これぞ日本一の大楠(鹿児島ぶらり旅、その3)
2013/01/17/10:05(Thu)
鹿児島二日目、去年鹿児島に行くときに、これだけは見落としたくなかったクスノキです。
蒲生(かもう)の大楠は、昭和63年の環境庁調査で日本一と認定された巨樹だというのです。


参道横のあの大木?と思いましたが、違いました。

121124DSCF0153.jpg


社の左手に見えるのが、その大楠です、

121124DSCF0151.jpg

蒲生(かもう)八幡神社が建立された1123年にはすでに大木であったという
根回り33.5m、高さ約30m、推定樹齢1500年、国の特別天然記念物です。

121124P1030913.jpg

堂々として迫力があります。

121124P1030923_20130115214607.jpg


老木とは思えないほどの生命力に溢れていて、圧倒される感覚です。

121124P1030916.jpg

出会えて良かった^^

121124P1030917.jpg

121124P1030921.jpg


01124P1030915.jpg

根元にある空洞の直径が4.5mもあるというのも驚きです。

01124DSCF0141.jpg


ここの神社の他の木々もなかなか立派です。

121124P1030931.jpg


01124P1030938.jpg

ムクロジも黄葉の季節でした。

01124DSCF0150.jpg


昔は、この実が羽根付きの球だったらしいけど〜〜

121124DSCF0152.jpg

参道入り口のクスノキも大きかったし、この右手の木も他の場所なら十分に巨大なご神木ととして崇められる木でしょうが、日本一の圧倒的な生命力溢れる大楠の前では霞んでしまうのです。

01124DSCF0149.jpg

この後は、蒲生をぶらぶら歩いていました。

鹿児島ぶらり旅、その1 はコチラ
鹿児島ぶらり旅、その2 はコチラ
この記事のURL | 巨樹(神の木) | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<薩摩富士(鹿児島ぶらり旅、その4) | メイン | けっこう積もりました>>
コメント
- こんにちは -
日本一の大楠に神の宿りを感じました。
居ながらに楽しませて頂き有難うございます。
2013/01/17 10:40  | URL | mico #NkOZRVVI[ 編集]
- micoさん、こんにちは -

> 日本一の大楠に神の宿りを感じました。

そうですね〜〜このぐらいの巨樹になると神の木という荘厳な雰囲気があります。
2013/01/17 17:05  | URL | われもこう #-[ 編集]
-  -
これは、凄い・・・・樹の中に顔もある・・・。

存在そのものが神様・・・1500年も生きれるものは他に無い。

行けたら行ってみます。
2013/01/17 17:47  | URL | ひげ #-[ 編集]
- 立派ですね~♪ -
新年の挨拶もしないうちに、もうこんな日付になってしまいました。
今年も変わらずお付き合いくださいね。

鹿児島は未知の世界。
こんな場所もあるのですね~♪
空洞が4.5mもあるなんて…どんなでしょうね…???
前記事の駅弁も魅力的!

我が家のクリスマスローズもゆっくりですが動き出しました。
今年も花数は期待できませんが、かわいい蕾が見え隠れしています。
春はもうそこまで来ているのでしょうが、明日も寒そうです…。
2013/01/17 23:38  | URL | おばブー #-[ 編集]
- 神の宿る樹 -
トトロの住む楠を思い出しました。
やはり、住むのは神ですね。
それも偉大かな・・・
目が羽化巳でなくて、
願をかなえる神ではなくて、敬愛する神・・・
素晴らしい生命力を秘めているようですね。

こちらには楠が無いのです。
こんな素敵な楠を、見てみたいです。
2013/01/18 12:48  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- ひげさん、おばんです -

> これは、凄い・・・・樹の中に顔もある・・・。

顔?・・・そうですね〜〜見えますね^^
1500年堂々と生きています。
北海道の原生林ならもっとだとも思いますが・・・
パワーをしっかり受け止めました。 蒲生は初めてでしたが、まわりにいろいろ楽しいところがありました。
2013/01/18 16:38  | URL | われもこう #-[ 編集]
- おぼブーさん、こんばんは -

明けましておめでとうございます。
コチラこそ、今年もよろしくお願いします。

> 鹿児島は未知の世界。

両親の故郷ですが、今まで知らなかった場所です。

> 空洞が4.5mもあるなんて…どんなでしょうね…???

入れないのですが、6畳間より広いのかも知れない・・・

> 今年も花数は期待できませんが、かわいい蕾が見え隠れしています。

我が家も同じく、少しなのですが、楽しみです。
2013/01/18 16:40  | URL |  われもこう #-[ 編集]
- オコジョさん、またこんばんは -

> トトロの住む楠を思い出しました。

高さはさほどでないのですが、幹回りと枝葉の生き生きさに驚きました。
巨大樹によくある添え木などがないのも嬉しいです。
まさに神の木という雰囲気です。一カ所近づけるので、そーっと撫でて生命力を分けてもらいました^^;

> こちらには楠が無いのです。

楠は、暖地の海側に多いですね。
鹿児島は、樟脳の産地です。大木は楠が多いです。
今まで生き残ってくれて本当に嬉しいです。
2013/01/18 16:45  | URL | われもこう #-[ 編集]
- こんにちは~ -
すごいですね~ 特別天然記念物なのですね。
神社には巨木が多いですがこれだけの神木は初めてです!
ご覧になってよかったですね。
ムクロジの実が羽根つきの珠に使われたのは知っていました。
羽子板に当たる爽やかな音... 子どものころが懐かしいですね。
2013/01/19 13:26  | URL | J-ママ #L6L1d2IA[ 編集]
- 蒲生(かもう) -
こんにちは。
鹿児島。。。いい所ですね。
大楠、見事で写真見ただけで圧倒されてます!
蒲生(かもう)神社は蒲生家と関係があるのでしょうか?
(がもう)と読み方は違いますが、ちょっと気になりますね。
2013/01/20 12:06  | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
-  -
こんにちは。
今年も大木との出会いを継続されるんですね♪
樹齢何百年と云っても、きっとここ数十年の酸性雨やら、隣国から
の大気汚染などの影響を受けて、寿命が縮みそうな気がしてしまい
ますよね。やっぱり、今見られるものは、今見に行かないと後悔
する事が増えそうな気がします。
大木があると近くにあるのも相当のレベルだったするので、全体的
に見ても満足できるものが多いですよね。
2013/01/21 12:32  | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
- J-ママ さん、こんにちは -

> 神社には巨木が多いですがこれだけの神木は初めてです!

熱海の来宮神社の大楠は2番目だそうです。でも少し痛々しい・・・
この木は元気はつらつで、見て気持ちよかったです。


> ムクロジの実が羽根つきの珠に使われたのは知っていました。

深大寺にも大木がありますが、こうして落ちている実を見るのは初めてでした。
羽つきしている子、もう見ないですね〜〜
2013/01/22 14:29  | URL |  われもこう #-[ 編集]
- yokoblueplanet さん、こんにちは -

> 鹿児島。。。いい所ですね。

温かく緑が濃くて、いいところです^^

> 蒲生(かもう)神社は蒲生家と関係があるのでしょうか?

神社と蒲生家との関係はわかりませんが、鹿児島の蒲生家も藤原氏の出だそうですから、遠い遠いところでは繋がっているのかもしれませんね。こちらは濁らずに「かもう」なんです。
2013/01/22 14:33  | URL |  われもこう #-[ 編集]
- 君平さん、こんにちは -

> 今年も大木との出会いを継続されるんですね♪

継続というか・・・・それを目指してというよりは、出かける近くに大木があるならばついでに出会っていこうというスタンスです。
でも、1000年以上経た巨木の生命力に触れられるのは幸せです。

> 今見られるものは、今見に行かないと後悔 する事が増えそうな気がします。

そうそう、それです!!
後悔しないように、見られるものは見ておきたい。好奇心というかやっぱり欲深?!
2013/01/22 14:36  | URL |  われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/1917-be82a6ba

| メイン |