伊豆・河津七滝
2014/10/21/18:20(Tue)
少し前の9月末ですが、伊豆に遊びに出かけました。

以前も行った旧天城トンネル(天城山隧道)は「伊豆の踊子」の舞台のひとつです。
旧天城湯ヶ島町側から入って河津町へ抜けて、もう一度戻ってきました。

izuIMG_9106.jpg

真っ暗なのですが、トンネルの途中まで上りでそこから下るのがわかります。

明治38年 (1905年)に開通したこのトンネルは長さ445.5m、幅4.1m、高さ4.2m。全国初の道路隧道として、平成13年(2001年)に国の重要文化財に指定されています。

天城峠越えは当時としては難所だったのでしょう。 それから解放された大事なトンネルと言うことですが・・内部にはあかりがなく、ワンと懐中電灯付きで歩くのですが、他の人がいないとし〜〜んと静かで声が響いて、ときどき水の滴るトンネル内を歩くのに、いい年をした娘たちが怖がるので、ワンまで緊張したようでした^^;

以前歩いたときは、相方が一緒だったのと、とても良い声で「天城越え♪」を歌いながら歩く人がいたので、まるで雰囲気が違っていました^^


このあとは、河津ループ橋を通って、久しぶりに河津七滝へ向かいます。ここでは滝を「たる」と呼びますのが、河津では濁りますので七滝は「ななだる」です。

茶屋が数軒あるのを通り過ぎると最初にある小さな「カニ滝(かにだる)」を横目で見ながらもう少し歩くと、「初景滝(しょけいだる)」 綺麗な滝です。
ここには、「伊豆の踊子と私」の像があり、たくさんの観光客が記念撮影するところです。

izuIIMG_9187.jpg

左手の大きな滝

izuIMG_9112.jpg

右手の静かな滝

izuIIMG_9113.jpg

飲水できる名水処もあります。

izuIIMG_9117.jpg

さて、そこから「蛇滝(へびだる)」へ向かうのですが・・・・以前とは全然違って階段や道が綺麗に整備されていました。
昔に行ったときは、アップダウンの激しい道でしたのに、河津踊り子滝見橋なるものができていて、これには驚きました。
片塔式ウェーブ橋という吊り橋だそうで、きれいに歩きやすくなっていました。おもしろいけど情緒は減ったかも・・・

izuIIMG_9118.jpg

滝の周りの岩がヘビのウロコに似ているという蛇滝を見下ろします。以前は、滝の横を通る道があったはず・・・

izuIIMG_9120.jpg

通り抜けるともう「釜滝(かまだる)」です
落差22mだそうで、迫力があります。

izuIIMG_9125.jpg

さらに階段を上がっていくと森林浴を兼ねながら猿田淵まで行かれるようですが、もう登るのがイヤになったので^^;、エビ滝」のほうへぐるりと抜けてみました。それでも急な石段を上り下りすることにはなります。大変なのですが、滝を見るならこうした段差のある道が自然な気もします。

izuIIMG_9129.jpg

「エビ滝(えびだる)」です。エビの尾ひれに似てますか?

izuIIMG_9130.jpg

小径をさらに歩くと蛇滝の方へまた戻っていきます。



ふたたび滝見橋を通って来た道を戻ります。

izuIIMG_9131.jpg

蛇滝の周囲には柱状節理がはっきり見られます。この滝も大昔の火山や溶岩によって作られたということですね。

izuIIMG_9127.jpg



再び初景滝から出合茶屋に戻って、今度は階段を下って「出合滝(であいだる)」方面に向かいます。

izuIIMG_9133.jpg

これまで見てきた滝の本谷川と別の支流である荻入川が出会うところにある滝です。

izuIIMG_9138.jpg

向こう側にもう一つの支流の白濁が・・・見えにくいですね。。

izuIIMG_9140.jpg

出会った地点から河津川が始まるそうです。
早春に河津桜を愛でる人で賑わう川べりに至るわけです。

izuIIMG_9135.jpg



この先に落差30mの「大滝(おおたる)」があって、以前は道から滝や滝下の露天風呂まで見えていたのですが、今は遊歩道を通っては見学ができないそうです。

大滝温泉に入らないと大滝は見えなくなっているようです。

この日の七滝は外国人家族率がとても高かったのですが、駐車場に横須賀のバスがついていたので納得でした^^ 日本の良いところをたくさん知って欲しいですね。

この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<「東府や」でランチと唐人お吉 | メイン | 10月のクレマチス、ロゼア>>
コメント
- No Title -
伊豆の旅は圧巻でしたね。こんなに観る所があるのですね。珍しい写真のいろいろ・・楽しませていただきました。
2014/10/24 12:53  | URL | あやめ #-[ 編集]
- 河津七滝 -
滝を見ると嬉しくなります。変化にとんだ滝が見られそうですね。
有名になると情緒や自然さはなくなりますね。地元にとっては大切な観光資源なので、仕方がないのでしょうが・・・
うえの「東府や」も素敵ですね。
でも、人気のようですね。
伊豆は行ったことが無いのですが、素敵なところが沢山ありそうですね。
2014/10/24 17:38  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- あやめさん、こんにちは -
> こんなに観る所があるのですね。

伊豆は東京からはとても近いので気楽に遊びに行かれます^^

意外に奥が深いのかも知れませんv-218
2014/10/27 17:15  | URL | われもこう #-[ 編集]
- オコジョさん、こんにちは -
> 滝を見ると嬉しくなります。変化にとんだ滝が見られそうですね。

伊豆は、とくに狭い地域を川が流れ下るので滝が多いですね。

あまりながく歩かないうちに次々と見られるのでお手軽です(^^)


> うえの「東府や」も素敵ですね。

昔のひなびた雰囲気のほうが好みですが・・・競争が激しい地域なので時代に合わせていかないと取り残されるらしいです。 よくわからないのですが、大手の観光業者が手を入れたようですね。。

> 伊豆は行ったことが無いのですが、素敵なところが沢山ありそうですね。

東海岸、西海岸、中伊豆・・・海・川・山でも違いますし、季節によってもまるで違う顔を見せてくれます。

温泉もいろいろ〜〜 v-48 

新しい道路が出来て、余計に便利になりましたから、チョコッとでかけられます^^
2014/10/27 17:25  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2353-7fae3706

| メイン |