2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
多摩川散歩ついでにお蕎麦
2013/12/28(Sat)23:00
* 12月半ばの休日にワンと多摩川べりを散歩するついでにお昼はお蕎麦

小田原の有名店、星月の弟さんご一家が国領で開いています。
小田原のお店はとうとう体調不良で閉められたようです。好きなお店でしたので残念です。

1215DSCF7976.jpg



こちらは郊外の町中なのでうどんも蕎麦もなさるけど、美味しいです^^
↓は相方が食べた天ぷらだけど、私がたべるのはたいてい鴨汁(^^)

1215DSCF7977.jpg



お日様があるうちは薄ぼんやりしていた西の空ですが、散歩が終わる日没近くになると、よみうりランドの先に富士山が浮かび上がります。


1215DSCF8028.jpg



* 古いソフトのご機嫌が悪いのをなだめながら、ようやく年賀状印刷が終わりました。
ひと言書き添えて,自分の分だけは投函できました。30日以前に出せたことは久しぶりの快挙です^^;
とはいえ、お互いに年賀状はやめようという約束になったり、昨年の喪中はがきを好機としてどんどん減らす方向です。


今日、家族と「プリントゴッコ」が無くなった時点で賀状をやめる人が多くなったのでは?!という話になりました。書かない人が増えたから無くなったのか・・どちらが卵か鶏かわかりませんが・・・プリンター印刷はやはり味気ないのかな
かと言ってすべて手書きあるいは手作りする気力も才能もないので、しだいに遠ざかってしまってるのかもしれません。

父の代わりに準備していた頃は500枚以上だったことからすると隔世の感を禁じ得ないです。
この記事のURL | 蕎麦が好き | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 年賀状 -
 最近お蕎麦づいて 昨日は金曜 土曜だけ開店の蕎麦屋に行ってきました。
 私には 味はよくわかりませんが・・・東京で食べたのが一番おいしかった
 ように思います。家人の友達で2年前に 賀状は今年でやめますと言って
 きた人がいて さびしいながら 英断だなと思っています。
2013/12/29 05:14  | URL | 小紋 #-[ 編集] ▲ top
- 小紋さん、こんばんは -
>  最近お蕎麦づいて 昨日は金曜 土曜だけ開店の蕎麦屋に行ってきました。

小紋さんもお蕎麦にはまりつつあるのかな(^^)
東京が一番お店が多いのですが、人気店でも口にあうかどうか・・・蕎麦と汁それぞれにけっこう好みが分かれるので次はどこへ行こうかと・・・面白いのかもしれません。
好みの味と店の雰囲気がバッチリだと感動します^^;

> さびしいながら 英断だなと思っています。

どうすれば一番良いのかわからないのが年賀状です。
義理ならやめたいとこだけど、年に一度の御機嫌伺いも楽しみでもあります。
自分も含めて、印刷ですと味気ないですが、昔のように版画を彫るほど時間もなく・・・時代に流されています。
2013/12/29 18:26  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- 年末 -
 最近外食のランチはお蕎麦が多くなりました。先日はぬるい
 お蕎麦が出てきて、家に帰ってから,怒っていました。遅し!年賀は枚数を増やさないようにして毛筆を使っています。

 でも、ふっとメールを使っても・・・と思いましたね。
 アイホーンはどうですか・・・私は電話よりも、ほかの事で
 メモとか・・使うことが多いです。良いお年を!
2013/12/29 18:58  | URL | あやめ #-[ 編集] ▲ top
- あやめさん、こんばんは -
>  最近外食のランチはお蕎麦が多くなりました。先日はぬるい
>  お蕎麦が出てきて、家に帰ってから,怒っていました。

それはお気の毒でした。もう2度と行かない!となりますね^^;


>  年賀は枚数を増やさないようにして毛筆を使っています。

うわぁ〜〜素晴らしい!!
超悪筆ですからボールペンの金釘は一言で済ませたいです。
そうですね〜〜ネットを使うお友だちにはネット上でのご挨拶でいいかな〜〜と、お稽古仲間もやりとりはもっぱらメールです。 年賀状は親戚と同級生ぐらいになっています。。

あやめさんも良い年をお迎えください。来年もどうぞよろしく^^
2013/12/29 21:52  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2211-b9d1bbc1

| メイン |