旧開智小学校
2014/04/22/23:58(Tue)
* 3月のお彼岸に善光寺詣りした翌々日

法事が終わって帰る日ですが、松本城の近くにある「旧開智小学校」を訪れました。
松本藩校の流れを汲んで明治6年に開校した小学校です。今もそうですが、長野県は教育熱心な県ですね。

kaiIMG_5698.jpg


元々は女鳥羽川沿いの寺院の跡地に開校したものですが、昭和40年からは移築されて博物館として公開されています。国の重要文化財です。
明治時代の代表的な擬洋風建築ということですが、すごく面白い建物です。木造2階建て、寄せ棟造りで外壁は漆喰塗り。

kaiDSCF9055.jpg

中央に八角塔があり、竜や雲が彫刻され、なぜか天使が2人で「開智學校」を支えています^^

   (↓拡大します)
  00kaiDSCF9056.jpg


実に風変わりでゴテゴテした印象です(^^)

実は、亡き義母がこの小学校の出身でしたので親近感があるのですが、どんな学校生活で、学校の建物をどう思っていたのかなどをだったか聞いたことがないのです。ン十年前に外側を一緒に見たことはあるのですが、中に入るのは今回が初めてです。

実際の教室棟は残されていないらしいのですが、かなりの生徒数だったようです。

kaiDSCF9060.jpg

じいじがコボちゃんとお勉強中^^

kaiDSCF3319.jpg


通行禁止の階段が・・・もの凄い急階段なんです。

kaiDSCF3320.jpg

あとで、2階に上ってから見下ろしたら・・・昔の子どもたちは、毎日ここを通ったのでしょうか? すごく危ない階段で、転げ落ちている子が絶対にいると思います^^;

kaiDSCF9082.jpg

寄贈された当時のピアノがおいてありますが、、、nisikawa&sonと言う銘だそうです。

kaiDSCF9063.jpg

*後からウィキで調べると、西川 虎吉は明治から大正にかけての楽器製作者で、明治13年(1880年)に「西川風琴製造所」を設立しています。国産初のオルガンを製作したのも西川虎吉説と山葉寅楠説の両方があるそうです。明治20年にはピアノも作っているのですが、部品がほとんど輸入品だったので国産初ピアノとは認められなかったそうです。その後、息子をアメリカへ留学させて明治40年にはグランドピアノも製造していたようです。ここにあるのは、国産ピアノの創生期の作品ですね。



こちらの階段は優雅です。

kaiDSCF9065.jpg

廊下も広い

kaiDSCF9069.jpg

小学校の照明?!

kaiDSCF9068.jpg

特別室みたいな部屋で、ステンドグラスに照明が素敵

kaiDSCF9075.jpg

文化財みたいな教室で学ぶ感覚ってどんなでしたでしょう?
ただ、窓が小さいので、実際の教室は暗くて,冬はかなり寒かったらしいです。現代の子だと耐えられないかも知れません。

kaiDSCF9078.jpg


昔の鬼瓦

kaiDSCF9085.jpg

東西南北の風見、こちらは昔の本物 塔の上に付いています

kaiDSCF9086.jpg


和洋中折衷のような、不思議な建物です。

kaiDSCF9090.jpg

こんな小学校でアルプスを眺めながら勉強していた戦前の義母たち、生活の話をきちんと聞いておきたかったです。
子どもたちには今はうるさがられても、自分の時代の話はして伝えていくということも必要な気がしました。

kaiDSCF9091.jpg



* 義父の四十九日の法要もこの時に無事終え、一つの時代が過ぎた事を痛感しました。
 もう上が居なくて、自分たちが家族の最年長となる時期がきたことはヒシと感じます。しかし、まだ落ち着いて今後のことを考えて行動するところまでは至らないのです。そろそろ、身の回りを見直さなくてはと思うばかりで手が付きません。

先週の月曜日から毎日用事がある(遊びも?)という状況で、普段の家事すらおろそかな状態ですから、生活全般を見直す作業はまだ当分無理そう^^;
この記事のURL | おでかけ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<近場の桜(2014年桜、その2) | メイン | 2014年4月半ばのクリスマスローズ>>
コメント
- 小学校 -
お婆様の小学校は何か不思議な時代を感じますね。

お写真も綺麗に取れていて感心しました。私このたびの旅行で

最後にカメラを無くして写真がありませんのよ。

 
2014/04/23 08:14  | URL | あやめ #-[ 編集]
- 南会津にも。 -
こんにちは。
時代の雰囲気を体現した建物ですね。
会津にも似たような学校の建物が残ってます:地元の方に案内して頂いたのですが、まだ見ぬ海の向こうの様子を想像しながら建てたのだろうな、と感じられる建物でした。
木造なので管理が大変だと思うのですが、大切に残して欲しいですね!
2014/04/23 13:40  | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
- あやめさん、こんばんは -

> お写真も綺麗に取れていて感心しました。

ありがとうございます。
一枚目はiPhoneの画像です^^;

> 最後にカメラを無くして写真がありませんのよ。

それは残念でしたね〜〜でも、目でしっかりご覧になり頭に焼き付いていらっしゃることでしょう。
もうお帰りになられたようですね。京都も楽しみでしたでしょうが、我が家もやはりよろしいでしょう
明日はそちらもかなり暖かくなる予報です。
ちょうど良い時期でしたね♪
2014/04/23 22:42  | URL | われもこう #-[ 編集]
- yokoblueplanet さん、こんばんは -

> 会津にも似たような学校の建物が残ってます

以前鶴岡に行った時も、小学校ではなかったのですが、大宝館といったかな?洋館がありました。
新しいものを吸収して取り入れようという活気が中央に限らず日本中の地方にも溢れていたのでしょうね^^

> 木造なので管理が大変だと思うのですが、大切に残して欲しいですね!

大切な文化ですから、しっかり残して欲しいですね。
2014/04/23 22:47  | URL | われもこう #-[ 編集]
- こんばんは -
ここと佐久の中込学校は明治の人たちの新しい時代への期待と思いを感じますね。きぼし小さいですが、ほかにもいくつか、そうした学校が残っています。
新しい時代への夢を私たちが決してはいけないのでしょうね。

お義父さま四十九日は一区切りですね。
でも、法要は、個人を思いだし、そういう思いを持つ人たちが集うことに意味かあるのだというお坊さんの話を聞いたことがあります。
ぜひ、信州を、これからもたびたび訪れてください。

私の母親も、入院や、いろいろと、体力多岐な問題が増えてきました。
施設の医師からは、いつ何があってもおかしくないと覚悟しておいてほしいと・・・

誰もが通る道なのですが・・・
2014/04/25 19:56  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョ さん、またこんばんは -

> 新しい時代への夢を私たちが決してはいけないのでしょうね。

特別な思いがあったのでしょうね〜〜その思いを大切に継承していかなければならないと思います。


> 施設の医師からは、いつ何があってもおかしくないと覚悟しておいてほしいと・・・

まあ、お医者様はたいていそう言うのですが、きっとまだまだ大丈夫ですよ^^
とはいえ、少しずつ覚悟を決めて心の準備をするのは大切です。その時間的余裕を与えて下さっているお母さまに感謝ですね。

2014/04/25 23:16  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2286-f9b4fbe9

| メイン |