夏の東北ぶらり旅(その16)青森ねぶた祭りその2
2013/10/04/16:20(Fri)
* 飽きもせず青森ねぶたのつづきです。。。

nepuDSCF6610.jpg


nepuDSCF6609.jpg

nepuDSCF6612.jpg

ねぶたの行列の先頭は、銀行の支店長さんとかこうしたスポンサーのお偉方が歩くことが多いです。
青森ならではのスポンサーもいます。

nepu_DSC3166.jpg


nepu_DSC3171.jpg


nepu_DSC3204.jpg

nepu_DSC3168.jpg


nepuDSCF6614.jpg

nepuDSCF6622.jpg

nepuDSCF6625.jpg

TVカメラも、可愛い子たちを撮りたいようです

nepu_DSC3242.jpg


nepu_DSC3247.jpg

nepuDSCF6631.jpg

nepu_DSC3245.jpg

nepu_DSC3251.jpg

nepu_DSC3254.jpg

nepu_DSC3258.jpg

nepu_DSC3259.jpg

私の居た席は最終ゴール近かったのか、水入りが多かったですね

nepu_DSC3264.jpg

観客席にアピールしてくれるイケメンのお兄さん・・こうした交流はうれしいですよ

nepu_DSC3279.jpg

nepu_DSC3281.jpg

 nepu_DSC3287

PRねぶたも青森ならではのが楽しいです

nepu_DSC3285.jpg

nepu_DSC3231.jpg

nepu_DSC3237.jpg


 nepuDSCF6667

おや、マルハニチロですから、最初に見たのに戻りました。途中移動で見られなかったのもありますが、なんとか一周したところです。もうそろそろ終わりの時間なので、皆盛り上がっています。

 nepu_DSC3298

nepuDSCF6676.jpg


nepu_DSC3297.jpg




これにて終了!!
観客の多くが一斉にアスパム方面に向かって歩き始めます。お巡りさんたちも大勢向かうので、私たちも付いて行ってみることにします。

 nepuDSCF6681

どうやら、大量のツァーバスの駐車場があるようです。それにお土産とトイレでしょうか^^


そのうちに、いくつかのねぶたが戻ってくるのが見えて、アスパムの裏手、港の方に行ってみますと・・・ねぶたの収納庫がありました。1日から7日までの長丁場ですから、こうした収納が必要なのでしょう。

記念撮影をするグループもあり

 nepuDSCF6697

収納場なので、すぐ間近に見られるというのも面白いものでした。


 nepuDSCF6704


 nepuDSCF6718

nepu_DSC3158.jpg


*ただ、ながながと並べてしまいましたが、初体験は楽しかったです♪
お祭りは見る方も興奮しますね^^

申し訳ありませんが、これをアップするのが精一杯で訪問はまだしばらく出来ません<(_ _)>

夏の東北ぶらり旅(その1)番外編・盛岡
夏の東北ぶらり旅(その2)弘前ねぷた準備中
夏の東北ぶらり旅(その3)弘前にて蕎麦
夏の東北ぶらり旅(その4)靑森銀行記念館
夏の東北ぶらり旅(その5)弘前城
夏の東北ぶらり旅(その6)弘前にて洋館
夏の東北ぶらり旅(その7)乳穂ヶ滝〜白神へ
夏の東北ぶらり旅(その8)マザーツリー
夏の東北ぶらり旅(その9)暗門の滝へ
夏の東北ぶらり旅(その10)第3と第2暗門の滝
夏の東北ぶらり旅(その11)第1の暗門の滝
夏の東北ぶらり旅(その12)暗門で出会った花たち
夏の東北ぶらり旅(その13)暗門の林間コース
夏の東北ぶらり旅(その14)青森
夏の東北ぶらり旅(その15)青森ねぶた祭りその1
夏の東北ぶらり旅(その16)青森ねぶた祭りその2
この記事のURL | おでかけ(東北) | CM(6) | ▲ top
<<青森ねぶた祭り、オマケの動画 | メイン | 夏の東北ぶらり旅(その15)靑森ねぶた祭その1>>
コメント
- バス -
 遠くで降ろされて 歩いて現場まで行きましたね。
 たくさんの人出ですから はぐれないように 必死。
 17年くらい前だったような。 もう一度見たいような
 怖いような。ここで見たからいいかな・・・ 
2013/10/05 07:07  | URL | 小紋 #-[ 編集]
- こんばんは -
いいなあ。
一度は行って見たいと思いますが、二人とも退職しないと無理でしょうね。
一人ではさすがに行かせてもらえそうもありませんから。
それにしても大迫力ですね。
2013/10/05 18:15  | URL | ネコビーバー #sy32fyL2[ 編集]
- ねぶた -
やはり、祭りで見ないと感動は薄いのでしょうね。
ワラッセで見ても素敵でしたが・・・
やはり動いているのをみたいです。
青森の息子は人が多くてと、見に行かないようですが・・・
港にはたくさんのねぶたのテントがありますね。
息子がその中で、ねぶたを作るのだと言っていました。
混むのは嫌いで私たち夫婦は、敬遠ですが、祭りの雰囲気を楽しませていただきました。
2013/10/06 21:01  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- 小紋さん、こんばんは -
>  遠くで降ろされて 歩いて現場まで行きましたね。

ツァーですとそのようです。
祭りが終わったらバタンQと眠れるように、なんとかネット検索でキャンセルを見つけて市内の宿を確保しました。

>  17年くらい前だったような。 もう一度見たいような

17年前とどのように変わっているのか、これは体験者でないとわからないですね^^
2013/10/07 12:38  | URL | われもこう #-[ 編集]
- ネコビーバーさん、こんにちは -

> 一度は行って見たいと思いますが、二人とも退職しないと無理でしょうね。

まだおふたりとも現役世代、若いっていいですね^^
私は自由時間がたっぷりあるのですが、相方には引退がなさそうで土日を挟むと旅は大変です。

> それにしても大迫力ですね。

ほんとうは参加しないと祭りの力はわからないのかもしれませんが、まあ眺めるだけで十分です^^
2013/10/07 12:40  | URL | われもこう #-[ 編集]
- オコジョさん、こんにちは -

> 青森の息子は人が多くてと、見に行かないようですが・・・

いつでも見られるとなると、案外見ないものかもしれません。

> 混むのは嫌いで私たち夫婦は、敬遠ですが、祭りの雰囲気を楽しませていただきました。

たしかに、混雑は好きではないのですが、お祭りの高揚感を味わうのは好きです。
太鼓の響きも良かったです。
ただ、ねぶたは観客を楽しませるより、参加するほうが楽しい祭りのようです。もうすこし跳ね人が跳ねてくれると楽しかったのですが、私たちの周辺はだらだら歩くことが多くて、一回か二回ぐらいでしたのがすこし寂しかったです。
2013/10/07 12:46  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |