夏の東北ぶらり旅(その7)乳穂ヶ滝〜白神へ
2013/09/07/10:20(Sat)
* 8月1日

弘前を出て,白神山地の暗門へ向かいますが、途中で神社を見つけて車をUターンさせて戻ります。

日の丸を掲げた神社を東北では何度か見ました。

0801DSCF4752.jpg

鳥居をくぐると天に向かっている剣に驚きます。樹齢300年の巨木の杉の向こうで堂々とした音が・・・

0801DSCF4753.jpg

落差33mの乳穂ヶ滝(ちほがたき)です。後で調べてみると、旧正月の滝の凍結状況で作物の豊凶を占うらしいです。
0801DSCF6332.jpg

滝の上部の裏側にお不動さんが祀られているようですが、子ども連れの先客も居たので、これはパスしました。

0801DSCF6333.jpg


0801DSCF4758.jpg

0801DSCF6335.jpg


説明板↓は拡大します。道路の向こう側の岩木川の河原にガマ石があるそうなので、見に行きましょう

000801DSCF4762.jpg

立派なガマですね^^

0801DSCF6337.jpg



これから暗門に向かうのですが、まず、白神山地とは、ウイキペディアによりますと、『白神山地(しらかみさんち)とは、青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がっている標高1,000m級の山地(山岳地帯)のことをいう。白神山地は、屋久島とならんで1993年(平成5)12月、日本で初めてのユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。そこには「人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布」(世界遺産登録理由)している。』とあります。


今、富士山が世界遺産登録されて騒がれていますが、20年も前にすでに登録されているんです!


ほぼ3/4が靑森県で残りが秋田県なのですが、いわゆる中央部の核心地帯は秋田県で原則入山禁止です。今回行ってみて、両県で地図なども区切られていることが多くて,全体像をみるのが難しいかなとも感じました。たとえば、秋田の能代空港に降りたのですが、秋田からでは暗門へは行かれないらしいとか・・林道があるようですが,聞いても詳しい状況はわからずに弘前回りが安心ということでした。まあ、それによって守られているのかも知れませんが。

それにしても、自然いっぱいを想像していたのに、白神へ向かう道路はダンプカーが列をなしています。


0801DSCF4766.jpg

弘前から岩木川沿いに白神ラインという道路があるのですが、ここ(西目屋村)には目屋ダムというのができていたそうです。そのダムと西目屋村をさらに飲み込んで、されに大きな津軽ダムが建設されている途中だったんです。

0801DSCF4767.jpg

それに伴って、高くて巨大な橋やトンネルが作られ、道路の付け替え工事です。

0801DSCF4771.jpg


後で、地元の方と話したときにも、今回で2度目の移転をしたとか・・・以前は、村内でもアカゲラが相当数いたのに、今では核心部分でないと居ないらしいとか・・伺いました。

靑森県のHPには洪水・灌漑用水・工業用水・発電などとありましたが、こんな巨大なダムが世界遺産目前にあるとは行くまでまるでわからないことでした。


夏の東北ぶらり旅(その1)番外編・盛岡
夏の東北ぶらり旅(その2)弘前ねぷた準備中
夏の東北ぶらり旅(その3)弘前にて蕎麦
夏の東北ぶらり旅(その4)靑森銀行記念館
夏の東北ぶらり旅(その5)弘前城
夏の東北ぶらり旅(その6)弘前にて洋館
夏の東北ぶらり旅(その7)乳穂ヶ滝〜白神へ
この記事のURL | おでかけ(東北) | CM(0) | ▲ top
<<夏の東北ぶらり旅(その8)マザーツリー | メイン | 金継ぎ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |