ニュージーランドの旅3(ミルフォードサウンド・クルーズ)
2015/02/03/13:30(Tue)
さて、いよいよミルフォードサウンドに着きました。
何台ものバスが着いていて、それぞれの船に乗り込むのです。
クィーンズタウンから来て、日本人ガイドさんが付くクルーズは13時半出航です。

nzDSCF4595.jpg




しかし、最初はデッキには出ないで、ガイドさんに言われた席に着いてまずはお昼ごはんです^^
予約時に昼食に和食弁当をつけるかどうかの選択があったので付けておいたのですが、船での簡単な食事しかないので、ヘンテコ和食でしたが、これが正解だったようです。

NZIMG_0633.jpg

お弁当付きの人たちは窓際の席を用意してもらえました。

           NZIMG_0634.jpg

お腹が満たされた頃に、次第に景色が良くなっていくようですからデッキに出ます^^

NZDSCF4598.jpg


NZDSCF4600.jpg

右舷左舷の両方を見るのは大変なので、ずっと左側を見ることにしました。

NZDSCF4606.jpg


    1219nzIMG_5273.jpg


岩壁から滝が落ちてくるのですが、落差がありすぎて途中で消えてしまう滝もたくさん見えました。

NZIMG_0636.jpg

前日も雨でしたし、あいにくの曇り空で山並みの上層部は良く見えないのです。
しかし、このおかげで、乾季には見えない滝も見ることができたようです。雨が降ると、貯めておく場所がないので、全部滝となって流れ落ちてくるそうです。

フィヨルドって初体験ですが、岩壁が迫っているので、人が住めるような開けた場所どころか船が着けるような湾も全く見当たらない厳しい環境がただ広がっています。



入り組んだ湾を抜けて、もうすぐそこが外海!タスマン海というところで船はぐるっと方向転換します。

方向転換して直ぐぐらいの岩で、オットセイの昼寝姿も見ることができました。
天気が悪いとこの姿は見えないので、これまたラッキーなことでした^^


NZDSCF4609.jpg

NZDSCF4608.jpg

ちょっと拡大して・・・

1219nzIMG_5276.jpg




このあたりから船首に移動してみました。先端は風が来て寒いかと思いきや、胸から下には暖気が有って、風通しの良い船縁にいるより快適です。ただ、◯国人のグループが大声でずっと喋り続けているのには少々閉口しました^^;

スターリング滝とかいうらしいのですが・・・

NZDSCF4613.jpg

船がどんどん滝の真下に近づいていくのです!!

     NZIMG_0643.jpg

船首付近は大歓声です!!  ・・・相当な飛沫を浴びました。
どの船もこの演出をやるみたいです(^^)

NZDSCF4617.jpg

そろそろ静かになりました。
前方には、フィヨルドを形成した氷河の通り過ぎた名残で、U字型に山が削られています。

NZIMG_0651.jpg

今通ってきた外海に向けてカメラを構えているのですが・・・開けた海は見えなくて、まるで湖のようです。

キャプテンクックはこの湾の外側を何度も通っていながら、ここが深く入り組んだ湾になっていることに気づかなかったそうで、ここには上陸していないとのことです。少し中に入ると外海はまったく見えなくなり閉ざされているかのようです。

NZIMG_0655.jpg

そろそろ最後の滝かな・・・

NZDSCF4634.jpg

NZIMG_0664.jpg

港が見えてきました^^

NZIMG_0667.jpg

名残り惜しく振り返ってみますと、他の船が戻ってくるところです。

NZDSCF4636.jpg

このシーニックのクルーズは1時間40分ほどで、別の会社のクルーズは2時間らしいのです。最初は長いほうがいいなぁと思ったのですが、同じような風景が続くので、結局はこちらで丁度よかったかな〜〜と、終わってみたらそう思います。

さて、自分のバスを探して乗り込みましょう。同じ道を帰ります。

nzIMG_5296.jpg

ミルフォードさんウンドへ行くにはツァーがやはり良いですね。レンタカーでは往復の距離が半端無いし、山道ですから疲れます。

フィヨルドのクルーズも良かったですが、ここは、行き帰りの景色が最高で楽しめました♪
この記事のURL | おでかけ NZ | CM(8) | ▲ top
<<通販の梱包 | メイン | ニュージーランドの旅2(ミルフォードサウンドへの道)>>
コメント
- 滝 -
雄大な自然に ! です。
滝は あまり見たことがないので こんな ぜーんぶ滝!
の風景は ぜひ行ってみたいと思います。
南半球なのに 深いフィヨルド それにしても
キャプテンクックは たくさんの発見
あちこちを回って 凄い人ですね。
2015/02/03 17:01  | URL | 小紋 #-[ 編集]
- 海に落ちる滝 -
滝が沢山、良いですね。
私なら飽きないかも・・・
人それぞれですよね。
自然の豊かさを感じますね。

一味違った旅を楽しんできたようですね。
2015/02/03 20:48  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- 小紋さん、こんばんは -
> 雄大な自然に ! です。

ほんとうにスケールがものすごく雄大です^^

> 南半球なのに 深いフィヨルド

ええ、時期にはペンギンもいるそうです

> キャプテンクックは たくさんの発見
> あちこちを回って 凄い人ですね。

そうなんですね〜〜彼すら接岸できる湾があるとは見抜けなかったフィヨルド。。。すごいです^^
2015/02/04 17:53  | URL | われもこう #-[ 編集]
- オコジョさん、またこんばんは -

> 私なら飽きないかも・・・

そうですね〜〜船から見るだけでなく、やはり近寄ったり歩いたりしたいところです。
ミルフォードトラックを歩けばそういう体験ができるのでしょうが、けっこう難しいです。

> 自然の豊かさを感じますね。
> 一味違った旅を楽しんできたようですね。

スケールが違って圧倒されました。

大好きな映画の「ロード・オブ・ザ・リング」や『ホビットの冒険」の山や川・滝が3Dのなせるものばかりではなく、実在するものと実感できました♪
2015/02/04 18:01  | URL | われもこう #-[ 編集]
-  -
すばらしい景観に魅了されました。
日本もすてきなスポットが多いですけど
なんと言ってもスケールが違いますね!
空気がさぞ美味しかったことでしょうe-343
2015/02/06 18:33  | URL | Jーママ #L6L1d2IA[ 編集]
- ミルフォード・サウンドここも曾遊の地です。 -
■われもこう様。
②③と見せてもらってます。
クイーズタウンからは結構時間がかかりますからね。
ここのフィヨルドは、北欧のノルウエーのフィヨルドとは、
また違った雰囲気ですが、爽快です。
海の出口まで二時間ほどのクルージングだったと思いますが、
日本には無い風景で、豪快です。
余り「先回り」してはイケナイのですが、「帰り」は私たちの場合は
オプションで「セスナ」にしました。
では、また。
2015/02/07 04:24  | URL | sohya #-[ 編集]
- Jーママ さん、こんにちは -

> なんと言ってもスケールが違いますね!

そうなんです!!
すべてが非日常の世界で、浮世のことは忘れて遊べました♪
2015/02/07 10:35  | URL | われもこう #-[ 編集]
- sohya 様、こんにちは -

> ここのフィヨルドは、北欧のノルウエーのフィヨルドとは、
> また違った雰囲気ですが、爽快です。

北欧は訪れたことがない!(というか、今まで海外旅をほとんどしていないのです)
行ってみたいですね〜〜足が動く間に(笑;)

> 日本には無い風景で、豪快です。

それは本当に感じました。

> 余り「先回り」してはイケナイのですが、「帰り」は私たちの場合は
> オプションで「セスナ」にしました。


はい、バスの中で勧められて空から見てみたいと心が惹かれました^^
ただ、当日の上空が曇り時々雨時々晴れでして、飛んでも景色が見えるかどうか?というところでしたので、ゆっくりバスで戻りました^^;
2015/02/07 10:44  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |