ニュージーランドの旅2(ミルフォードサウンドへの道)
2015/02/01/11:55(Sun)
NZに着いて2日目に、まず観光のハイライト第一弾(^^;)

ミルフォード・サウンド1日観光です。ミルフォード・サウンドとは、NZの南島の南西部にあるフィヨルドで国立公園であると同時に世界遺産にも登録されています。コーディネートを頼んだ旅行会社の関係でシーニックという会社のクルージング・ツァーとなりました。

まず6時45分にタクシーがホテルまで迎えに来てくれて、ツァー事務所に集合します。お天気は前日よりはぐんと良くなっていて、うれしいです。
日本語ガイドさんが付くツァーなのですが、16人の日本人団体客と一緒でしたので、バスの多数が日本人と言う状況で、他の外国人に悪いぐらいです^^;

屋根まで回りこむ大きな窓ガラスの大型バスなので眺めもよく長距離でも疲れない感じです。途中で写真撮影ポイントに何ヶ所か止まることになっています。

1219IMG_5238.jpg



直線距離ではもう少し近いのでしょうが、山岳地帯ですので道路の関係で大きくぐるっと回って行きます。(↓地図参照)
  (↓クリックすると拡大します)
   00ss.jpg

大型バスは快調に走って、約2時間でクィーンズタウンから170kmの「テ・アナウ」に着きます。ここではトイレ休憩と軽食などがOKです。

世界遺産であるミルフォードサウンドへの玄関口と呼ばれるこの町、憧れの「ミルフォード・トラック」や「ルートバーン・トラック」などのトレッキングの拠点です。

町中に花が溢れていて、明るい観光町という雰囲気です。私たちはスーパーマーケットで水などを買いに行きました。

1219DSCF4526.jpg

花に関しては、あとでまとめて紹介します。

ここテ・アナウ湖はNZで2番目に大きな湖で、南島では最大だそうです。

1219DSCF4538.jpg

また、対岸に渡ると「ツチボタル洞窟」などもあり、ここで下車したカップルも居ました^^  私たちはお手軽なクルージングツァーでミルフォードサウンドを見学の予定です。

1219DSCF4539.jpg


さて次は、「ミラーレイク」という所に着いて、湖の周りの歩道をほんの少しだけ散策します。
(バスが待っているので・・ツァーの不便なところは心ゆくまで見ていられないところ)

1219DSCF4554.jpg

逆さ文字が読めるようになっています^^

1219IMG_5229.jpg

生きものたちの宝庫のようです。(↓ 拡大します)

001219IMG_5231.jpg

1219DSCF4552.jpg

1219DSCF4562.jpg

1219DSCF4561.jpg

この湿った原生林や苔などに魅せられていたら、バスへの到着が最後になりました・・・

1219DSCF4566.jpg

「リトルズ・フラット」?とかいう大草原
山頂部に雲があるのでは残念ですが、ここでも氷河の名残が見てとれます。大きくUの字のカーブを描いています。

1209DSCF4541.jpg

次にトイレ休憩をした場所。 おみやげ店もなく、バス客のためのトイレだけ・・・次のバスが来ると混むので、どんどん誘導されます^^

1219DSCF4568.jpg

バスの中から見える滝

1219DSCF4572.jpg



「モンキー・クリーク」
いよいよ山並みが近づいてきました。モンキーというのは猿ではなくて、ホーマーさんというこのルートを探検?開発?した人の飼い犬の名前だそうです。(ホーマー峠を見つけた人らしいです・・・?)


1219IMG_5245.jpg

川岸に赤茶色の岩がたくさん有るのですが、これは岩石の成分ではなくて苔による着色だそうです。

1219DSCF4579.jpg

湿った空気に木々の苔がなんとも風情があります。

1219DSCF4583.jpg

ケアに餌をやらないで!という注意書きですが・・・

I1219MG_5244.jpg

この辺にはNZ固有の鳥、ケア(キア ミヤマオウム)がいます。
バスが2台ぐらい止まっていて、大勢の人がいるのに全然人を恐れずに、バスの回りに集まってくるのは、日ごろ餌をもらってるからでしょうかしらね〜〜

オリーブグリーンのような地味な大きな鳥ですが、飛んだ時に赤い羽根が見えて、それは綺麗でした。

1219DSCF4573.jpg

バスの向こうに、大きな岩壁が迫っています。 う〜〜ん、霧が邪魔^^;

1219DSCF4582.jpg

さて、バスはいよいよ「ホーマー・トンネル」の前で停車します。

1219IMG_5256.jpg

その前に、この場所に広がる雄大な景色です。ここでもしばらく撮影時間があります。
雪渓がすぐそこに・・・雪渓の上に人が数人いるのが見えるのですが・・・ツァーですから行く時間はないです。

1219DSCF4588.jpg

日本一の落差の「称名の滝」なんて、まったく比べ物にならないダイナミックさにただただ感嘆します。

1219DSCF4590.jpg

氷河が作った自然の雄大な造形です。広ーーーーいです^^

1219IMG_5260.jpg

絶景の連続で、バスから見る景色に圧倒され続けていました。

1219DSCF4585.jpg


モンキークリークの犬の飼い主であるホーマーさんの名前がついたトンネルです。このトンネルを越えれば、ミルフォードサウンドはもうすぐ

1219IMG_5257.jpg

1車線のホーマー・トンネルを抜けたあと、バスは下り始めるのですが、あいにくの霧でほとんど景色は見えなくなりましたが、次々に絶壁から落ちるものすごい落差の滝がチラリと見えるのです。

そうこうしていいるうちにミルフォードサウンド到着です。
この記事のURL | おでかけ NZ | CM(2) | ▲ top
<<ニュージーランドの旅3(ミルフォードサウンド・クルーズ) | メイン | ダイヤモンド富士 \(^○^)/ >>
コメント
- ニュージランド -
 ニュージランドは日本では人気の無い所です。

  このブログで人気場所を見せてもらいますね。
  
 旅はどこへ行っても楽しい物だから・・。

 ブログでお疲れになりませんようにね。
2015/02/03 08:59  | URL | あやめ #-[ 編集]
- あやめさん、こんにちは -
>  ニュージランドは日本では人気の無い所です。

そうなんですか! こどもは中学の修学旅行で行ってます^
  
>  旅はどこへ行っても楽しい物だから・・。

そうですね〜〜、わたしもベトナムに行きたくなりましたよ^^

>  ブログでお疲れになりませんようにね。

ありがとうございます。
のんびり〜〜
でも、写真の整理もしないとメモリもいっぱいになってしまいますので、自分にハッパかけています^^;
2015/02/03 13:36  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |