美ヶ原、王が頭ホテル(秋の信州・立山)その3
2014/11/26/11:35(Wed)
初日(10月9日)の目的地は美ヶ原高原 

15時少し前にぐらいに山本小屋の前に着いた時、送迎バスが出る直前で大慌てで乗せてもらいました。
車をホテルの前まで乗り入れられないので、ワンコを連れて行かれない宿なんです。

高原の秋も深まり、牧場の牛も残り少なくなっていました。

ougaIMG_9370.jpg




問題はこの雲です。 朝から大きな青空が広がっていたのに、霧ヶ峰を過ぎるあたりから雲が多くなり、美ヶ原高原の頭上には暗雲が・・・

1009DSC_1082.jpg

というのも、今回の旅の目玉のひとつ!がここ
松本市内の至る所から見える数本の電波塔。松本平を見下ろす高原の高い位置にTVなどの電波塔がならんでるのです。
ここ美ヶ原高原に王が頭ホテルという宿があります。義姉からこのあたりで一番良い宿と聞いて以来、いつか行きたいと・・・松本に用事があるときにチェックしても週末に空いていたためしがありません。

長年、ずっと行ってみたくて、自分にとっては『いつかは泊まりたい宿NO.1』として夢見ていた「雲上の一軒宿 王ヶ頭ホテル」が今回の第一目的地でした。

最初は予定になかったのですが、ふらりとWEBを見たら、たまたま予定していた旅の前日にこのホテルに珍しく空室が!!

これは今行くっきゃないでしょっ!と、予約を入れて、相方に平日に休んでもらって出かけてきたのです。季節の良い週末にはほとんど予約が取れないというホテルですので、空室は相当!!でしたが、これを逃したらいつ「いつか」が来るのかわからないので、張り込むことにして即決でした。

でも、この雲ではこのホテルのウリのひとつの夜の星空観察は無理かな〜〜^^?

2034mの高原なのにホテル・・・ウェルカムフルーツが^^

ougaIMG_9375.jpg

窓際のお風呂・・・残念ながら温泉ではないのですが、この場所ですから許します^^;
前面総ガラス張りで開放感がたまりませんね〜〜24時間いつでも入れます。

ougaIMG_9372.jpg

お夕食♪・・・室内のダイニングでいただきました。

前菜はどちらかというと和風、松本らしい寄せがあって嬉しい

ougaIMG_9381.jpg

長野県のお宿はどこへ行っても信州サーモンというのはご愛敬だけど、岩魚とサーモンのお造りは郷土愛と受け止めましょう。下手にこの山奥でマグロの・・・のよりはましかな。

ougaIMG_9379.jpg

和洋折衷というのか、小付けは舞茸と長葱のフランと柿なます

ougaIMG_9380.jpg

蕎麦の実と銀杏しんじょに岩魚の塩焼き(鮎でなくてホッ)
(鮎釣りをする相方は、養殖の鮎を出されると嫌がりますので・・・)

ougaIMG_9382.jpg

茸のしゃぶしゃぶ

ougaIMG_9384.jpg

口休め

IIMG_9387.jpg

信州牛の赤ワイン煮込み

IIMG_9388.jpg

栗おこわに味噌汁

IIMG_9390.jpg

デザートも!

IIMG_9393.jpg

山の上なのに旬の食材で、美味しい食事でサービスもさりげなく、和風旅館のように気を使わずに済んで、でも行き届いていて大満足でした♪
環境・部屋・食事〜〜私の中で、今までで一番!をつけてしまいました。

危惧したとおり、星空観察はできなかったのですが、室内でホテル周辺の山や自然のスライド上映がありました。

その後、、霧の出た夜のサービスとして、人工ブロッケン現象を見せてもらいました。

自分の後光?!を見るって、ちょっと興奮する体験です。まあ、影のようなものだけど、並んで立っていても隣の人のは見えないってのが、すごく不思議な気がしました。

ougaIMG_9400.jpg

かねてから憧れていたホテルで、非日常の世界を堪能した一日でした。

でも、このホテルの良さはさらに翌朝にあったのです!!

この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<美ヶ原高原の朝 (秋の信州・立山)その4 | メイン | 蓼科でお蕎麦〜霧ヶ峰高原(秋の信州・立山)その2>>
コメント
- こんにちは -
山杉の私としては、個人的には山の山頂にこんなものを建てて・・・(笑)
もっともアンテナも邪魔ですね。
日本百名山ですが、隣の霧ヶ峰とともに、ここはもう山ではなく観光地といっていいですね。
とすればのんびりとしたいいところですね。

それにしても山上のディナー素敵ですね。
信州サーモン、そんなに多いですか・・・
私は、宿でも、どこでも、食べたことがない、燈台下暗しですね。
アルプスサーモンならありますが・・・
信州の宿や食材は、われもこうさんの方が詳しいかも知れませんね。
朝素敵なことがあったようですね。何だろう…
2014/11/26 14:21  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョさん、こんばんは -

> 日本百名山ですが、隣の霧ヶ峰とともに、ここはもう山ではなく観光地といっていいですね。
> とすればのんびりとしたいいところですね。

私のように、30分も登れば心臓がバクバク息切れゼーゼーの人間には、こんなに楽して高山を味わえる所は、大歓迎です(笑;)


> それにしても山上のディナー素敵ですね。
> 信州サーモン、そんなに多いですか・・・
> 私は、宿でも、どこでも、食べたことがない、燈台下暗しですね。
> アルプスサーモンならありますが・・・

ちょこっとネットで見たところ、信州サーモンは虹鱒とブラウントラウトのヘンテコ交配で、アルプスサーモンは虹鱒のヘンテコ交配・・・とはいえ、どちらもかなり面倒な(ヘンテコな作業をして)特殊な養殖をしているらしいです。
味は変わらないのかもしれませんが、信州サーモンの方はお上が関係していて、長野県がブランド化して売り出そうとしているらしいです。
ですから、有名宿などはお役所に協力しているのではないでしょうか??


> 朝素敵なことがあったようですね。何だろう…

いえ、登山している方なら普通に見られる光景です(滝汗;)
2014/11/26 18:02  | URL | われもこう #-[ 編集]
-  -
更に翌朝!
それを見てからのコメにしようかなぁ(笑
豪華な料理に・・
羨ましいわ~(*^_^*)
山梨にも「甲斐サーモン」ってのがありますよ♪
2014/11/26 19:17  | URL | kaboとaki #lMBqkpAs[ 編集]
- kaboとaki さん、こんばんは -
> 更に翌朝!

いやぁ、山に良く登る方なら、普通のことだと思います^^;

> 山梨にも「甲斐サーモン」ってのがありますよ♪

お料理、美味しかったです^^  雰囲気もねv-433

「甲斐サーモン」もたしかに! 大型のニジマスのことのようですね。

信州サーモンはなんか遺伝子操作みたいなことをして、メスの3倍体を作り出して
ナンチャラ・・・まるでわかりませんが、園芸花の交配種と同じように1代限りの物らしいです。
食べても安心なのかな??  でも、毎日食べるわけでもないので・・
2014/11/27 17:24  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2365-e228e633

| メイン |