静嘉堂文庫(せいかどうぶんこ)
2013/04/09/12:00(Tue)
* 春の陽気に誘われて、世田谷区の岡本にある静嘉堂文庫(せいかどうぶんこ)を訪れました。(2013.03.16)

seikaDSCF2502.jpg

seikaDSCF2507.jpg

大正13年に立てられた鉄筋コンクリート造2階建スクラッチ・タイル貼りのイギリス風邸宅です。
古い文庫の方では演奏会が終わったところのようで、もう入れませんでした。



ここは、三菱財閥の第2代岩崎弥之助・小弥太父子の所有した古典籍・古美術コレクションを蔵していて、美術館を併設しています。世界に3点しか現存しない曜変天目茶碗を始め国宝が7点という豪華さです。


もうだいぶ前に行ったきりで、美術館が・・・?、多分私はここの新しい美術館(1992年)は初めてだと思うのです。それだけ行ってなかった^^;
もちろん、この曜変天目茶碗にも会って来ました^^ 徳川家光が春日局に下賜したという最高品です。


岩崎家の廟(納骨堂)です。鹿鳴館の設計で知られるコンドルの設計により明治43年に建てられています。枝垂れ桜が咲く頃は見事でしょうね。

seikaDSCF2504.jpg

文庫の横にある大きな木はキンモクセイですって、これは大きい!
花の時期に再訪したいです。

seikaDSCF2508.jpg

さて、庭園入り口をくぐって庭園を散策します。

seikaDSCF2509.jpg

美術館の足元に、多摩川の河岸段丘、いわゆる国分寺崖線の土地を生かした庭園です。

seikaDSCF2512.jpg

庭園の先には、自然な雰囲気の武蔵野の森の風景が広がっています。

seikaDSCF2513.jpg

この後は、隣の岡本民家園を歩きます。
この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 静嘉堂文庫・・・ -
ここは、国宝と重要文化財の山ですね。
稲葉天目茶天が公開中なのですね。と思ってHPを見たらもう終わりなのですね。
曜変天目はいつでも見られるわけではなく、見たことが無いのが残念です、
世田谷には、この近くの上野毛に五島美術館もありますね。
10数年前に等々力渓谷と共に訪れました。
文化的には恵まれていますね。
2013/04/09 18:29  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
美術館には入りませんでしたが背景にしてワンの写真を撮ったことがあります。
やはり10年も前でしたでしょうか。
森に大木のサルスベリがあって見上げたものでしたが...
高齢犬でもう無理ですが歩き出のある散歩を楽しんだころを思い出しましたi-260
2013/04/10 16:12  | URL | J-ママ #L6L1d2IA[ 編集] ▲ top
- オコジョさん、こんにちは -

> 曜変天目はいつでも見られるわけではなく、見たことが無いのが残念です

そうなんですね〜〜私は調べもしないで行くのですが、前回も今回も展示を見ることができました。
宇宙のようで吸い込まれそうですね。

> 10数年前に等々力渓谷と共に訪れました。

等々力渓谷も、東京離れした場所です^^
文化面では恵まれているのですが、出不精なのであまり見ていない・・・(汗;)
2013/04/10 16:41  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
- J-ママ さん、こんにちは -

> 美術館には入りませんでしたが背景にしてワンの写真を撮ったことがあります。

今回、ワンはお断り・・・と書かれていて、エドは車内でお留守番でした。

神社などはかなり入れるようになったのですが、ペット付きは肩身が狭いです^^;
まあ、呆れるようなマナーの人も中にはいますけど・・・

> やはり10年も前でしたでしょうか。

ジョンちゃんも若くてハツラツとしていた時期でしょうか・・・その時々の思い出は大切ですね。
今をお大切におすごしください。
2013/04/10 16:45  | URL | われもこう #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/1997-e8621d33

| メイン |