのまま戻らずに、ブルー湖まで足を延ばすことにしました。
     
   (↓の地図、拡大します)

   00mapIMG_2346.jpg





氷河湖展望台に上がる途中で見えた湖(池?)に着きました

1222IMG_5900.jpg


湖に漂う赤い色は、水草のようです。

1222DSCF4959.jpg


1222DSCF4962.jpg

英名ではBlue Lakes ですから、3つの湖の総称のようです。もうひとつの小さな湖を越えて、最後の湖・・・これがブルーレイクかな?!
グリーンレイクのほうが正しいのでは?という色ですが、元々は目の覚めるような青色の湖だったそうです。


1222IMG_5902.jpg


またシジミチョウのような蝶がいました^^

1222IMG_5892.jpg


湖の脇に細い通路しかないのですが、まわりはお花畑のようで、タスマン氷河湖周囲の岩のガレ場とはまるで雰囲気が違って、楽しい散歩道です。
ちなみに、この道は外国人女性が一人で歩いているのを見かけただけでした。

1222IMG_5903.jpg

いままで遠くに群生しているのを見ていたマヌカの花とようやくすぐ目の前で対面^^


1222IMG_5904.jpg


1222DSCF4963.jpg

ブルーレイクを半周回りこむように上ってから、反対側に降りる道がありましたので、そちらに向かいます。

1222IMG_5906.jpg

マウンテン・スノーベリーに  コモン・パッカー(覚えた!笑;)が止まっていました^^

1222IMG_5908.jpg

眼下に川が見えてきました。
川沿いに道があって、出発点に戻れそうです。

1222IMG_5910.jpg

反対側の山からは、氷河の流れかそれとも崩落の跡なのか、砂利が川まで流れ込んでいる様子が見て取れます。

1222IMG_5912.jpg


川沿いには、大きな植物も点々と・・!!

ゴールデン・スパニアード・スピアグラスだと思います。2m以上は有るようで、今まで見てきた可憐な山の花とはまるで違う、ものすごく存在感のある植物です。

1222IMG_5913.jpg


tasuIMG_5914_2015032623245055c.jpg


これで、ようやく駐車場まで戻れると思ったのも束の間・・・・
・・・・何を思ったのか「大きな道だからここを上ってみよう」と仰る御仁が

実は、このルートは地図で見知っていましたが、目的地まで片道3〜4時間と書かれていたので、水一本しか持っていない私は即座に却下したのです。しかも、歩きにくいガレ場と書かれていました。が・・・・・

行かれるところまでというので、つい折れて、歩きはじめました(泣;)

この記事のURL | おでかけ NZ | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |