2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
アプトの道を歩く
2013/12/10(Tue) 10:00
* 古記事なのでもう更新ナシにしようと思っていたけれど・・・^^;

紅葉の日光のもっと前、10月の連休ですが、横川から熊ノ平駅までの廃線跡の遊歩道を歩いてきました。
といっても、車なので、全部歩いたのではないのですが・・・

横川で釜飯を調達してからでかけます。。。この釜飯、普通は1000円ですが、栗ごはん1800円、なんと松茸釜飯は3600円なんていうのもあるそうです。時間が早かったので、普通のしかなくて迷うこともありませんでした^^;
ちなみに、陶器ではない容器も開発中だそうです。重さともったいなさで買えない時もありますからね〜〜

1012DSCF7002.jpg

さて、この一号隧道の近くから歩きはじめます。

1012DSCF7109_20131030000139ac2.jpg


1012DSCF7013.jpg


1012DSCF7016.jpg

ここは橋の上

1012DSCF7018.jpg


1012DSCF7019.jpg

↑の広いところには、線路が残されていました。↓

1012DSCF7095.jpg


1012DSCF7025.jpg

1012DSCF7026.jpg

1012DSCF7027.jpg

下に碓氷湖が見えてきたけど・・・休憩はなし (後から聞いたところによると、この先の霧積温泉がすごく良いらしい・・・いつかね^^)

1012DSCF7028.jpg

トンネル・・トンネル・・・またトンネル・・・

17312996.jpg

このトンネルを抜けると・・・

1012DSCF7047.jpg

めがね橋!! ここはポスターやWEBサイトなんかで見たことがあるけれど、橋の全体像を見るには下からでないと見えなくて、今は橋の上を歩いてることに初めて気づきました。ここまで来てみないとわからないこと!

1012DSCF7048.jpg

橋の上とは思えないほど長くて、しっかりとした道(線路だったから当たり前だけど)

1012DSCF7049.jpg

向こうに見えるのは現在の在来線の線路、新幹線はさらにこの奥を走っているそうです

1012DSCF7050.jpg

この先も熊ノ平駅まで延々と同じような道とトンネルが続くらしいけど、ここで休憩して車まで一旦戻ることにします。
1012DSCF7053.jpg


1012DSCF7063.jpg

めがね橋の全体像を見るにはこの階段を降るのですが、再び登ることを考えたら・・・車で行きます^^;

1012DSCF7068.jpg

この上が中山道なので、立ち寄ります・・

1012DSCF7101.jpg

往復同じ道を歩くのですが、違う景色が見えるのも面白いです

1012DSCF7089.jpg

1012DSCF7087.jpg


車を置いたあたりに戻って来ると、ちょうど電車がチラリと見えます。可愛い電車です。

1012DSCF7107.jpg

北原白秋の「碓氷の春」の歌碑                ↓拡大します

1012DSCF7108.jpg001012DSCF7105.jpg

ここで、ふたたび車に乗って、先程のめがね橋に向かいます。
今度は下から眺めるのです



1012DSCF7113.jpg


1012DSCF7119.jpg

↓拡大します。 明治26年に完成した碓氷線です。
橋のアーチの内側が微妙に色が違うのですが、コンクリートで補強しているそうです。
そのおかげか新潟地震でも東北の地震でも大丈夫だったそうです。

001012DSCF7124.jpg


ed17351782.jpg


このあとは車で熊ノ平駅に向かいますが、同じような橋やトンネルが続いています。


1012DSCF7122.jpg

そして、ここが旧道の終着駅(入口とも言える)、熊ノ平駅です。
(トイレがあるというふれこみでしたが、簡易トイレが2個並んでいるだけでがっかり・・観光地として売るなら設備もしっかりして欲しいところです)

1012DSCF7126.jpg

レールや架線が残されています。アプト式って小学校で習ったのを懐かしく思い出します。

1012DSCF7128.jpg


1012DSCF7129.jpg


ここにもトンネルが・・・すでに使われなくなって何年なのかな? しかも、管理して観光地としても利用はしていない様子です。もちろん立ち入り禁止になっているんだけど、なんとなく不気味でこれ以上は近づきたくない雰囲気でした^^;
(ここ熊ノ平駅では脱線事故も起きているので、やはりこのトンネルにはいろいろな話もあるらしいですーー;)

1012DSCF7130.jpg



1012DSCF7132.jpg

さて、こちらは碓氷峠^^  群馬県と長野県の県境になります。

1012DSCF7131.jpg

↓拡大します
001012DSCF7133.jpg


このあたりで咲いていたツリフネソウと赤い実

1012DSCF7134.jpg


1012DSCF7135.jpg



そして、混んでいるはずの軽井沢をささっと通り抜けて、途中で浅間を眺めながらランチ♪

1012DSCF7139.jpg

今日のランチは、途中で買ってきた峠の釜めしです♪

17371533.jpg


そして、おやつは峠の力餅


1012DSCF7142.jpg


この夜は万座温泉に泊まりました。万座も良かったのですが、更新する時間があれば、またそのうちに・・いつか
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<万座温泉から~~ | メイン | 「いのちの壱」ご飯が美味しすぎて・・・>>
コメント
- こんばんは -
力餅・・・
峠の湯近くのお店・・・
峠の湯は毎年のようにいった場所で火事で残念です。
今年も4月にいったのですが・・・

もっとも、グルメとは縁が無い温泉ですが、アプトの道を歩いて、ここで゜温泉・・・
妻と共にお気に入りでした。

峠の釜飯の荻野屋の経営でした。
峠の釜飯は、それほどおいしいとは思えません、慣れてしまったのでしょうね。もう20年近く食べていないかも・・・
それにあの釜がもったいなくて・・・・
陶器でないないなら・・・
やはり買わないかな、力餅は買いますが・・・
でもはじめての人には感激ですよね。

めがね橋・・・
ここはいつ行ってもいいのですが、だれにも会わなかったころが懐かしいです。
観光地化して一寸残念・・・
それだけの価値があるので仕方ないかと・・・
2013/12/20 19:58  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
- オコジョさん、こんにちは -

> 峠の湯は毎年のようにいった場所で火事で残念です。

火事なんですってね〜〜案内に書かれていて行く予定でしたので,残念です。

> 峠の釜飯は、それほどおいしいとは思えません、
> それにあの釜がもったいなくて・・・・

逆に旅行で行く者の郷愁でしょうか、大昔の駅弁の思い出を求めているのだと思います。

> 陶器でないないなら・・・

> めがね橋・・・
> ここはいつ行ってもいいのですが、だれにも会わなかったころが懐かしいです。

そんな時もあったのですね^^
私のような者まで見に出かけます(^^) 昔の建造物はしっかりしていますね。
不要になっても壊さずに観光として使うことは大切だと思います。


2013/12/21 17:05  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2168-b49ceb4b

| メイン |