2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
修善寺散策(その1)竹林の小径〜風の小径〜範頼の墓〜梅林〜
2013/06/26(Wed) 18:00
*GW後半は、前半とは異なって近場でゆっくり・・(のハズ)ですから、修善寺も宿の近くを散策します。

桂川沿いの賑やかな場所を通り過ぎて

0502DSC02141_2.jpg


チェックインには早いので、今夜の宿に荷物を置いてから散策です。

0502DSC_0464.jpg


0502DSC02143.jpg





朱赤に塗られた橋がいくつか・・・恋の架け橋としてそれぞれ名前が付いたいたような・・?!

0502DSC02160_2.jpg


橋を渡って 竹林の小径へ

0502DSC02152.jpg

0502DSC02153.jpg



0502DSC_0465.jpg


0502DSC_0466.jpg


赤蛙公園のあたりから観光客はほとんどいなくなります。

突然タンクとパイプが・・・温泉の配管でした。修善寺には旅館も多く資源の枯渇を怖れて,こうして源泉の管理をして使わないお湯の循環もしているようです。

0502DSC02168_2.jpg

きれい事では済まないことも多いでしょうから、こういうのを見るのも興味深いものです。
↓3枚は拡大します
000502DSC02166.jpg

000502DSC02167.jpg

000502DSC02165_2.jpg


歴史散策の道があるので、たどっていきます

0502DSC02174_2.jpg

0502DSC02173_2.jpg

0502DSC02175.jpg

ここで、お腹が赤くて背中は青い、とても綺麗な鳥を見たのですが・・・コンデジでは無理^^;

000502DSC02170_2.jpg  000502DSC02171_2.jpg


シャガが咲く道をとおって、源範頼の墓に着きます

0502DSC02176.jpg

異母兄の頼朝により謀殺された悲劇の主人公は義経に比べてあまり語られることも少なく、ひっそりと葬られていました。

0502DSC02177.jpg

↓拡大します
000502DSC02178_2.jpg


0502DSC02181_2.jpg




0502DSC02182.jpg

殊勝にお詣りを^^;

0502DSC02183_2.jpg



0502DSC_0473.jpg


0502]DSC02189_2

デカワンの歩く先をじっと警戒して見送るネコちゃん^^;

0502DSC02190_2.jpg

ぐるっと回って・・さらに方向転換^^;

0502DSC02193.jpg


0502DSC_0470.jpg


もう使われなくなった源泉の一つ

0502DSC02195_2.jpg

梅林へ向かう登り口。どんどん登って行きます・・・疲れたとかまだ歩くのとか言う子どものブーイングを聞こえないふりしてる人+ワンあり(笑;)

0502DSC02196.jpg

頼朝から頼家に仕えた家臣のお墓

0502IMG_1273.jpg

000502IMG_1274.jpg

ずっと登り・・・・

0502IMG_1275.jpg


もちろん梅の時期ではなく、人っ子一人通らないのですが、途中には鬱蒼とした森が広がっています。

0502DSC_0472.jpg


先の虹の郷までは行かずに、今度は違う道を下ることに・・・(かなり遠回りですーー;)

少しだけ明るく開けた場所には可愛い花たちも・・

0502DSC_0474.jpg


0502DSC_0475.jpg

山藤が最盛期でした^^

0502DSC_0476.jpg

↓拡大します

000502DSC_0476.jpg

足元には由緒のありそうな石仏も

0502DSC_0478.jpg

このあたりでようやく車が通る道に出てホッ^^;

0502DSC_0482.jpg


ハクウンボク(白雲木)かな?

0502DSC_0480.jpg


0502DSC_0481.jpg


明るい川の土手沿いには源平小菊があちこちに群生していました。

0502DSC_0487.jpg

ようやく、人家が見えてきて、どうやら温泉地に戻って来たようです^^

ワンの散歩を兼ねますので、観光地へ行っても人のいるところを避けてますと、こうした山道を歩く羽目になります。まあ、それが面白いともいえるのです。


* 来月初めに法事をするので、家中あっちのものをこっちにと移し替え、草ボウボウの庭もどうにかしないと・・・重い鉢を持って左から右へ・・・キクッ! (ギクッの一歩手前^^;)

ダウンしたくてもワンがいるとそうもいかず、かがむのが辛いのですが、なんとかかんとか日常のことはひととおり過ごしています。・・・やはり庭仕事は一気にしないで少しずつ1〜2時間が限度ですと、これまた過去の経験を学習しない人のやる失敗です。

ぶろぐ・・・しばらくやっつけ仕事になっています。もう2ヶ月遅れに突入しそうですーー;
この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<修善寺散策(その2)修禅寺 | メイン | アリウム「アイボリークイーン」>>
コメント
- こんにちは -
歴史散策の道

こういうマイナーな散歩好きです。
「範頼の墓」という手書きの案内も好き・・・
岡本綺堂の「修善寺物語」の舞台ですね。

でも、我が家はブーイングでたら、それまです。
もっとも、変なところばかり連れて行くと思っています。(笑)
でも、本当に怪しいところは連れて行きませんし、気配を感じて着いてきません。
2013/06/27 12:57  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
- オコジョさん、こんにちは -

> こういうマイナーな散歩好きです。

どうしても人を避けて歩いているうちにこういう散歩道になります^^;
今回は、ここで泊まりでしたからゆっくり歩き回れました。

> 岡本綺堂の「修善寺物語」の舞台ですね。

それは読んでいないので勉強不足です・・・^^;
表舞台には上がらない人達も当然多くいたわけです。。

> もっとも、変なところばかり連れて行くと思っています。(笑)

我が家も、とにかく登るのが好きで・・・散歩にしては?(汗;)
足元だけはしっかりした靴を履いていることが散歩の条件です。
2013/06/27 16:54  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
-  -
素敵な散策ですね
私はこのお写真の初め数枚分だけの散策(と言えないですね)でした
こちらがお泊りのお宿ですか?
今度はこちらに泊まりたいわねと話しながら眺めましたが

腰は大丈夫ですか?
おだいじに
私もここ数日お庭の刈り込みやら草取りに追われています
時間がないので毎日2~3時間ずつで・・・
案外それが良かったかもしれませんね
今のところ腰は大丈夫そうです(^^ゞ
2013/06/28 01:29  | URL | Hulaさん #amXlFcx2[ 編集] ▲ top
- Hulaさん さま、こんにちは -
> 素敵な散策ですね

新緑の季節でしたので、散策日和でした^^

> 今度はこちらに泊まりたいわねと話しながら眺めましたが

ふふっ。。「あ・・」に泊まりたかったのですが取れず・・・でも、こちらもとても良かったです。
川沿いの竹林の真正面の部屋でした。お風呂がとて良かったのv-48


> 時間がないので毎日2~3時間ずつで・・・ 案外それが良かったかもしれませんね

時間を決めて・・そのぐらいが良さそうです。草取りは大丈夫でしたが、植木鉢を移動させたのがイケマセンでした(泣;) 2日ほどダウンしてましたが、腰を大切に扱いながら・・なんとか普通に暮らせるようになりました。
2013/06/28 15:22  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2090-15bf93f3

| メイン |