2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
御池山隕石クレーター(〜しらびそ高原へ)
2013/06/17(Mon) 12:22
* 遠山鄕・下栗の里を出てからどうするか・・・来た道を戻るのが基本的に好きではないし、林道を通るのが大好きな相方は「しらびそ高原」へ抜ける道を選びます。
帰りが遅くなるのですが、乗りかかった舟ですから、当日中に帰れれば良いかとここは腹をくくります(^^)

尾根を抜けますので、もうすぐ5月というのにまだこんな積雪が・・・

0429DSCF3353.jpg

途中でこんな看板を見つけました。 ↓拡大します
000429DSCF3356.jpg  ここが隕石のクレーターの痕だというのです。

少し前に,ロシアでの隕石衝突シーンが世界中に配信されたばかりでしたから、これはグッドタイミングということで、寄り道です^^




展望台に下りてみますと・・・

拡大します  → 000429DSCF3359.jpg

御池山クレーター(おいけやまクレーター)というのは、20年以上前から地元では隕石のクレーター痕と言われていました。地元の小学校教頭と岡山理科大学の協力で岩石サンプルなどの調査の結果、2003年に日本で初めて『隕石クレーターの痕跡である』と発表され、国際的にも認められたそうですが、今までまったく知りませんでした。

数万年前に、直径40〜50mの天体が衝突し、直径900mのクレーターができたそうで、現在はその4割ほどが残っているというのです。



こんな眺望の開けた場所なのですが・・

0429IMG_6641.jpg

足元はこんな岩石です

0429IMG_6646.jpg


周囲ぐるりと見渡します・・・

0429IMG_6640.jpg


あきらかにすり鉢状です

0429IMG_6652.jpg


道があるこの筋状のところが、クレーターの上端らしいです

0429IMG_6653.jpg

遊歩道もあるらしいのですが、そこまで寄り道をすると今夜中に戻れなくなりますので、この辺で退散です。

0429IMG_6654.jpg

高校一年の担任が地学の先生だったのですが、もうすこし真面目に授業を聞いておけば良かったですね。
年齢と共に、実は面白い科目だったと気づくものです。
受験科目ではないし・・風貌から皆でテトロドトキシンなんて渾名を付けて・・・ました^^;



さて、しらびそ高原に到着!!

0429DSCF3361.jpg

おしゃれなホテルの外観なのですが村営だそうです。・・・コーヒーを飲む場所には?ソフトクリームもなくちょっぴりがっかり〜〜でも、日帰り入浴ができるというのは驚きです。温泉ではないそうですが、眺めが良さそうです。

0429DSCF3362.jpg


000429DSCF3364.jpg  ←拡大すると山の名が・・・

南アルプスの雄大な山々が並んでいます

左から・・・

0429IMG_6665.jpg


0429IMG_6666.jpg


0429IMG_6667.jpg


ダケカンバでしょうか? こんな山の上での太い幹に驚きます。

0429IMG_6669.jpg

トロッコ電車・・・こんな山奥まで・・・かつての林業の繁栄ぶりは驚くばかりです。

0429IMG_6657.jpg


* 帰りが遅くなるのは確実なうえに天気も良いので、もう開き直って、この後は大鹿村を再訪します。続きはまた・・・
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<大鹿村、福徳寺からの春景色 | メイン | 信州遠山鄕・下栗の里>>
コメント
- こんにちは -
頑張られましたね。
蒸し暑い日々でウンザリですが
雪山の写真から涼しさが貰えました。
2013/06/18 09:54  | URL | mico #NkOZRVVI[ 編集] ▲ top
- mico さん、こんにちは -

> 蒸し暑い日々でウンザリですが

ようやく梅雨らしく? それにしても蒸し蒸ししますね^^;
こういう時は、体調を崩しやすいので、お気を付けください。
2013/06/19 16:55  | URL |  われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/2078-5e80edb8

| メイン |