夏の東北ぶらり旅(その3)弘前にて蕎麦
2013/08/26/15:15(Mon)
* さて、弘前でねぷたの準備をみているとそろそろお昼です。
ねぷたの警備をしているおじさんに、美味しいお店を聞いてみると、フランス料理とお蕎麦屋さんを教えてくれました。

フレンチも魅力がありましたが、相方の選択はとうぜんお蕎麦です
建物の外観も素晴らしくて、入り口には期待度があがります。

0801DSCF4662.jpg

店内の調度品、これは白岩焼きですね〜〜さすがに良い
東北ではもう今は作られていない白岩焼きとか堤焼きとか、生活雑貨の甕などに良いものがたくさんあります。

0801DSCF6302.jpg

素敵なものを見せてもらいました。

0801DSCF6305.jpg

奥行きも広いです。

0801DSCF6303.jpg

地元の民芸品がたっぷりです。

0801DSCF6304.jpg

で、相方のは天ぷらのもり。津軽塗りのテーブルです。

0801DSCF4665.jpg

私も普段はもりですが、この日は涼しすぎる・・・メニューに鴨汁がなかったので、珍しく温かい蕎麦で親子です。

0801IMG_1993.jpg

細麺でコシもあり、どちらもとっても美味しくいただけて、地元の方に聞いて良かったと感激です。

0801DSCF4666.jpg

弘前の高砂さん、名店のようです。

0801DSCF6306.jpg

蔵も立派でした。

0801DSCF4668.jpg


すぐ側にあった、こちらの幼稚園、ここの松も素晴らしい

0801DSCF4670.jpg

養生幼稚園
旧伊藤梅軒宅で、長州藩士吉田松陰は熊本藩士宮部鼎蔵とともに、ここで藩に軍事や教育等について尋ね思想や世界観を語り合ったといわれて、松蔭室というのもあったようですが、今では建て替えられているらしく、往時の面影を残すのはこの松ぐらいなのでしょうか?
この記事のURL | 蕎麦が好き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2125-4fd6748b

| メイン |