牛伏寺へ初詣
2014/01/09/18:00(Thu)
*今年の初詣は牛伏寺(ごふくじ)です

松本市にある真言宗のお寺で、鉢伏山(はちぶせやま)の中腹にあります。(相方の実家はこの鉢伏山の麓ですので、朝に夕にながめ、地元で山といえば鉢伏山です)

言い伝えによると、756年(天平勝宝7年)、唐からもたらされた大般若経600巻を善光寺へ奉納する途中、経典を運んでいた2頭の牛が倒れたことから「牛伏寺」の名が付いたということです。

山門

gogukuji.jpg

本坊と続く如意輪堂

0102IMG_7074.jpg

その横に、牛さんが二頭、鎮座しています

0102IMG_7082.jpg

0102IMG_7079.jpg


山の中腹ですから寒いところです。水も凍ってるけど、境内も凍っているので慎重に歩きます。

0102IMG_7084.jpg

階段を上って仁王門

0102 IMG_7083

左側に観音堂 お参りしていきます。

0102IMG_7088.jpg

奥殿がお正月には開扉されていて、ありがたいことに外から貴重な仏像が拝見できます。

0102IMG_7096

ご本尊の国指定重要文化財の十一面観音さまだけは厨子の中でした。


厄除けの鐘は自由に撞けますので、一人一回ずつ・・・

0102IMG_7103.jpg

天井には龍の絵

0102IMG_7107.jpg

こちらのお堂

    0102IMG_7101.jpg

屋根のてっぺんには鬼の面が・・・

0102IMG_7100.jpg

この寺に伝わる宝物の追儺面は赤鬼と青鬼があり、松本市の重要文化財です。

今は、成人の日と前日の連休に厄除け縁日大祭が開かれ、相当賑わうそうです。
ここでお土産に買ってきたのがこちら・・・

0102DSCF8160.jpg   0102DSCF8163.jpg

あんこ入りのそば饅頭です^^

本坊のしめ飾り・・・それぞれの土地特有な飾り方ってありますよね。

0102IMG_7108.jpg

ここのは凝っていました

0102IMG_7110.jpg


山門の階段を降りて、振り返ってみました。

0102IMG_7062.jpg


六地蔵
0102IMG_7113.jpg

こちらが牛堂、倒れた牛を祭っています

0102IMG_7114.jpg


0102IMG_7058.jpg

この寺の横を流れる牛伏(うしぶせ)川=いわゆる牛伏寺(ごふくじ)断層です^^; 堰の水が凍っていました。

0102IMG_7057

この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<薬師平 崖の湯温泉 | メイン | こちらのお馬さんは・・・ロデオ!>>
コメント
- 初詣 -
 素敵な初詣ですね。本州には由緒あるお寺が多くて羨ましく思います。立派ですし、歴史を感じるお寺です。写真を沢山撮りましたね。楽しませていただきました。
2014/01/10 15:53  | URL | あやめ #-[ 編集]
- あやめ さん、こんにちは -
>  素敵な初詣ですね。本州には由緒あるお寺が多くて羨ましく思います。

本州・・久しぶりに聞く言葉ですが、そうですね。
やはり、北海道は明治以後なんですね^^  

でも、大自然に恵まれている点は全然違います。 お互い無いものねだりかも(笑;)
2014/01/10 17:43  | URL | われもこう #-[ 編集]
- おはようございます。 -
牛伏寺は、一度行ってみたいお寺ですが、趣があって良いですね。

>ここのは凝っていました
この、「お椀」と呼ぶ注連飾りの一種です>上田地方から長野盆地あたりで作られているのを知っていますが松本地方にもあるのですね。
この中にお餅や、お節を入れて、神仏に供えます。

遅くなりましたが、今日これから善光寺に初詣に行ってきます。
2014/01/13 09:27  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョさん、こんにちは -

> 牛伏寺は、一度行ってみたいお寺ですが、趣があって良いですね。

ほぼ地元ですので、なんども行くのですが、いいところです^^

> この、「お椀」と呼ぶ注連飾りの一種です
> この中にお餅や、お節を入れて、神仏に供えます。

まあ、そうなんですか!!
袋みたいとは思いました。牛伏寺は由来からも善光寺にとても近いので、飾りも長野方面に近いのか盛っしれませんね。

善光寺にもかなり前に行っただけですおで、縁があったらまた行きたいです。

2014/01/13 16:08  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2220-dc05dd52

| メイン |