修善寺・新井旅館へ
2013/07/26/16:00(Fri)
この旅館はとても古かったというか文化財の宿とよばれているのです。旅館が登録有形文化財というので、相当古びているかと心配でしたが、設備は今風にきちんとしていますし掃除が行き届いています。横山大観のアトリエであった棟や芥川龍之介が逗留していたり・・・


木洩れ日の湯という露天風呂も風情がありましたが、安田靫彦 が設計を手がけたという大浴場「天平大浴堂」が秀逸でした。
昭和9年築ですが、台湾から運んだ檜を使った総檜造りで、伊豆石が置かれています。高い天井で、ゆったりとした気分になれます。
誰もいない朝の時間に・・・

0503DSCF3527.jpg


窓の下の方、池に面していて鯉が泳いでるのが見えるのです。芥川もそのことを手紙に記していたりしています。
カランももちろんシャワーもないのですが、上がり湯がいくつか用意されているのが面白いです。


なにより、こちらの宿のすべてのお湯が「源泉掛け流し」というのに惹かれたのです。
その前にも「源泉掛け流し」とうたった宿に泊まったら、循環でがっかりしたことがあり、実際に足を運ばないとわからないところもあるだけに、こちらは良かったです。でも、どうして循環なのに「源泉掛け流し」と書けるのか、どこで見分ければよいのか、とても不思議な思いでいます。

こちらのように、飲泉ができる温泉は,自信があるというか間違いが無い気がします。

↓は、お風呂から見える鯉が泳いでいる池

0503DSCF3533.jpg

渡り廊下が素晴らしい^^

0503DSCF3516.jpg


0503DSC_0590.jpg


0503DSC_0597.jpg


ザ・和風旅館 という雰囲気^^

0503DSC_0588.jpg

今までそういうのが苦手でしたが、ここは押しつけがましくなくさりげないおもてなしで居心地が良かったです。 (新井旅館)

さすがに、明治大正と東京の奥座敷として栄えた場所ならではと感じました。
美味しい食事と温泉で言うこと無し


0503DSC_0585.jpg
この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(0) | ▲ top
<<明日から (ギボシ) | メイン | 修善寺で美味>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |