四万温泉、積善館
2013/12/10/12:00(Tue)
* 一度は行ってみたかった温泉宿・・・四万温泉の積善館に行ったのは10月の連休でした。

本館の表玄関は人がいっぱいです。

1013DSCF7259.jpg

観光地なみに有名と言うことと、立ち寄り湯もあるということ、それに中之条ビエンナーレの会場のひとつでもありました。


私たちは別館の入り口から入館します。
表側とは異なり、とても静かで落ち着いた雰囲気です。↓は部屋からの景色

1013DSCF7327.jpg

部屋は広いのですが、凄くレトロなザ・和風です^^;


1013DSCF7295.jpg



リニューアルされた大浴場と露天風呂は湯量も豊富でとても気持ちよかったです。
↓拡大します(旅館のHPよりお借りしました)

spa_sec2_img2.jpg


館内の別のお風呂に行こうかと探検しますと・・・この旅館も中之条ビエンナーレの会場となっていて、正面の使われていない棟の部屋にいろいろ展示されています。

1013DSCF7275.jpg

一部ですが・・・

1013DSCF7279.jpg

^^;

simaIMG_4131(1).jpg


積善館と言えば元禄の湯!というレトロなお風呂は立ち寄り時間内だったのでとても混雑していて,夜まで待つことに。

混浴の岩風呂を覗いたら、ちょうどカップルが出てくるところで、「今は誰もいませんからチャンスですよ^^  誰か来れば浴室からわかりますから大丈夫」と言われて、即入浴。ちょっぴりスリルがありましたが、ゴツゴツ岩で楽しいお風呂でした^^ あとは家族風呂もあり、これは鍵がかかっていなければ自由入浴なのですが、すべて入るのは難しいかも

↓岩風呂・・・拡大します(HPより)
spa_sec4_img1.jpg 


翌朝撮ったものですが、元禄の湯は表正面にあるので、入りに行くにはこんなトンネルを通ります


1013DSCF7343.jpg

年期の入った階段

1014DSCF7345.jpg

元禄の湯はこの扉の向こう側です。

1014DSCF7337.jpg


お風呂はもちろん撮れませんから、HPよりお借りしてきました。
・・・元禄と言っても江戸時代風ではなく思いっきり大正ロマネスクというのでしょうか、タイル張りで天井も高いのです。昭和5年に作られたそうですが、小さな浴槽が5個,いくつか入ってみましたが同じ^^;・・・掛け流しで気持ちよいです。

1人用の蒸し風呂(サウナ)があるそうですが・・・1人しかいなかったせいで、なんとなく怖くて入りそびれました。
↓拡大します
spa_main_img.jpg


この元禄の湯は5時ぐらい?までは立ち寄り入浴ができます。
でもね、お風呂に掲示されていたのが「最近入浴中にカメラを向けられたという苦情が多いです。お風呂では撮影はしないで下さい。」って、人がいるのに撮るなんて!!ブログやツイッターかなにかでアップされたら敵いませんよね(怒)

飲泉もできるんです^^



さて、お待ちかねのお夕食♪

1013DSCF7302.jpg 1013DSCF7304.jpg 1013DSCF7305.jpg


1013DSCF7308.jpg 1013DSCF7309.jpg 1013DSCF7312.jpg 

1013DSCF7313.jpg 1013DSCF7316.jpg 1013DSCF7318.jpg

こちらのお料理は奇をてらわずに至極まっとうで、温かく秀逸でした。

食後にはもちろん夜の散歩
こういう場所は真っ暗闇になるので懐中電灯必須です


1013DSCF7323.jpg


1013DSCF7326.jpg


朝ご飯〜〜〜も、とても美味しくて良かったです^^

1013DSCF7330.jpg


朝、観光客が誰もいない時間の正面玄関


1013IMG_3342.jpg

この川と橋、渡り廊下の橋・・・そう、「千と千尋」の湯屋のモデルの一つと言われているのです。(他にもいくつかありますが・・)それで、観光客も多いのでしょうね

1013IMG_3347.jpg

橋のすぐ向こう側に見える1階の部分が元禄の湯です。

1013DSCF7331.jpg


うちからはやや遠いのですが、ここは、見学したり体験するのが楽しいお風呂と、ゆったり静かな大浴場+露天風呂の両方が楽しめて、掛け流し温泉としては大満足でした。最近掛け流しと称しているのに循環だったことでショックを受けた温泉もあるので、この温泉は一度は足を運んでも損は無いでしょう^^  
この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<八ッ場ダム・・・ | メイン | 万座温泉から~~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2199-1cc79b0f

| メイン |